他の

マドリッドフシオンからの報告

マドリッドフシオンからの報告


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

イベント:第9回マドリッドフシオン—「CumbreInternacionaldeGastronomía」または国際美食サミットが毎年1月にスペインの首都で開催されました。

キャスト:フェラン・アドリア、フアン・マリ、エレナ・アルサック、ジョアン、ジョルディ・ロカなど、現代スペイン料理で最も有名な名前の多く (写真、上)、マルティン・ベラサテギ、キケ・ダコスタ、セルギ・アロラ、ペドロ・スビハナ、フランシス・パニエゴ、パコ・ロンセロ (写真、下)、パティシエ兼菓子職人のパコ・トレブランカ。イタリアのスーパースター、カルロ・クラッコとマッシモ・ボトゥーラ。ペルーの有名な料理の革新者、ガストン・アクリオ。伝説的なシンガポールを拠点とするガストロガイドK.F. Seetoh;そして、ヨーロッパ、ラテンアメリカ(特にメキシコ)、オーストラリアからの想像力に富んだ熱狂的な食べ物の数十人が、何らかの理由で米国からはほとんど誰もいませんが。

場所:町の端にあるフェリアデマドリッドコンプレックスの一部にあるメイン講堂、会議室、展示スペース。

いつものように、今年のマドリッドフシオンはまばゆいばかりで、当惑し、やりがいがあり、あまりにも多くのことをしましたが、ちょっと試してみましょう。シェフ、ジャーナリスト、食品とワインの生産者、そしてこのエキサイティングな努力の世界に関連する他のあらゆる種類の人々が混ざり合い、おしゃべりし、食べ、そして飲みました。デモンストレーション、宣言、ディスカッション、テイスティング—すべてが一緒にかき混ぜられて大きくて甘美なものになりました コジードマドリレニョ.

ステージ上(一部リスト):2014年に登場するelBulliFoundationの計画を明らかにするFerranAdriàと建築家Enric Ruiz-Geli…現代スペイン料理のゴッドファーザー、Juan Mari Arzakと彼の娘で料理の協力者であるElenaは、予想外にエネルギッシュで、風変わりなプレゼンテーション(料理のプレゼンテーションに興奮を加えるために使用する予定の電化プレートのデモンストレーションを含む)…

「美食の力」に関する円卓会議。この場合、レストランガイドが料理に影響を与える力を意味します。ゴーミヨのパトリシアアレクサンドルは、ヌーベルキュイジーヌを普及させたことで、彼女の企業の創設者であるクリスティアンミラウと故アンリゴーに多大な功績を残しました(これは不合理ではありません)。レストラン批評の未来は「アプリ」にありました—スペインのGourmetourガイドのFranciscoLópezCanísが問題にした評価(「テレビが入ったとき、彼らはラジオの死だと言ったが、ラジオはまだここにある」)…

サン・セバスティアンのムガリッツのアンドニ・アドゥリスによる高圧調理の冷静なデモンストレーション。わずかに小型化された粒子衝突型加速器を示唆する装置を使用…ベルギーの会社Foodpairingの1人のBernard Lahousseは、食品を科学的に分析し、それらの間の共通成分を見つけました。そして、それらの組み合わせをお勧めします—中世のカーニバルマスクのように見えたもの、長い先のとがった紙の円錐形の鼻に取り付けられた大きなアイレットを配り、鼻の先端に埋め込まれた香りを特定するように聴衆に求めました。柑橘類?レモングラス?テレビン油?それは、コリアンダーやバジルからニンジン、トマト、ピーマン、チョコレートに至るまで、あらゆるものに含まれるテルペン化学物質であるリナロールであることが判明しました。イギリスのブレイにあるファットダックのヘストンブルメンタールがアナリストにキャビアと白トリュフがうまく調和しているように見える理由を判断するように求めたとき、さまざまな食品に共通する化合物を探すというアイデアが始まりました。彼らも共通の化学成分を持っていることがわかりました(それは何らかの理由でほとんど下品に見えます)。

一連の会議室で小規模なプレゼンテーションが行われました(1つは、スペイン外国貿易研究所ICEXが、15か国の若いシェフを「周りのスペイン料理の大使」に変えるためのスペイン料理のトレーニングプログラムについて詳しく説明しました。地球」);たくさんのワインテイスティングもありました(マドリッド地方のボトルをフィーチャーしたものは特に啓発的でした。これは特に赤ワインのブレンドで注目すべきエリアです)。

それから、100以上のスタンドがあり、食べ物、ワイン、スピリッツ、および関連製品を宣伝していました。これらには、エクアドルとペルーの国々を代表するセットアップや、ラバッツァコーヒー、ここでは「フィラデルフィア」(フィラデルフィアクリームチーズ)として知られるダウンマーケットのタパス成分、ユニリーバ(このようなブランドをヘルマンズ、リプトン、クノールとしてのスペイン)。しかし、ほとんどのスタンドはスペイン語で、ほとんどのスタンドはサンプルに寛大でした。の多くの生産者 ハモンイベリコ この壮大な塩漬け肉の味を提供していました。と呼ばれる柔らかく、強烈な風味のチーズ トルタ、カザールとセレナがすくうためにそこにいました(彼らはとても柔らかく、スプーンで食べる必要があります);素晴らしいスプレッド、 pimentón-マヨルカの風味のソブラサーダソーセージはよく表されていました。提供するスタンド」saboresautenticosdeMexico「素晴らしいセビチェ、ワカモレ(ザクロの種をまぶした!)、チキンモグラ、その他の料理を販売する活発なビジネスを行っていました。スペイン北部のブルゴス州を代表するスタンドで、その地域で知られています。 モルシラ、またはブラッドソーセージやその他の伝統的な食品のメニューは、ブラッドソーセージ「ナチョス」(ブラッドソーセージを添えたトルティーヤチップスではなく、実際にそれから作られたカリカリのチップス)にパフライスをまぶしたものと、伝統的な品種の小さなカナペで構成されていました ポトロ、フォアグラを詰め、赤ワインのリダクションで釉薬をかけました。 ポトロ 「隣人」のように、子馬を意味します。 (どちらも実際にはかなり良かったです。)

味わいを提供する多数のワイン生産者、地域、スピリッツの販売業者の中で、彼らも寛大だったと言わなければなりません。特に、Roda(Riojasは常にトップですが、Ribera del Dueroからの新しいリリースにより彼らに与えられた)に感謝します。本当の競争)そしてドミニカ共和国からの偉大なキューバスタイルのラム酒であるロン・マツサレンの代表者たちに-しかし、賢人マドリッド-フシオン-ゴアはできるだけ頻繁に彼らを通り過ぎました。


マドリッドフシオンの金のパン、魚眼レンズのフリッター、マッシュルームワイン、その他の珍しいもの

ThinkSPAINチーム2020年1月15日

世界で最も高価なパンには、金、銀、花が含まれており、M&aacutelaga&ndashで作られ、マドリッドのFusi&oacuten料理見本市で発表された最新の珍しい事実です。

フアンマヌエルモレノによって作成され、400gのチャンクで&euro1,380の費用がかかる&eacuteliteパンは、昨日(火曜日)ヨーロッパ最大のグルメ見本市の1つで発表されました。

マスターベイカーのモレノ氏によると、400gのパンには、食用の金と銀がそれぞれ1グラム、さらに食用の花が20グラム含まれており、「爆破」して損傷を与えることを避けるために、岩から手で抽出した塩を使用しています。環境に。

モレノは昨年、マドリッドフシ&オアキューテンで別のVIPパンを発表しました。これは当時、世界で最も高価なものの1つでしたが、今年の7分の1の価格で、1斤200ユーロでした。

昨日、彼は同じ重量、価格、材料の2つを展示しましたが、2つ目はキノアとチアも含まれていました。

M&aacutelaga州Algatoc&iacutenにあるMoreno&#39s Pan Pi&ntildeaは、スペインで最高のパン屋の1つと見なされており、彼の常連客には、アラブシェイク、中国とロシアの億万長者の大物が含まれます。

マドリッドのFusi&oacutenから出てくる他の奇妙な点は、&Aacutengel Le&oacuten&#39sの海の蜂蜜、海の砂糖、フィッシュチップスです。

ミシュランの3つ星を獲得したレストランAponienteのオーナーであるLe&oacutenは、C&aacutediz州の沿岸湿地から収穫された海洋植物カワツルモをゆっくりと沸騰させると蜂蜜が生産されることを示しました。

彼と他のシェフは、釣りに使用され、沼地で見つかったある種のワームを料理の主な材料として使用し始め、ワームを食べるという考えに対する一般の人々の反発は「純粋に文化的」であると主張しました。 #39チャレンジする必要があります&#39。

昨年、Le&oacutenは彼が海水から作った砂糖の一種を発表しましたが、後でそれが「あまりうまく落ちなかった」ことを認めました。

Le&oacutenは、子供たちにもっと多くの魚を食べてもらうために、学校のケータリング会社Compassと協力して、実際には鶏肉やパスタ、さらには完全にじゃがいもが入っていない魚。

州内の学校給食を通常の価格帯に保つために、メルルーサは安いので使用しています。

おそらく、シーハニーよりも便利なのは、マドリッドで作られたビーガンの&#39肉&#39であり、ビーガンの持ち帰りと宅配を考えると、需要の高まりに応えて、すでに市場に出回っている他の多くの種類に追加されます。スペインでは、過去2年間でリクエストが4倍に増えました。

また、魚については、スペインのDani Garc&iacuteaがオーストラリアのJoshua Nilandに参加し、この食材についてのすべての人の信念を完全に吹き飛ばし、新鮮である必要はなく、水で洗う必要もないと主張しました。

ニランド氏は、魚を捕まえてから調理するまでの3週間に渡って魚を置き去りにし、一度水から出すと魚がまったく接触してはならないため、魚の鱗や皮膚の最上層をこすり落とすため、魚が消えることはないと述べました。紙で吸い取って水分をできるだけ取り除きます。

ニランドは、水分がそれを消し去るのだと説明します。これを防ぐことで、魚は食用で安全であり、風味も向上します。さらに、この方法は無駄を減らし、結果として乱獲を減らします。

おそらく、家で試してみるべきものではないでしょう。

スペインで豚肉とハムに関する一般的な言い回しのように、豚のすべての部分を使用する必要があると言われています。ニランドは魚について同じ信念を持っています。スペインのシェフや一般家庭は骨と頭を使ってパエリアとキャセロールの在庫を作っていますが、ニランドは肝臓を使ってパエリアを作り、鶏肉のように心臓をローストし、目を使っています。

彼は、タピオカを入れたリクイダイザーに魚の目を入れてペーストを作り、それを揚げてスナックとして提供する方法について説明します。

この説明が最も硬化した肉食動物をビーガンにするのに十分である場合、かつて世界一であり、一貫してトップ10にとどまっているジローナレストランが解決策を持っています。

El Celler de CanRocaのJoanRocaは、熟した成熟したローストビートルートは肉に似た食感を持ち、ビーガン料理で提供します。干ばつ中でもよく育つため、気候危機にも対応していると彼は言います。

彼のビーガンの魚卵、またはキャビアは、カカオバターで硬化した紫色のニンジンで作られています。

スペインでは、主に植物ベースの食材を使用するレストランが増えています。そのうちの1つは、ミシュランの星を獲得したJa&eacutenのBag&aacuteで、料理の80%が野菜ベースであると言われています。

モスクワの評判の高いTwinsGardenレストランのロシアの双子IvanとSergeyBerezutskiyは、家畜農場を所有し、家から直接食材を供給するための割り当てを持っており、20種類以上の「グレープレスワインリスト」を発表しました。

ブドウの代替品には、ブルゴーニュ酵母で発酵させたキノコや、発酵させて樽で熟成させる前に甘さを増すために焼いた黄色いトマトがあります。

兄弟はまた、3Dプリンターを使用して白味噌から作られた&#39squid&#39を提供し、ケータリングの世界で新しいテクノロジーを使用しているのは彼らだけではありません。SiroFoodsとIBMは、大量のオンラインデータを研究するツールを共同で作成しました。新しいレシピを試したりメニューを作成したりするときにシェフのインスピレーションとして役立つために、世界中の好き嫌いのある料理の種類を見つけること。


マドリッドフシオンの金のパン、魚眼レンズのフリッター、マッシュルームワイン、その他の珍しいもの

ThinkSPAINチーム2020年1月15日

世界で最も高価なパンには、金、銀、花が含まれており、M&aacutelaga&ndashで作られ、マドリッドのFusi&oacuten料理見本市で発表された最新の珍しい事実です。

フアンマヌエルモレノによって作成され、400gのチャンクで&euro1,380の費用がかかる&eacuteliteパンは、昨日(火曜日)ヨーロッパ最大のグルメ見本市の1つで発表されました。

マスターベイカーのモレノ氏によると、400gのパンには、食用の金と銀がそれぞれ1グラム、さらに食用の花が20グラム含まれており、「爆破」して損傷を与えることを避けるために、岩から手で抽出した塩を使用しています。環境に。

モレノは昨年、マドリッドフシ&オアキューテンで別のVIPパンを発表しました。これは当時、世界で最も高価なものの1つでしたが、今年の7分の1の価格で、1斤200ユーロでした。

昨日、彼は同じ重量、価格、材料の2つを展示しましたが、2つ目はキノアとチアも含まれていました。

M&aacutelaga州Algatoc&iacutenにあるMoreno&#39s Pan Pi&ntildeaは、スペインで最高のパン屋の1つと見なされており、彼の常連客には、アラブシェイク、中国とロシアの億万長者の大物が含まれます。

マドリッドのFusi&oacutenから出てくる他の奇妙な点は、&Aacutengel Le&oacuten&#39sの海の蜂蜜、海の砂糖、フィッシュチップスです。

ミシュランの3つ星を獲得したレストランAponienteのオーナーであるLe&oacutenは、C&aacutediz州の沿岸湿地から収穫された海洋植物カワツルモをゆっくりと沸騰させると蜂蜜が生産されることを示しました。

彼と他のシェフは、釣りに使用され、沼地で見つかったある種のワームを料理の主な材料として使用し始め、ワームを食べるという考えに対する一般の人々の反発は「純粋に文化的」であると主張しました。 #39チャレンジする必要があります&#39。

昨年、Le&oacutenは彼が海水から作った砂糖の一種を発表しましたが、後でそれが「あまりうまく落ちなかった」ことを認めました。

Le&oacutenは、子供たちにもっと多くの魚を食べてもらうために、学校のケータリング会社Compassと協力して、実際には鶏肉やパスタ、さらには完全にじゃがいもが入っていない魚。

州内の学校給食を通常の価格帯に保つために、メルルーサは安いので使用しています。

おそらく、シーハニーよりも便利なのは、マドリッドで作られたビーガンの&#39肉&#39であり、ビーガンの持ち帰りと宅配を考えると、需要の高まりに応えて、すでに市場に出回っている他の多くの種類に追加されます。スペインでは、過去2年間でリクエストが4倍に増えました。

また、魚については、スペインのDani Garc&iacuteaがオーストラリアのJoshua Nilandに参加し、この食材についてのすべての人の信念を完全に吹き飛ばし、新鮮である必要はなく、水で洗う必要もないと主張しました。

ニランド氏は、魚を捕まえてから調理するまでの3週間に渡って魚を置き去りにし、一度水から出すと魚がまったく接触してはならないため、魚の鱗や皮膚の最上層をこすり落とすため、魚が消えることはないと述べました。紙で吸い取って水分をできるだけ取り除きます。

ニランドは、水分がそれを消し去るのだと説明します。これを防ぐことで、魚は食用で安全であり、風味も向上します。さらに、この方法は無駄を減らし、結果として乱獲を減らします。

おそらく、家で試してみるべきものではないでしょう。

スペインで豚肉とハムに関する一般的な言い回しのように、豚のすべての部分を使用する必要があると言われています。ニランドは魚について同じ信念を持っています。スペインのシェフや一般家庭は骨と頭を使ってパエリアとキャセロールの在庫を作っていますが、ニランドは肝臓を使ってパエリアを作り、鶏肉のように心臓をローストし、目を使っています。

彼は、タピオカを入れたリクイダイザーに魚の目を入れてペーストを作り、それを揚げてスナックとして提供する方法について説明します。

この説明が最も硬化した肉食動物をビーガンにするのに十分である場合、かつて世界一であり、一貫してトップ10にとどまっているジローナレストランが解決策を持っています。

El Celler de CanRocaのJoanRocaは、熟した成熟したローストビートルートは肉に似た食感を持ち、ビーガン料理で提供します。干ばつ中でもよく育つため、気候危機にも対応していると彼は言います。

彼のビーガンの魚卵、またはキャビアは、カカオバターで硬化した紫色のニンジンで作られています。

スペインでは、主に植物ベースの食材を使用するレストランが増えています。そのうちの1つは、ミシュランの星を獲得したJa&eacutenのBag&aacuteで、料理の80%が野菜ベースであると言われています。

モスクワの評判の高いTwinsGardenレストランのロシアの双子IvanとSergeyBerezutskiyは、家畜農場を所有し、家から直接食材を供給するための割り当てを持っており、20種類以上の「グレープレスワインリスト」を発表しました。

ブドウの代替品には、ブルゴーニュ酵母で発酵させたキノコや、発酵させて樽で熟成させる前に甘さを増すために焼いた黄色いトマトがあります。

兄弟はまた、3Dプリンターを使用して白味噌から作られた&#39squid&#39を提供し、ケータリングの世界で新しいテクノロジーを使用しているのは彼らだけではありません。SiroFoodsとIBMは、大量のオンラインデータを研究するツールを共同で作成しました。新しいレシピを試したりメニューを作成したりするときにシェフのインスピレーションとして役立つために、世界中の好き嫌いのある料理の種類を見つけること。


マドリッドフシオンの金のパン、魚眼レンズのフリッター、マッシュルームワイン、その他の珍しいもの

ThinkSPAINチーム2020年1月15日

世界で最も高価なパンには、金、銀、花が含まれており、M&aacutelaga&ndashで作られ、マドリッドのFusi&oacuten料理見本市で発表された最新の珍しい事実です。

フアンマヌエルモレノによって作成され、400gのチャンクで&euro1,380の費用がかかる&eacuteliteパンは、昨日(火曜日)ヨーロッパ最大のグルメ見本市の1つで発表されました。

マスターベイカーのモレノ氏によると、400gのパンには、食用の金と銀がそれぞれ1グラム、さらに食用の花が20グラム含まれており、「爆破」して損傷を与えることを避けるために、岩から手で抽出した塩を使用しています。環境に。

モレノは昨年、マドリッドフシ&オアキューテンで別のVIPパンを発表しました。これは当時、世界で最も高価なものの1つでしたが、今年の7分の1の価格で、1斤200ユーロでした。

昨日、彼は同じ重量、価格、材料の2つを展示しましたが、2つ目はキノアとチアも含まれていました。

M&aacutelaga州Algatoc&iacutenにあるMoreno&#39s Pan Pi&ntildeaは、スペインで最高のパン屋の1つと見なされており、彼の常連客には、アラブシェイク、中国とロシアの億万長者の大物が含まれます。

マドリッドのFusi&oacutenから出てくる他の奇妙な点は、&Aacutengel Le&oacuten&#39sの海の蜂蜜、海の砂糖、フィッシュチップスです。

ミシュランの3つ星を獲得したレストランAponienteのオーナーであるLe&oacutenは、C&aacutediz州の沿岸湿地から収穫された海洋植物カワツルモをゆっくりと沸騰させると蜂蜜が生産されることを示しました。

彼と他のシェフは、釣りに使用され、沼地で見つかったある種のワームを料理の主な材料として使用し始め、ワームを食べるという考えに対する一般の人々の反発は「純粋に文化的」であると主張しました。 #39チャレンジする必要があります&#39。

昨年、Le&oacutenは彼が海水から作った砂糖の一種を発表しましたが、後でそれが「あまりうまく落ちなかった」ことを認めました。

Le&oacutenは、子供たちにもっと多くの魚を食べてもらうために、学校のケータリング会社Compassと協力して、実際には鶏肉やパスタ、さらには完全にじゃがいもが入っていない魚。

州内の学校給食を通常の価格帯に保つために、メルルーサは安いので使用しています。

おそらく、シーハニーよりも便利なのは、マドリッドで作られたビーガンの&#39ミート&#39である&#39Leggie&#39であり、ビーガンのテイクアウトと宅配を考えると、需要の高まりに応えて、すでに市場に出回っている他の多くのタイプに追加されます。スペインでは、過去2年間でリクエストが4倍に増えました。

また、魚については、スペインのDani Garc&iacuteaがオーストラリアのJoshua Nilandに参加し、この食材についてのすべての人の信念を完全に吹き飛ばし、新鮮である必要はなく、水で洗う必要もないと主張しました。

ニランド氏は、魚を捕まえてから調理するまでの3週間に渡って魚を置き去りにし、一度水から出すと魚がまったく接触してはならないため、魚の鱗や皮膚の最上層をこすり落とすため、魚が消えることはないと述べました。紙で吸い取って水分をできるだけ取り除きます。

ニランドは、水分がそれを消し去るのだと説明します。これを防ぐことで、魚は食用で安全であり、風味も向上します。さらに、この方法は無駄を減らし、結果として乱獲を減らします。

おそらく、家で試してみるべきものではないでしょう。

スペインで豚肉とハムに関する一般的な言い回しのように、豚のすべての部分を使用する必要があると言われています。ニランドは魚について同じ信念を持っています。スペインのシェフや一般家庭は骨と頭を使ってパエリアとキャセロールの在庫を作っていますが、ニランドは肝臓を使ってパエリアを作り、鶏肉のように心臓をローストし、目を使っています。

彼は、タピオカを入れたリクイダイザーに魚の目を入れてペーストを作り、それを揚げてスナックとして提供する方法について説明します。

この説明が最も硬化した肉食動物をビーガンにするのに十分である場合、かつて世界一であり、一貫してトップ10にとどまっているジローナレストランが解決策を持っています。

El Celler de CanRocaのJoanRocaは、熟した成熟したローストビートルートは肉に似た食感を持ち、ビーガン料理で提供します。干ばつ中でもよく育つため、気候危機にも対応していると彼は言います。

彼のビーガンの魚卵、またはキャビアは、カカオバターで硬化した紫色のニンジンで作られています。

スペインでは、主に植物ベースの食材を使用するレストランが増えています。そのうちの1つは、ミシュランの星を獲得したJa&eacutenのBag&aacuteで、料理の80%が野菜ベースであると言われています。

モスクワの評判の高いTwinsGardenレストランのロシアの双子IvanとSergeyBerezutskiyは、家畜農場を所有し、家から直接食材を供給するための割り当てを持っており、20種類以上の「グレープレスワインリスト」を発表しました。

ブドウの代替品には、ブルゴーニュ酵母で発酵させたキノコや、発酵させて樽で熟成させる前に甘さを増すために焼いた黄色いトマトがあります。

兄弟はまた、3Dプリンターを使用して白味噌から作られた&#39squid&#39を提供し、ケータリングの世界で新しいテクノロジーを使用しているのは彼らだけではありません。SiroFoodsとIBMは、大量のオンラインデータを研究するツールを共同で作成しました。新しいレシピを試したりメニューを作成したりするときにシェフのインスピレーションとして役立つために、世界中の好き嫌いのある料理の種類を見つけること。


マドリッドフシオンの金のパン、魚眼レンズのフリッター、マッシュルームワイン、その他の珍しいもの

ThinkSPAINチーム2020年1月15日

世界で最も高価なパンには、金、銀、花が含まれており、M&aacutelaga&ndashで作られ、マドリッドのFusi&oacuten料理見本市で発表された最新の珍しい事実です。

フアンマヌエルモレノによって作成され、400gのチャンクで&euro1,380の費用がかかる&eacuteliteパンは、昨日(火曜日)ヨーロッパ最大のグルメ見本市の1つで発表されました。

マスターベイカーのモレノ氏によると、400gのパンには、食用の金と銀がそれぞれ1グラム、さらに食用の花が20グラム含まれており、岩から手で抽出した塩を使用して、「爆破」して損傷を与える必要がないようにしています。環境に。

モレノは昨年、マドリッドフシ&オアキューテンで別のVIPパンを発表しました。これは当時、世界で最も高価なものの1つでしたが、今年の7分の1の価格で、1斤200ユーロでした。

昨日、彼は同じ重量、価格、材料の2つを展示しましたが、2つ目はキノアとチアも含まれていました。

M&aacutelaga州Algatoc&iacutenにあるMoreno&#39s Pan Pi&ntildeaは、スペインで最高のパン屋の1つと見なされており、彼の常連客には、アラブシェイク、中国とロシアの億万長者の大物が含まれます。

マドリッドのFusi&oacutenから出てくる他の奇妙な点は、&Aacutengel Le&oacuten&#39sの海の蜂蜜、海の砂糖、フィッシュチップスです。

ミシュランの3つ星を獲得したレストランAponienteのオーナーであるLe&oacutenは、C&aacutediz州の沿岸湿地から収穫された海洋植物カワツルモをゆっくりと沸騰させると蜂蜜が生産されることを示しました。

彼と他のシェフは、釣りに使用され、沼地で見つかったある種のワームを料理の主な材料として使用し始め、ワームを食べるという考えに対する一般の人々の反発は「純粋に文化的」であると主張しました。 #39チャレンジする必要があります&#39。

昨年、Le&oacutenは彼が海水から作った砂糖の一種を発表しましたが、後でそれが「あまりうまく落ちなかった」ことを認めました。

Le&oacutenは、子供たちにもっと多くの魚を食べてもらうために、学校のケータリング会社Compassと協力して、実際には鶏肉やパスタ、さらには完全にじゃがいもが入っていない魚。

州内の学校給食を通常の価格帯に保つために、メルルーサは安いので使用しています。

おそらく、シーハニーよりも便利なのは、マドリッドで作られたビーガンの&#39肉&#39であり、ビーガンの持ち帰りと宅配を考えると、需要の高まりに応えて、すでに市場に出回っている他の多くの種類に追加されます。スペインでは、過去2年間でリクエストが4倍に増えました。

また、魚については、スペインのDani Garc&iacuteaがオーストラリアのJoshua Nilandに参加し、この食材についてのすべての人の信念を完全に吹き飛ばし、新鮮である必要はなく、水で洗う必要もないと主張しました。

ニランド氏は、魚を捕まえてから調理するまでの3週間に渡って魚を置き去りにし、一度水から出すと魚がまったく接触してはならないため、魚の鱗や皮膚の最上層をこすり落とすため、魚が消えることはないと述べました。紙で吸い取って水分をできるだけ取り除きます。

ニランドは、水分がそれを消し去るのだと説明します。これを防ぐことで、魚は食用で安全であり、風味も向上します。さらに、この方法は無駄を減らし、結果として乱獲を減らします。

おそらく、家で試してみるべきものではないでしょう。

スペインで豚肉とハムに関する一般的な言い回しのように、豚のすべての部分を使用する必要があると言われています。ニランドは魚について同じ信念を持っています。スペインのシェフや一般家庭は骨と頭を使ってパエリアとキャセロールの在庫を作っていますが、ニランドは肝臓を使ってパエリアを作り、鶏肉のように心臓をローストし、目を使っています。

彼は、タピオカを入れたリクイダイザーに魚の目を入れてペーストを作り、それを揚げてスナックとして提供する方法について説明します。

この説明が最も硬化した肉食動物をビーガンにするのに十分である場合、かつて世界一であり、一貫してトップ10にとどまっているジローナレストランが解決策を持っています。

El Celler de CanRocaのJoanRocaは、熟した成熟したローストビートルートは肉に似た食感を持ち、ビーガン料理で提供します。干ばつ中でもよく育つため、気候危機にも対応していると彼は言います。

彼のビーガンの魚卵、またはキャビアは、カカオバターで硬化した紫色のニンジンで作られています。

スペインでは、主に植物ベースの食材を使用するレストランが増えています。そのうちの1つは、ミシュランの星を獲得したJa&eacutenのBag&aacuteで、料理の80%が野菜ベースであると言われています。

モスクワの評判の高いTwinsGardenレストランのロシアの双子IvanとSergeyBerezutskiyは、家畜農場を所有し、家から直接食材を供給するための割り当てを持っており、20種類以上の「グレープレスワインリスト」を発表しました。

ブドウの代替品には、ブルゴーニュ酵母で発酵させたキノコや、発酵させて樽で熟成させる前に甘さを増すために焼いた黄色いトマトがあります。

兄弟はまた、3Dプリンターを使用して白味噌から作られた&#39squid&#39を提供し、ケータリングの世界で新しいテクノロジーを使用しているのは彼らだけではありません。SiroFoodsとIBMは、大量のオンラインデータを研究するツールを共同で作成しました。新しいレシピを試したりメニューを作成したりするときにシェフのインスピレーションとして役立つために、世界中の好き嫌いのある料理の種類を見つけること。


マドリッドフシオンの金のパン、魚眼レンズのフリッター、マッシュルームワイン、その他の珍しいもの

ThinkSPAINチーム2020年1月15日

世界で最も高価なパンには、金、銀、花が含まれており、M&aacutelaga&ndashで作られ、マドリッドのFusi&oacuten料理見本市で発表された最新の珍しい事実です。

フアンマヌエルモレノによって作成され、400gのチャンクで&euro1,380の費用がかかる&eacuteliteパンは、昨日(火曜日)ヨーロッパ最大のグルメ見本市の1つで発表されました。

マスターベイカーのモレノ氏によると、400gのパンには、食用の金と銀がそれぞれ1グラム、さらに食用の花が20グラム含まれており、「爆破」して損傷を与えることを避けるために、岩から手で抽出した塩を使用しています。環境に。

モレノは昨年、マドリッドフシ&オアキューテンで別のVIPパンを発表しました。これは当時、世界で最も高価なものの1つでしたが、今年の7分の1の価格で、1斤200ユーロでした。

昨日、彼は同じ重量、価格、材料の2つを展示しましたが、2つ目はキノアとチアも含まれていました。

M&aacutelaga州Algatoc&iacutenにあるMoreno&#39s Pan Pi&ntildeaは、スペインで最高のパン屋の1つと見なされており、彼の常連客には、アラブシェイク、中国とロシアの億万長者の大物が含まれます。

マドリッドのFusi&oacutenから出てくる他の奇妙な点は、&Aacutengel Le&oacuten&#39sの海の蜂蜜、海の砂糖、フィッシュチップスです。

ミシュランの3つ星を獲得したレストランAponienteのオーナーであるLe&oacutenは、C&aacutediz州の沿岸湿地から収穫された海洋植物カワツルモをゆっくりと沸騰させると蜂蜜が生産されることを示しました。

彼と他のシェフは、釣りに使用され、沼地で見つかったある種のワームを料理の主な材料として使用し始め、ワームを食べるという考えに対する一般の人々の反発は「純粋に文化的」であると主張しました。 #39チャレンジする必要があります&#39。

昨年、Le&oacutenは彼が海水から作った砂糖の一種を発表しましたが、後でそれが「あまりうまく落ちなかった」ことを認めました。

Le&oacutenは、子供たちにもっと多くの魚を食べてもらうために、学校のケータリング会社Compassと協力して、実際には鶏肉やパスタ、さらには完全にじゃがいもが入っていない魚。

州内の学校給食を通常の価格帯に保つために、メルルーサは安いので使用しています。

More useful than sea-honey, perhaps, is 'Leggie', a vegan 'meat' made in Madrid &ndash adding to numerous other types already on the market &ndash in response to growing demand, given that vegan takeaway and home delivery requests have multiplied fourfold in the last two years in Spain.

Also on the subject of fish, Spain's Dani García joined Australia's Joshua Niland on stage for a presentation that totally blew apart everyone's beliefs about this foodstuff &ndash claiming it does not need to be fresh, or washed in water.

Niland said he leaves fish over three weeks between catching and cooking, and that it does not go off since, once it is out of the water, it should not come into contact with it at all &ndash scraping off the scales and top layer of skin and then blotting it with paper to remove as much moisture as possible.

It is the moisture that makes it go off, Niland explains, and by preventing this, the fish remains edible, safe and even improves in flavour, plus the method cuts waste and, as a consequence, reduces over-fishing.

Perhaps not something we should try at home.

Rather like a popular saying in Spain concerning pork and ham goes &ndash that every part of the pig should be used &ndash Niland has the same convictions about fish: whilst Spanish chefs and ordinary households use the bones and head to make stock for paella and casseroles, Niland uses the liver to make pâté, roasts the heart like a chicken, and even uses the eyes.

He describes how he puts fish eyes through a liquidiser with tapioca to make a paste which he then fries and serves up as a snack.

If this description is enough to make even the most hardened carnivore turn vegan, the Girona restaurant which used to be number one in the world and remains consistently in the top 10 has the solution.

Joan Roca from El Celler de Can Roca says ripe, mature and roasted beetroot has a similar texture to meat and serves it up in vegan dishes, which he says also responds to the climate crisis as it grows well even during a drought.

His vegan fish roe, or caviar, is made with purple carrot cured in cocoa butter.

An increasing number of restaurants in Spain use mainly plant-based ingredients &ndash one of which is the Michelin-starred Bagá in Jaén, which says 80% of its dishes are vegetable-based.

Russian twins Ivan and Sergey Berezutskiy from the acclaimed Twins Garden restaurant in Moscow - who own a livestock farm and allotments to supply them with ingredients straight from home &ndash presented their 'grapeless wine list', which features over 20 types.

Grape substitutes include mushrooms fermented in Bourgogne yeast, and yellow tomatoes which are baked to increase their sweetness before being fermented and then aged in barrel.

The brothers also serve up 'squid' made from white bean paste using a 3D printer &ndash and theirs is not the only use of new technology in the catering world: Siro Foods and IBM have jointly created a tool which studies masses of online data to find out the types of food diners all over the world like and dislike, in order to serve as inspiration for chefs when trying out new recipes and creating menus.


Gold bread, fish-eye fritters, mushroom wine and other oddities from Madrid Fusión

ThinkSPAIN Team 15/01/2020

THE MOST expensive bread in the world contains gold, silver and flowers, and is made in Málaga &ndash the latest unusual fact to come out of the Madrid Fusión culinary fair.

Created by Juan Manuel Moreno and costing &euro1,380 for a 400g chunk, the élite loaf was unveiled yesterday (Tuesday) at one of Europe's largest gourmet trade fairs.

Master baker Moreno says the 400g loaf contains a gram each of edible gold and silver, plus 20 grams of edible flowers, and uses salt which is hand-extracted from rocks in order to avoid having to 'blow them up', causing damage to the environment.

Moreno presented another VIP bread at Madrid Fusión last year, which was then one of the most expensive in the world &ndash but 'only' a seventh of the price of this year's, at &euro200 a loaf.

Yesterday, he showcased two, of the same weight, price and ingredients, but the second also included quinoa and chia.

Moreno's Pan Piña in Algatocín, Málaga province, is considered one of the best bakeries in Spain and his regular clients include Arab Sheikhs and Chinese and Russian billionaire tycoons.

Other weirdness to come out of Madrid Fusión is Ángel León's sea-honey, sea-sugar and fish-chips.

Owner of the three-Michelin-starred restaurant Aponiente, León showed how slow-boiling the marine plant ruppia &ndash harvested from the coastal marshes in the province of Cádiz &ndash could produce honey.

He and other chefs have started using a type of worm used for fishing and found in the marshes as main ingredients for some of their dishes, insisting that the public's repulsion at the idea of eating worms is 'purely cultural' and 'should be challenged'.

Last year, León presented a type of sugar he had created from sea water, but admitted later it had 'not gone down very well'.

In a bid to get kids to eat more fish, León has been working with school catering firm Compass to create foodstuffs that do not, in fact, look like fish &ndash pieces that appear more like chicken, plus pasta, and even chips made entirely from fish with no potato in them.

He uses hake, as it is cheap, so as to keep school meals in the province within normal price ranges.

More useful than sea-honey, perhaps, is 'Leggie', a vegan 'meat' made in Madrid &ndash adding to numerous other types already on the market &ndash in response to growing demand, given that vegan takeaway and home delivery requests have multiplied fourfold in the last two years in Spain.

Also on the subject of fish, Spain's Dani García joined Australia's Joshua Niland on stage for a presentation that totally blew apart everyone's beliefs about this foodstuff &ndash claiming it does not need to be fresh, or washed in water.

Niland said he leaves fish over three weeks between catching and cooking, and that it does not go off since, once it is out of the water, it should not come into contact with it at all &ndash scraping off the scales and top layer of skin and then blotting it with paper to remove as much moisture as possible.

It is the moisture that makes it go off, Niland explains, and by preventing this, the fish remains edible, safe and even improves in flavour, plus the method cuts waste and, as a consequence, reduces over-fishing.

Perhaps not something we should try at home.

Rather like a popular saying in Spain concerning pork and ham goes &ndash that every part of the pig should be used &ndash Niland has the same convictions about fish: whilst Spanish chefs and ordinary households use the bones and head to make stock for paella and casseroles, Niland uses the liver to make pâté, roasts the heart like a chicken, and even uses the eyes.

He describes how he puts fish eyes through a liquidiser with tapioca to make a paste which he then fries and serves up as a snack.

If this description is enough to make even the most hardened carnivore turn vegan, the Girona restaurant which used to be number one in the world and remains consistently in the top 10 has the solution.

Joan Roca from El Celler de Can Roca says ripe, mature and roasted beetroot has a similar texture to meat and serves it up in vegan dishes, which he says also responds to the climate crisis as it grows well even during a drought.

His vegan fish roe, or caviar, is made with purple carrot cured in cocoa butter.

An increasing number of restaurants in Spain use mainly plant-based ingredients &ndash one of which is the Michelin-starred Bagá in Jaén, which says 80% of its dishes are vegetable-based.

Russian twins Ivan and Sergey Berezutskiy from the acclaimed Twins Garden restaurant in Moscow - who own a livestock farm and allotments to supply them with ingredients straight from home &ndash presented their 'grapeless wine list', which features over 20 types.

Grape substitutes include mushrooms fermented in Bourgogne yeast, and yellow tomatoes which are baked to increase their sweetness before being fermented and then aged in barrel.

The brothers also serve up 'squid' made from white bean paste using a 3D printer &ndash and theirs is not the only use of new technology in the catering world: Siro Foods and IBM have jointly created a tool which studies masses of online data to find out the types of food diners all over the world like and dislike, in order to serve as inspiration for chefs when trying out new recipes and creating menus.


Gold bread, fish-eye fritters, mushroom wine and other oddities from Madrid Fusión

ThinkSPAIN Team 15/01/2020

THE MOST expensive bread in the world contains gold, silver and flowers, and is made in Málaga &ndash the latest unusual fact to come out of the Madrid Fusión culinary fair.

Created by Juan Manuel Moreno and costing &euro1,380 for a 400g chunk, the élite loaf was unveiled yesterday (Tuesday) at one of Europe's largest gourmet trade fairs.

Master baker Moreno says the 400g loaf contains a gram each of edible gold and silver, plus 20 grams of edible flowers, and uses salt which is hand-extracted from rocks in order to avoid having to 'blow them up', causing damage to the environment.

Moreno presented another VIP bread at Madrid Fusión last year, which was then one of the most expensive in the world &ndash but 'only' a seventh of the price of this year's, at &euro200 a loaf.

Yesterday, he showcased two, of the same weight, price and ingredients, but the second also included quinoa and chia.

Moreno's Pan Piña in Algatocín, Málaga province, is considered one of the best bakeries in Spain and his regular clients include Arab Sheikhs and Chinese and Russian billionaire tycoons.

Other weirdness to come out of Madrid Fusión is Ángel León's sea-honey, sea-sugar and fish-chips.

Owner of the three-Michelin-starred restaurant Aponiente, León showed how slow-boiling the marine plant ruppia &ndash harvested from the coastal marshes in the province of Cádiz &ndash could produce honey.

He and other chefs have started using a type of worm used for fishing and found in the marshes as main ingredients for some of their dishes, insisting that the public's repulsion at the idea of eating worms is 'purely cultural' and 'should be challenged'.

Last year, León presented a type of sugar he had created from sea water, but admitted later it had 'not gone down very well'.

In a bid to get kids to eat more fish, León has been working with school catering firm Compass to create foodstuffs that do not, in fact, look like fish &ndash pieces that appear more like chicken, plus pasta, and even chips made entirely from fish with no potato in them.

He uses hake, as it is cheap, so as to keep school meals in the province within normal price ranges.

More useful than sea-honey, perhaps, is 'Leggie', a vegan 'meat' made in Madrid &ndash adding to numerous other types already on the market &ndash in response to growing demand, given that vegan takeaway and home delivery requests have multiplied fourfold in the last two years in Spain.

Also on the subject of fish, Spain's Dani García joined Australia's Joshua Niland on stage for a presentation that totally blew apart everyone's beliefs about this foodstuff &ndash claiming it does not need to be fresh, or washed in water.

Niland said he leaves fish over three weeks between catching and cooking, and that it does not go off since, once it is out of the water, it should not come into contact with it at all &ndash scraping off the scales and top layer of skin and then blotting it with paper to remove as much moisture as possible.

It is the moisture that makes it go off, Niland explains, and by preventing this, the fish remains edible, safe and even improves in flavour, plus the method cuts waste and, as a consequence, reduces over-fishing.

Perhaps not something we should try at home.

Rather like a popular saying in Spain concerning pork and ham goes &ndash that every part of the pig should be used &ndash Niland has the same convictions about fish: whilst Spanish chefs and ordinary households use the bones and head to make stock for paella and casseroles, Niland uses the liver to make pâté, roasts the heart like a chicken, and even uses the eyes.

He describes how he puts fish eyes through a liquidiser with tapioca to make a paste which he then fries and serves up as a snack.

If this description is enough to make even the most hardened carnivore turn vegan, the Girona restaurant which used to be number one in the world and remains consistently in the top 10 has the solution.

Joan Roca from El Celler de Can Roca says ripe, mature and roasted beetroot has a similar texture to meat and serves it up in vegan dishes, which he says also responds to the climate crisis as it grows well even during a drought.

His vegan fish roe, or caviar, is made with purple carrot cured in cocoa butter.

An increasing number of restaurants in Spain use mainly plant-based ingredients &ndash one of which is the Michelin-starred Bagá in Jaén, which says 80% of its dishes are vegetable-based.

Russian twins Ivan and Sergey Berezutskiy from the acclaimed Twins Garden restaurant in Moscow - who own a livestock farm and allotments to supply them with ingredients straight from home &ndash presented their 'grapeless wine list', which features over 20 types.

Grape substitutes include mushrooms fermented in Bourgogne yeast, and yellow tomatoes which are baked to increase their sweetness before being fermented and then aged in barrel.

The brothers also serve up 'squid' made from white bean paste using a 3D printer &ndash and theirs is not the only use of new technology in the catering world: Siro Foods and IBM have jointly created a tool which studies masses of online data to find out the types of food diners all over the world like and dislike, in order to serve as inspiration for chefs when trying out new recipes and creating menus.


Gold bread, fish-eye fritters, mushroom wine and other oddities from Madrid Fusión

ThinkSPAIN Team 15/01/2020

THE MOST expensive bread in the world contains gold, silver and flowers, and is made in Málaga &ndash the latest unusual fact to come out of the Madrid Fusión culinary fair.

Created by Juan Manuel Moreno and costing &euro1,380 for a 400g chunk, the élite loaf was unveiled yesterday (Tuesday) at one of Europe's largest gourmet trade fairs.

Master baker Moreno says the 400g loaf contains a gram each of edible gold and silver, plus 20 grams of edible flowers, and uses salt which is hand-extracted from rocks in order to avoid having to 'blow them up', causing damage to the environment.

Moreno presented another VIP bread at Madrid Fusión last year, which was then one of the most expensive in the world &ndash but 'only' a seventh of the price of this year's, at &euro200 a loaf.

Yesterday, he showcased two, of the same weight, price and ingredients, but the second also included quinoa and chia.

Moreno's Pan Piña in Algatocín, Málaga province, is considered one of the best bakeries in Spain and his regular clients include Arab Sheikhs and Chinese and Russian billionaire tycoons.

Other weirdness to come out of Madrid Fusión is Ángel León's sea-honey, sea-sugar and fish-chips.

Owner of the three-Michelin-starred restaurant Aponiente, León showed how slow-boiling the marine plant ruppia &ndash harvested from the coastal marshes in the province of Cádiz &ndash could produce honey.

He and other chefs have started using a type of worm used for fishing and found in the marshes as main ingredients for some of their dishes, insisting that the public's repulsion at the idea of eating worms is 'purely cultural' and 'should be challenged'.

Last year, León presented a type of sugar he had created from sea water, but admitted later it had 'not gone down very well'.

In a bid to get kids to eat more fish, León has been working with school catering firm Compass to create foodstuffs that do not, in fact, look like fish &ndash pieces that appear more like chicken, plus pasta, and even chips made entirely from fish with no potato in them.

He uses hake, as it is cheap, so as to keep school meals in the province within normal price ranges.

More useful than sea-honey, perhaps, is 'Leggie', a vegan 'meat' made in Madrid &ndash adding to numerous other types already on the market &ndash in response to growing demand, given that vegan takeaway and home delivery requests have multiplied fourfold in the last two years in Spain.

Also on the subject of fish, Spain's Dani García joined Australia's Joshua Niland on stage for a presentation that totally blew apart everyone's beliefs about this foodstuff &ndash claiming it does not need to be fresh, or washed in water.

Niland said he leaves fish over three weeks between catching and cooking, and that it does not go off since, once it is out of the water, it should not come into contact with it at all &ndash scraping off the scales and top layer of skin and then blotting it with paper to remove as much moisture as possible.

It is the moisture that makes it go off, Niland explains, and by preventing this, the fish remains edible, safe and even improves in flavour, plus the method cuts waste and, as a consequence, reduces over-fishing.

Perhaps not something we should try at home.

Rather like a popular saying in Spain concerning pork and ham goes &ndash that every part of the pig should be used &ndash Niland has the same convictions about fish: whilst Spanish chefs and ordinary households use the bones and head to make stock for paella and casseroles, Niland uses the liver to make pâté, roasts the heart like a chicken, and even uses the eyes.

He describes how he puts fish eyes through a liquidiser with tapioca to make a paste which he then fries and serves up as a snack.

If this description is enough to make even the most hardened carnivore turn vegan, the Girona restaurant which used to be number one in the world and remains consistently in the top 10 has the solution.

Joan Roca from El Celler de Can Roca says ripe, mature and roasted beetroot has a similar texture to meat and serves it up in vegan dishes, which he says also responds to the climate crisis as it grows well even during a drought.

His vegan fish roe, or caviar, is made with purple carrot cured in cocoa butter.

An increasing number of restaurants in Spain use mainly plant-based ingredients &ndash one of which is the Michelin-starred Bagá in Jaén, which says 80% of its dishes are vegetable-based.

Russian twins Ivan and Sergey Berezutskiy from the acclaimed Twins Garden restaurant in Moscow - who own a livestock farm and allotments to supply them with ingredients straight from home &ndash presented their 'grapeless wine list', which features over 20 types.

Grape substitutes include mushrooms fermented in Bourgogne yeast, and yellow tomatoes which are baked to increase their sweetness before being fermented and then aged in barrel.

The brothers also serve up 'squid' made from white bean paste using a 3D printer &ndash and theirs is not the only use of new technology in the catering world: Siro Foods and IBM have jointly created a tool which studies masses of online data to find out the types of food diners all over the world like and dislike, in order to serve as inspiration for chefs when trying out new recipes and creating menus.


Gold bread, fish-eye fritters, mushroom wine and other oddities from Madrid Fusión

ThinkSPAIN Team 15/01/2020

THE MOST expensive bread in the world contains gold, silver and flowers, and is made in Málaga &ndash the latest unusual fact to come out of the Madrid Fusión culinary fair.

Created by Juan Manuel Moreno and costing &euro1,380 for a 400g chunk, the élite loaf was unveiled yesterday (Tuesday) at one of Europe's largest gourmet trade fairs.

Master baker Moreno says the 400g loaf contains a gram each of edible gold and silver, plus 20 grams of edible flowers, and uses salt which is hand-extracted from rocks in order to avoid having to 'blow them up', causing damage to the environment.

Moreno presented another VIP bread at Madrid Fusión last year, which was then one of the most expensive in the world &ndash but 'only' a seventh of the price of this year's, at &euro200 a loaf.

Yesterday, he showcased two, of the same weight, price and ingredients, but the second also included quinoa and chia.

Moreno's Pan Piña in Algatocín, Málaga province, is considered one of the best bakeries in Spain and his regular clients include Arab Sheikhs and Chinese and Russian billionaire tycoons.

Other weirdness to come out of Madrid Fusión is Ángel León's sea-honey, sea-sugar and fish-chips.

Owner of the three-Michelin-starred restaurant Aponiente, León showed how slow-boiling the marine plant ruppia &ndash harvested from the coastal marshes in the province of Cádiz &ndash could produce honey.

He and other chefs have started using a type of worm used for fishing and found in the marshes as main ingredients for some of their dishes, insisting that the public's repulsion at the idea of eating worms is 'purely cultural' and 'should be challenged'.

Last year, León presented a type of sugar he had created from sea water, but admitted later it had 'not gone down very well'.

In a bid to get kids to eat more fish, León has been working with school catering firm Compass to create foodstuffs that do not, in fact, look like fish &ndash pieces that appear more like chicken, plus pasta, and even chips made entirely from fish with no potato in them.

He uses hake, as it is cheap, so as to keep school meals in the province within normal price ranges.

More useful than sea-honey, perhaps, is 'Leggie', a vegan 'meat' made in Madrid &ndash adding to numerous other types already on the market &ndash in response to growing demand, given that vegan takeaway and home delivery requests have multiplied fourfold in the last two years in Spain.

Also on the subject of fish, Spain's Dani García joined Australia's Joshua Niland on stage for a presentation that totally blew apart everyone's beliefs about this foodstuff &ndash claiming it does not need to be fresh, or washed in water.

Niland said he leaves fish over three weeks between catching and cooking, and that it does not go off since, once it is out of the water, it should not come into contact with it at all &ndash scraping off the scales and top layer of skin and then blotting it with paper to remove as much moisture as possible.

It is the moisture that makes it go off, Niland explains, and by preventing this, the fish remains edible, safe and even improves in flavour, plus the method cuts waste and, as a consequence, reduces over-fishing.

Perhaps not something we should try at home.

Rather like a popular saying in Spain concerning pork and ham goes &ndash that every part of the pig should be used &ndash Niland has the same convictions about fish: whilst Spanish chefs and ordinary households use the bones and head to make stock for paella and casseroles, Niland uses the liver to make pâté, roasts the heart like a chicken, and even uses the eyes.

He describes how he puts fish eyes through a liquidiser with tapioca to make a paste which he then fries and serves up as a snack.

If this description is enough to make even the most hardened carnivore turn vegan, the Girona restaurant which used to be number one in the world and remains consistently in the top 10 has the solution.

Joan Roca from El Celler de Can Roca says ripe, mature and roasted beetroot has a similar texture to meat and serves it up in vegan dishes, which he says also responds to the climate crisis as it grows well even during a drought.

His vegan fish roe, or caviar, is made with purple carrot cured in cocoa butter.

An increasing number of restaurants in Spain use mainly plant-based ingredients &ndash one of which is the Michelin-starred Bagá in Jaén, which says 80% of its dishes are vegetable-based.

Russian twins Ivan and Sergey Berezutskiy from the acclaimed Twins Garden restaurant in Moscow - who own a livestock farm and allotments to supply them with ingredients straight from home &ndash presented their 'grapeless wine list', which features over 20 types.

Grape substitutes include mushrooms fermented in Bourgogne yeast, and yellow tomatoes which are baked to increase their sweetness before being fermented and then aged in barrel.

The brothers also serve up 'squid' made from white bean paste using a 3D printer &ndash and theirs is not the only use of new technology in the catering world: Siro Foods and IBM have jointly created a tool which studies masses of online data to find out the types of food diners all over the world like and dislike, in order to serve as inspiration for chefs when trying out new recipes and creating menus.


Gold bread, fish-eye fritters, mushroom wine and other oddities from Madrid Fusión

ThinkSPAIN Team 15/01/2020

THE MOST expensive bread in the world contains gold, silver and flowers, and is made in Málaga &ndash the latest unusual fact to come out of the Madrid Fusión culinary fair.

Created by Juan Manuel Moreno and costing &euro1,380 for a 400g chunk, the élite loaf was unveiled yesterday (Tuesday) at one of Europe's largest gourmet trade fairs.

Master baker Moreno says the 400g loaf contains a gram each of edible gold and silver, plus 20 grams of edible flowers, and uses salt which is hand-extracted from rocks in order to avoid having to 'blow them up', causing damage to the environment.

Moreno presented another VIP bread at Madrid Fusión last year, which was then one of the most expensive in the world &ndash but 'only' a seventh of the price of this year's, at &euro200 a loaf.

Yesterday, he showcased two, of the same weight, price and ingredients, but the second also included quinoa and chia.

Moreno's Pan Piña in Algatocín, Málaga province, is considered one of the best bakeries in Spain and his regular clients include Arab Sheikhs and Chinese and Russian billionaire tycoons.

Other weirdness to come out of Madrid Fusión is Ángel León's sea-honey, sea-sugar and fish-chips.

Owner of the three-Michelin-starred restaurant Aponiente, León showed how slow-boiling the marine plant ruppia &ndash harvested from the coastal marshes in the province of Cádiz &ndash could produce honey.

He and other chefs have started using a type of worm used for fishing and found in the marshes as main ingredients for some of their dishes, insisting that the public's repulsion at the idea of eating worms is 'purely cultural' and 'should be challenged'.

Last year, León presented a type of sugar he had created from sea water, but admitted later it had 'not gone down very well'.

In a bid to get kids to eat more fish, León has been working with school catering firm Compass to create foodstuffs that do not, in fact, look like fish &ndash pieces that appear more like chicken, plus pasta, and even chips made entirely from fish with no potato in them.

He uses hake, as it is cheap, so as to keep school meals in the province within normal price ranges.

More useful than sea-honey, perhaps, is 'Leggie', a vegan 'meat' made in Madrid &ndash adding to numerous other types already on the market &ndash in response to growing demand, given that vegan takeaway and home delivery requests have multiplied fourfold in the last two years in Spain.

Also on the subject of fish, Spain's Dani García joined Australia's Joshua Niland on stage for a presentation that totally blew apart everyone's beliefs about this foodstuff &ndash claiming it does not need to be fresh, or washed in water.

Niland said he leaves fish over three weeks between catching and cooking, and that it does not go off since, once it is out of the water, it should not come into contact with it at all &ndash scraping off the scales and top layer of skin and then blotting it with paper to remove as much moisture as possible.

It is the moisture that makes it go off, Niland explains, and by preventing this, the fish remains edible, safe and even improves in flavour, plus the method cuts waste and, as a consequence, reduces over-fishing.

Perhaps not something we should try at home.

Rather like a popular saying in Spain concerning pork and ham goes &ndash that every part of the pig should be used &ndash Niland has the same convictions about fish: whilst Spanish chefs and ordinary households use the bones and head to make stock for paella and casseroles, Niland uses the liver to make pâté, roasts the heart like a chicken, and even uses the eyes.

He describes how he puts fish eyes through a liquidiser with tapioca to make a paste which he then fries and serves up as a snack.

If this description is enough to make even the most hardened carnivore turn vegan, the Girona restaurant which used to be number one in the world and remains consistently in the top 10 has the solution.

Joan Roca from El Celler de Can Roca says ripe, mature and roasted beetroot has a similar texture to meat and serves it up in vegan dishes, which he says also responds to the climate crisis as it grows well even during a drought.

His vegan fish roe, or caviar, is made with purple carrot cured in cocoa butter.

An increasing number of restaurants in Spain use mainly plant-based ingredients &ndash one of which is the Michelin-starred Bagá in Jaén, which says 80% of its dishes are vegetable-based.

Russian twins Ivan and Sergey Berezutskiy from the acclaimed Twins Garden restaurant in Moscow - who own a livestock farm and allotments to supply them with ingredients straight from home &ndash presented their 'grapeless wine list', which features over 20 types.

Grape substitutes include mushrooms fermented in Bourgogne yeast, and yellow tomatoes which are baked to increase their sweetness before being fermented and then aged in barrel.

The brothers also serve up 'squid' made from white bean paste using a 3D printer &ndash and theirs is not the only use of new technology in the catering world: Siro Foods and IBM have jointly created a tool which studies masses of online data to find out the types of food diners all over the world like and dislike, in order to serve as inspiration for chefs when trying out new recipes and creating menus.



コメント:

  1. Adrik

    私の責任です。

  2. Tommy

    このメッセージは単純に一致していません;)

  3. Zulubei

    私は謝罪しますが、私の意見では、あなたは正しくありません。私はそれを証明することができます。午後に私に手紙を書いてください、私たちは話します。

  4. Lucien

    あなたは正しくないと思います。私たちは議論する予定です。 PMに書くと、通信します。

  5. Tygorn

    これはスキャンダルです!

  6. Byrtwold

    掃除されます



メッセージを書く