他の

BTUブラッセリー中華料理&醸造所が北東サンディにやってくる

BTUブラッセリー中華料理&醸造所が北東サンディにやってくる



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


今年の夏にポートランドにやってくる醸造所と中華料理店のコンビネーションであるBTUブラッセリーのような興味深い新しいポートランドのスタートアップ醸造所を見つけるのは新鮮です。 BTUは、私が米国で聞いた最初の中華レストラン/醸造所の組み合わせかもしれません(ワイオミングにはThai Me Up Breweryがありますが)。ただし、BTUは、完全に白人によって運営されている、誇大宣伝されている地元のアジア料理レストランや醸造所の長年の伝統を順守しています。
この投稿の残りの部分を読むには、ここをクリックしてください!


BTUブラッセリー中華料理&醸造所が北東サンディにやってくる-レシピ

クリスマスの日に包装紙が床にぶつかるとすぐに、2014年の最高のリストが山積みになり始めました。 オレゴニアンの ジョン・フォイストンのビールの年のコラムを含むレビュー挿入の年は、クリスマスの翌日に到着しました。これらのリストを長引かせたくありません。あなたはすくわれるかもしれません。

ポートランドとオレゴンのビールにとって、今年は間違いなくクレイジーな年でした。多くの新しい醸造所、タップルーム、ビール中心の企業が門戸を開いているのを見ました。生産と市場シェアは成長を続けました。いわゆる「特別なイベント」のノンストップブリッツがそうであったように、伝統的なスタイルからのシフトが続いた。これらはクラフトビール、またはあなたがそれを呼ぶことを好むものにとってはクレイジーな時代です。

興味深いトレンド
過去数年間に、膨大な数の醸造所やビール中心の企業が開業しました。それらの場所の大部分は地元の起源を持っていました。それは現在、オレゴンの外に企業の起源があるファットヘッズやヤードハウスのような場所の到来とともに変化しています。

これを成熟産業の兆候として説明する人もいますが、おそらくそれがそれです。しかし、オレゴンのクラフトビール産業はほとんどが自家栽培であり、州外から町にやって来て店を構えるカーペットバッガーに多くの価値を見いだすのに苦労しました。

それから私はコモンズの最近の結婚記念日パーティーでジョシュ・グルガスと話をするのに少し時間を費やしました。彼は、ファットヘッズやヤードハウスのような場所をここに開くことは、おそらくそれほど悪い考えではないと示唆しました。どうして?良いビールを醸造したり提供したりする場所は、ビール文化に適しているからです。彼らは競争を激化させ、ビールでうまくいかない場所に圧迫をかけます。

私の推測では、ポートランドでビール中心のビジネスが増え、その中にはカーペットバッガーも出てくると思います。私たちは国内でトップのクラフトビール市場であり、それを正しく行う場所のための機会がここにあります。限界ビールを生産または提供するものは、より良い仕事をするか、または閉じるでしょう。それは悪いことではないと思いますが、最終的には誰もが利益を上げるのが難しい飽和点に達するのではないかと心配しています。でも気にしないで。

最高の醸造所
私が最もよく受ける質問は、「あなたの好きな醸造所は何ですか?」です。それは不公平な質問ではありません。しかし、私にとっての現実は、私がかつてよりも醸造所で過ごす時間が少ないということです。私は幅広いビールを試飲できるタップルームを好む傾向があります。私には多くの友人や友人がいる醸造所には違和感はありませんが、最近はタップルームの方が適しています。

「最高の醸造所」について考えるとき、私は品質、創造性、多様性を求めています。ベンエドマンズの指示の下、ブレイクサイドブリューイングは、素晴らしい基準(ピルスナー、IPAなど)に合わせて、本当に素晴らしい季節のビールと特製ビール(パッションフルーツサワーエール、ソルトキャラメルスタウト、ラトルメンタ)を製造しました。両方のIPAでGABFメダルを獲得。

そのため、ブレイクサイドは今年、トップ醸造所に投票しました。意見は異なります。

最高のビール
今年の私のビールと見なされるには、ビールは店やパブで見つけることができるように十分に広く流通している必要があります。一般に公開されていない、生産量が非常に限られているビールは、ここでは考慮されません。多くの例を引用できますが、引用しません。

今年のビールとしての私の選択は、フォートジョージ、ブロック15、ボーンヤードビールのコラボレーションである3-WayIPAです。ビールはホップのアロマとフレーバーのバーストと苦味のきらめきを組み合わせました。これを読んだ多くの人が知っているかもしれませんが、3-Way IPAは、フォートジョージが主催する夏の季節ごとの毎年恒例のコラボレーションです。 6月から9月までドラフトと缶で入手できます。

今年のバージョンの3-Wayの需要はオフフックであり、供給が枯渇したときは大きな失望がありました。フォートジョージの数字は、2014年の3ウェイが2013年のバージョンを大幅に上回っていることを裏付けています。 2015年には2つの新しい醸造所がミックスされます。彼らが誰であるかに関係なく、ビールが2014年と同じくらいおいしいことを願っています。

ローグオブザイヤー
私は「ローグ」テーマをから借りています ウィラメットウィーク。私が指を触れればそれを好む人もいるかもしれません WW ビールの筆記者マーティン・シズマーは、ディーンのシーンに関する彼の話をしてくれました。しかし、OLCCがDean's Sceneを効果的にシャットダウンする結果となった問題は、Cizmarのせいではなく、所有者のせいでした。だから彼は出ています。

2014年(または他の年)の私のローグは、良いビールを作ることを検討することを拒否した会社です。代わりに、クラフトビールを店の棚から遠ざけ、居酒屋やレストランの蛇口から遠ざけるように熱心に取り組んできました。偽のクラフトブランドを作成し、略奪的な価格設定を使用してクラフトビールをいじめています。現在、自社ブランドの需要が急減しているため、同社はクラフトブランドの購入に頼ってきました。もちろん、その会社はアンハイザーブッシュです。

オレゴン州の多くの人々は、アンハイザーブッシュがベンドの10バレル醸造所を購入したと聞いて愕然としました。愕然としても大丈夫でしたが、驚くことではありませんでした。アンハイザーブッシュは、かなり長い間、ビールではなく、ロジスティクスとマーケティングに重点を置いてきました。彼らはサプライチェーンの効率性とマーケティングキャンペーンを専門としています。良いビールは彼らのDNAに含まれていません。つまり、彼らは外に出てそれを購入しなければなりません。したがって、10バレルを購入する取引。そしてその前に、グースアイランド。他にもあります。

これらの買収は悪いことではないと言う人がいます。グースアイランドと10バレルはABウィングの下で​​うまくいくでしょう。多分そうです。しかし、最も純粋で間違いなく最高の形のクラフトビールは小さく、独立していて、地元のものです。コスト削減と略奪的マーケティングを主な専門分野とする企業と提携することは、おそらく業界にとって良い兆候ではないことを心配せずにはいられません。我々は見るであろう。

前方および上方
私はビールで来年の予測をすることを躊躇します。近年のオレゴンビールシーンの特徴である狂気の継続は間違いなく見られます。つまり、より多くの醸造所、より多くのタップルーム、より多くのビール中心のビジネス、そしてそれをすべてサポートするためのより多くのイベントを意味します。この電車がどこに向かっているのかわかりませんが、進化を見るのは面白くて楽しいです。

あなたの旅があなたを連れて行くところはどこでも、途中でいくつかのおいしいビールを楽しむことを忘れないでください。


BTUブラッセリー中華料理&醸造所が北東サンディにやってくる-レシピ

クリスマスの日に包装紙が床にぶつかるとすぐに、2014年の最高のリストが山積みになり始めました。 オレゴニアンの ジョン・フォイストンのビールの年のコラムを含むレビュー挿入の年は、クリスマスの翌日に到着しました。これらのリストを長引かせたくありません。あなたはすくわれるかもしれません。

ポートランドとオレゴンのビールにとって、今年は間違いなくクレイジーな年でした。多くの新しい醸造所、タップルーム、ビール中心の企業が門戸を開いているのを見ました。生産と市場シェアは成長を続けました。いわゆる「特別なイベント」のノンストップブリッツがそうであったように、伝統的なスタイルからのシフトが続いた。これらはクラフトビール、またはあなたがそれを呼ぶことを好むものにとってはクレイジーな時代です。

興味深いトレンド
過去数年間に、膨大な数の醸造所やビール中心の企業が開業しました。それらの場所の大部分は地元の起源を持っていました。それは現在、オレゴンの外に企業の起源があるファットヘッズやヤードハウスのような場所の到来とともに変化しています。

これを成熟産業の兆候として説明する人もいますが、おそらくそれがそれです。しかし、オレゴンのクラフトビール産業はほとんどが自家栽培であり、州外から町にやって来て店を構えるカーペットバッガーに多くの価値を見いだすのに苦労しました。

それから私はコモンズの最近の結婚記念日パーティーでジョシュ・グルガスと話をするのに少し時間を費やしました。彼は、ファットヘッズやヤードハウスのような場所をここに開くことは、おそらくそれほど悪い考えではないと示唆しました。どうして?良いビールを醸造したり提供したりする場所は、ビール文化に適しているからです。彼らは競争を激化させ、ビールでうまくいかない場所に圧迫をかけます。

私の推測では、ポートランドでビール中心のビジネスが増え、その中にはカーペットバッガーも出てくると思います。私たちは国内でトップのクラフトビール市場であり、それを正しく行う場所のための機会がここにあります。限界ビールを生産または提供するものは、より良い仕事をするか、または閉じるでしょう。それは悪いことではないと思いますが、最終的には誰もが利益を上げるのが難しい飽和点に達するのではないかと心配しています。でも気にしないで。

最高の醸造所
私が最もよく受ける質問は、「あなたの好きな醸造所は何ですか?」です。それは不公平な質問ではありません。しかし、私にとっての現実は、私がかつてよりも醸造所で過ごす時間が少ないということです。私は幅広いビールを試飲できるタップルームを好む傾向があります。私には多くの友人や友人がいる醸造所には違和感はありませんが、最近はタップルームの方が適しています。

「最高の醸造所」について考えるとき、私は品質、創造性、多様性を求めています。ベンエドマンズの指示の下、ブレイクサイドブリューイングは、素晴らしい基準(ピルスナー、IPAなど)に合わせて、本当に素晴らしい季節のビールと特製ビール(パッションフルーツサワーエール、ソルトキャラメルスタウト、ラトルメンタ)を製造しました。両方のIPAでGABFメダルを獲得。

そのため、ブレイクサイドは今年、トップ醸造所に投票しました。意見は異なります。

最高のビール
今年の私のビールと見なされるには、ビールは店やパブで見つけることができるように十分に広く流通している必要があります。一般に公開されていない、生産量が非常に限られているビールは、ここでは考慮されません。多くの例を引用できますが、引用しません。

今年のビールとしての私の選択は、フォートジョージ、ブロック15、ボーンヤードビールのコラボレーションである3-WayIPAです。ビールはホップのアロマとフレーバーのバーストと苦味のきらめきを組み合わせました。これを読んだ多くの人が知っているかもしれませんが、3-Way IPAは、フォートジョージが主催する夏の季節ごとの毎年恒例のコラボレーションです。 6月から9月までドラフトと缶で入手できます。

今年のバージョンの3-Wayの需要はオフフックであり、供給が枯渇したときは大きな失望がありました。フォートジョージの数字は、2014年の3ウェイが2013年のバージョンを大幅に上回っていることを裏付けています。 2015年には2つの新しい醸造所がミックスされます。彼らが誰であるかに関係なく、ビールが2014年と同じくらいおいしいことを願っています。

ローグオブザイヤー
私は「ローグ」テーマをから借りています ウィラメットウィーク。私が指を触れればそれを好む人もいるかもしれません WW ビールの筆記者マーティン・シズマーは、ディーンのシーンに関する彼の話をしてくれました。しかし、OLCCがDean's Sceneを効果的にシャットダウンする結果となった問題は、Cizmarのせいではなく、所有者のせいでした。だから彼は出ています。

2014年(または他の年)の私のローグは、良いビールを作ることを検討することを拒否した会社です。代わりに、クラフトビールを店の棚から遠ざけ、居酒屋やレストランの蛇口から遠ざけるように熱心に取り組んできました。偽のクラフトブランドを作成し、略奪的な価格設定を使用してクラフトビールをいじめています。現在、自社ブランドの需要が急減しているため、同社はクラフトブランドの購入に頼ってきました。もちろん、その会社はアンハイザーブッシュです。

オレゴン州の多くの人々は、アンハイザーブッシュがベンドの10バレル醸造所を購入したと聞いて愕然としました。愕然としても大丈夫でしたが、驚くことではありませんでした。アンハイザーブッシュは、かなり長い間、ビールではなく、ロジスティクスとマーケティングに重点を置いてきました。彼らはサプライチェーンの効率性とマーケティングキャンペーンを専門としています。良いビールは彼らのDNAに含まれていません。つまり、彼らは外に出てそれを購入しなければなりません。したがって、10バレルを購入する取引。そしてその前に、グースアイランド。他にもあります。

これらの買収は悪いことではないと言う人がいます。グースアイランドと10バレルはABウィングの下で​​うまくいくでしょう。多分そうです。しかし、最も純粋で間違いなく最高の形のクラフトビールは小さく、独立していて、地元のものです。コスト削減と略奪的マーケティングを主な専門分野とする企業と提携することは、おそらく業界にとって良い兆候ではないことを心配せずにはいられません。我々は見るであろう。

前方および上方
私はビールで来年の予測をすることを躊躇します。近年のオレゴンビールシーンの特徴である狂気の継続は間違いなく見られます。つまり、より多くの醸造所、より多くのタップルーム、より多くのビール中心のビジネス、そしてそれをすべてサポートするためのより多くのイベントを意味します。この電車がどこに向かっているのかわかりませんが、進化を見るのは面白くて楽しいです。

あなたの旅があなたを連れて行くところはどこでも、途中でいくつかのおいしいビールを楽しむことを忘れないでください。


BTUブラッセリー中華料理&醸造所が北東サンディにやってくる-レシピ

クリスマスの日に包装紙が床にぶつかるとすぐに、2014年の最高のリストが山積みになり始めました。 オレゴニアンの ジョン・フォイストンのビールの年のコラムを含むレビュー挿入の年は、クリスマスの翌日に到着しました。これらのリストを長引かせたくありません。あなたはすくわれるかもしれません。

ポートランドとオレゴンのビールにとって、今年は間違いなくクレイジーな年でした。多くの新しい醸造所、タップルーム、ビール中心の企業が門戸を開いているのを見ました。生産と市場シェアは成長を続けました。いわゆる「特別なイベント」のノンストップブリッツがそうであったように、伝統的なスタイルからのシフトが続いた。これらはクラフトビール、またはあなたがそれを呼ぶことを好むものにとってはクレイジーな時代です。

興味深いトレンド
過去数年間に、膨大な数の醸造所やビール中心の企業が開業しました。それらの場所の大部分は地元の起源を持っていました。それは現在、オレゴンの外に企業の起源があるファットヘッズやヤードハウスのような場所の到来とともに変化しています。

これを成熟産業の兆候として説明する人もいますが、おそらくそれがそれです。しかし、オレゴンのクラフトビール産業はほとんどが自家栽培であり、州外から町にやって来て店を構えるカーペットバッガーに多くの価値を見いだすのに苦労しました。

それから私はコモンズの最近の結婚記念日パーティーでジョシュ・グルガスと話をするのに少し時間を費やしました。彼は、ファットヘッズやヤードハウスのような場所をここに開くことは、おそらくそれほど悪い考えではないと示唆しました。どうして?良いビールを醸造したり提供したりする場所は、ビール文化に適しているからです。彼らは競争を激化させ、ビールでうまくいかない場所に圧迫をかけます。

私の推測では、ポートランドでビール中心のビジネスが増え、その中にはカーペットバッガーも出てくると思います。私たちは国内でトップのクラフトビール市場であり、それを正しく行う場所のための機会がここにあります。限界ビールを生産または提供するものは、より良い仕事をするか、または閉じるでしょう。それは悪いことではないと思いますが、最終的には誰もが利益を上げるのが難しい飽和点に達するのではないかと心配しています。でも気にしないで。

最高の醸造所
私が最もよく受ける質問は、「あなたの好きな醸造所は何ですか?」です。それは不公平な質問ではありません。しかし、私にとっての現実は、私がかつてよりも醸造所で過ごす時間が少ないということです。私は幅広いビールを試飲できるタップルームを好む傾向があります。私には多くの友人や友人がいる醸造所には違和感はありませんが、最近はタップルームの方が適しています。

「最高の醸造所」について考えるとき、私は品質、創造性、多様性を求めています。ベンエドマンズの指示の下、ブレイクサイドブリューイングは、素晴らしい基準(ピルスナー、IPAなど)に合わせて、本当に素晴らしい季節のビールと特製ビール(パッションフルーツサワーエール、ソルトキャラメルスタウト、ラトルメンタ)を製造しました。両方のIPAでGABFメダルを獲得。

そのため、ブレイクサイドは今年、トップ醸造所に投票しました。意見は異なります。

最高のビール
今年の私のビールと見なされるには、ビールは店やパブで見つけることができるように十分に広く流通している必要があります。一般に公開されていない、生産量が非常に限られているビールは、ここでは考慮されません。多くの例を引用できますが、引用しません。

今年のビールとしての私の選択は、フォートジョージ、ブロック15、ボーンヤードビールのコラボレーションである3-WayIPAです。ビールはホップのアロマとフレーバーのバーストと苦味のきらめきを組み合わせました。これを読んだ多くの人が知っているかもしれませんが、3-Way IPAは、フォートジョージが主催する夏の季節ごとの毎年恒例のコラボレーションです。 6月から9月までドラフトと缶で入手できます。

今年のバージョンの3-Wayの需要はオフフックであり、供給が枯渇したときは大きな失望がありました。フォートジョージの数字は、2014年の3ウェイが2013年のバージョンを大幅に上回っていることを裏付けています。 2015年には2つの新しい醸造所がミックスされます。彼らが誰であるかに関係なく、ビールが2014年と同じくらいおいしいことを願っています。

ローグオブザイヤー
私は「ローグ」テーマをから借りています ウィラメットウィーク。私が指を触れればそれを好む人もいるかもしれません WW ビールの筆記者マーティン・シズマーは、ディーンのシーンに関する彼の話をしてくれました。しかし、OLCCがDean's Sceneを効果的にシャットダウンする結果となった問題は、Cizmarのせいではなく、所有者のせいでした。だから彼は出ています。

2014年(または他の年)の私のローグは、良いビールを作ることを検討することを拒否した会社です。代わりに、クラフトビールを店の棚から遠ざけ、居酒屋やレストランの蛇口から遠ざけるように熱心に取り組んできました。偽のクラフトブランドを作成し、略奪的な価格設定を使用してクラフトビールをいじめています。現在、自社ブランドの需要が急減しているため、同社はクラフトブランドの購入に頼ってきました。もちろん、その会社はアンハイザーブッシュです。

オレゴン州の多くの人々は、アンハイザーブッシュがベンドの10バレル醸造所を購入したと聞いて愕然としました。愕然としても大丈夫でしたが、驚くことではありませんでした。アンハイザーブッシュは、かなり長い間、ビールではなく、ロジスティクスとマーケティングに重点を置いてきました。彼らはサプライチェーンの効率性とマーケティングキャンペーンを専門としています。良いビールは彼らのDNAに含まれていません。つまり、彼らは外に出てそれを購入しなければなりません。したがって、10バレルを購入する取引。そしてその前に、グースアイランド。他にもあります。

これらの買収は悪いことではないと言う人がいます。グースアイランドと10バレルはABウィングの下で​​うまくいくでしょう。多分そうです。しかし、最も純粋で間違いなく最高の形のクラフトビールは小さく、独立していて、地元のものです。コスト削減と略奪的マーケティングを主な専門分野とする企業と提携することは、おそらく業界にとって良い兆候ではないことを心配せずにはいられません。我々は見るであろう。

前方および上方
私はビールで来年の予測をすることを躊躇します。近年のオレゴンビールシーンの特徴である狂気の継続は間違いなく見られます。つまり、より多くの醸造所、より多くのタップルーム、より多くのビール中心のビジネス、そしてそれをすべてサポートするためのより多くのイベントを意味します。この電車がどこに向かっているのかわかりませんが、進化を見るのは面白くて楽しいです。

あなたの旅があなたを連れて行くところはどこでも、途中でいくつかのおいしいビールを楽しむことを忘れないでください。


BTUブラッセリー中華料理&醸造所が北東サンディにやってくる-レシピ

クリスマスの日に包装紙が床にぶつかるとすぐに、2014年の最高のリストが山積みになり始めました。 オレゴニアンの ジョン・フォイストンのビールの年のコラムを含むレビュー挿入の年は、クリスマスの翌日に到着しました。これらのリストを長引かせたくありません。あなたはすくわれるかもしれません。

ポートランドとオレゴンのビールにとって、今年は間違いなくクレイジーな年でした。多くの新しい醸造所、タップルーム、ビール中心の企業が門戸を開いているのを見ました。生産と市場シェアは成長を続けました。いわゆる「特別なイベント」のノンストップブリッツがそうであったように、伝統的なスタイルからのシフトが続いた。これらはクラフトビール、またはあなたがそれを呼ぶことを好むものにとってはクレイジーな時代です。

興味深いトレンド
過去数年間に、膨大な数の醸造所やビール中心の企業が開業しました。それらの場所の大部分は地元の起源を持っていました。それは現在、オレゴンの外に企業の起源があるファットヘッズやヤードハウスのような場所の到来とともに変化しています。

これを成熟産業の兆候として説明する人もいますが、おそらくそれがそれです。しかし、オレゴンのクラフトビール産業はほとんどが自家栽培であり、州外から町にやって来て店を構えるカーペットバッガーに多くの価値を見いだすのに苦労しました。

それから私はコモンズの最近の結婚記念日パーティーでジョシュ・グルガスと話をするのに少し時間を費やしました。彼は、ファットヘッズやヤードハウスのような場所をここに開くことは、おそらくそれほど悪い考えではないと示唆しました。どうして?良いビールを醸造したり提供したりする場所は、ビール文化に適しているからです。彼らは競争を激化させ、ビールでうまくいかない場所に圧迫をかけます。

私の推測では、ポートランドでビール中心のビジネスが増え、その中にはカーペットバッガーも出てくると思います。私たちは国内でトップのクラフトビール市場であり、それを正しく行う場所のための機会がここにあります。限界ビールを生産または提供するものは、より良い仕事をするか、または閉じるでしょう。それは悪いことではないと思いますが、最終的には誰もが利益を上げるのが難しい飽和点に達するのではないかと心配しています。でも気にしないで。

最高の醸造所
私が最もよく受ける質問は、「あなたの好きな醸造所は何ですか?」です。それは不公平な質問ではありません。しかし、私にとっての現実は、私がかつてよりも醸造所で過ごす時間が少ないということです。私は幅広いビールを試飲できるタップルームを好む傾向があります。私には多くの友人や友人がいる醸造所には違和感はありませんが、最近はタップルームの方が適しています。

「最高の醸造所」について考えるとき、私は品質、創造性、多様性を求めています。ベンエドマンズの指示の下、ブレイクサイドブリューイングは、素晴らしい基準(ピルスナー、IPAなど)に合わせて、本当に素晴らしい季節のビールと特製ビール(パッションフルーツサワーエール、ソルトキャラメルスタウト、ラトルメンタ)を製造しました。両方のIPAでGABFメダルを獲得。

そのため、ブレイクサイドは今年、トップ醸造所に投票しました。意見は異なります。

最高のビール
今年の私のビールと見なされるには、ビールは店やパブで見つけることができるように十分に広く流通している必要があります。一般に公開されていない、生産量が非常に限られているビールは、ここでは考慮されません。多くの例を引用できますが、引用しません。

今年のビールとしての私の選択は、フォートジョージ、ブロック15、ボーンヤードビールのコラボレーションである3-WayIPAです。ビールはホップのアロマとフレーバーのバーストと苦味のきらめきを組み合わせました。これを読んだ多くの人が知っているかもしれませんが、3-Way IPAは、フォートジョージが主催する夏の季節ごとの毎年恒例のコラボレーションです。 6月から9月までドラフトと缶で入手できます。

今年のバージョンの3-Wayの需要はオフフックであり、供給が枯渇したときは大きな失望がありました。フォートジョージの数字は、2014年の3ウェイが2013年のバージョンを大幅に上回っていることを裏付けています。 2015年には2つの新しい醸造所がミックスされます。彼らが誰であるかに関係なく、ビールが2014年と同じくらいおいしいことを願っています。

ローグオブザイヤー
私は「ローグ」テーマをから借りています ウィラメットウィーク。私が指を触れればそれを好む人もいるかもしれません WW ビールの筆記者マーティン・シズマーは、ディーンのシーンに関する彼の話をしてくれました。しかし、OLCCがDean's Sceneを効果的にシャットダウンする結果となった問題は、Cizmarのせいではなく、所有者のせいでした。だから彼は出ています。

2014年(または他の年)の私のローグは、良いビールを作ることを検討することを拒否した会社です。代わりに、クラフトビールを店の棚から遠ざけ、居酒屋やレストランの蛇口から遠ざけるように熱心に取り組んできました。偽のクラフトブランドを作成し、略奪的な価格設定を使用してクラフトビールをいじめています。現在、自社ブランドの需要が急減しているため、同社はクラフトブランドの購入に頼ってきました。もちろん、その会社はアンハイザーブッシュです。

オレゴン州の多くの人々は、アンハイザーブッシュがベンドの10バレル醸造所を購入したと聞いて愕然としました。愕然としても大丈夫でしたが、驚くことではありませんでした。アンハイザーブッシュは、かなり長い間、ビールではなく、ロジスティクスとマーケティングに重点を置いてきました。彼らはサプライチェーンの効率性とマーケティングキャンペーンを専門としています。良いビールは彼らのDNAに含まれていません。つまり、彼らは外に出てそれを購入しなければなりません。したがって、10バレルを購入する取引。そしてその前に、グースアイランド。他にもあります。

これらの買収は悪いことではないと言う人がいます。グースアイランドと10バレルはABウィングの下で​​うまくいくでしょう。多分そうです。しかし、最も純粋で間違いなく最高の形のクラフトビールは小さく、独立していて、地元のものです。コスト削減と略奪的マーケティングを主な専門分野とする企業と提携することは、おそらく業界にとって良い兆候ではないことを心配せずにはいられません。我々は見るであろう。

前方および上方
私はビールで来年の予測をすることを躊躇します。近年のオレゴンビールシーンの特徴である狂気の継続は間違いなく見られます。つまり、より多くの醸造所、より多くのタップルーム、より多くのビール中心のビジネス、そしてそれをすべてサポートするためのより多くのイベントを意味します。この電車がどこに向かっているのかわかりませんが、進化を見るのは面白くて楽しいです。

あなたの旅があなたを連れて行くところはどこでも、途中でいくつかのおいしいビールを楽しむことを忘れないでください。


BTUブラッセリー中華料理&醸造所が北東サンディにやってくる-レシピ

クリスマスの日に包装紙が床にぶつかるとすぐに、2014年の最高のリストが山積みになり始めました。 オレゴニアンの ジョン・フォイストンのビールの年のコラムを含むレビュー挿入の年は、クリスマスの翌日に到着しました。これらのリストを長引かせたくありません。あなたはすくわれるかもしれません。

ポートランドとオレゴンのビールにとって、今年は間違いなくクレイジーな年でした。多くの新しい醸造所、タップルーム、ビール中心の企業が門戸を開いているのを見ました。生産と市場シェアは成長を続けました。いわゆる「特別なイベント」のノンストップブリッツがそうであったように、伝統的なスタイルからのシフトが続いた。これらはクラフトビール、またはあなたがそれを呼ぶことを好むものにとってはクレイジーな時代です。

興味深いトレンド
過去数年間に、膨大な数の醸造所やビール中心の企業が開業しました。それらの場所の大部分は地元の起源を持っていました。それは現在、オレゴンの外に企業の起源があるファットヘッズやヤードハウスのような場所の到来とともに変化しています。

これを成熟産業の兆候として説明する人もいますが、おそらくそれがそれです。しかし、オレゴンのクラフトビール産業はほとんどが自家栽培であり、州外から町にやって来て店を構えるカーペットバッガーに多くの価値を見いだすのに苦労しました。

それから私はコモンズの最近の結婚記念日パーティーでジョシュ・グルガスと話をするのに少し時間を費やしました。彼は、ファットヘッズやヤードハウスのような場所をここに開くことは、おそらくそれほど悪い考えではないと示唆しました。どうして?良いビールを醸造したり提供したりする場所は、ビール文化に適しているからです。彼らは競争を激化させ、ビールでうまくいかない場所に圧迫をかけます。

私の推測では、ポートランドでビール中心のビジネスが増え、その中にはカーペットバッガーも出てくると思います。私たちは国内でトップのクラフトビール市場であり、それを正しく行う場所のための機会がここにあります。限界ビールを生産または提供するものは、より良い仕事をするか、または閉じるでしょう。それは悪いことではないと思いますが、最終的には誰もが利益を上げるのが難しい飽和点に達するのではないかと心配しています。でも気にしないで。

最高の醸造所
私が最もよく受ける質問は、「あなたの好きな醸造所は何ですか?」です。それは不公平な質問ではありません。しかし、私にとっての現実は、私がかつてよりも醸造所で過ごす時間が少ないということです。私は幅広いビールを試飲できるタップルームを好む傾向があります。私には多くの友人や友人がいる醸造所には違和感はありませんが、最近はタップルームの方が適しています。

「最高の醸造所」について考えるとき、私は品質、創造性、多様性を求めています。ベンエドマンズの指示の下、ブレイクサイドブリューイングは、素晴らしい基準(ピルスナー、IPAなど)に合わせて、本当に素晴らしい季節のビールと特製ビール(パッションフルーツサワーエール、ソルトキャラメルスタウト、ラトルメンタ)を製造しました。両方のIPAでGABFメダルを獲得。

そのため、ブレイクサイドは今年、トップ醸造所に投票しました。意見は異なります。

最高のビール
今年の私のビールと見なされるには、ビールは店やパブで見つけることができるように十分に広く流通している必要があります。一般に公開されていない、生産量が非常に限られているビールは、ここでは考慮されません。多くの例を引用できますが、引用しません。

今年のビールとしての私の選択は、フォートジョージ、ブロック15、ボーンヤードビールのコラボレーションである3-WayIPAです。ビールはホップのアロマとフレーバーのバーストと苦味のきらめきを組み合わせました。これを読んだ多くの人が知っているかもしれませんが、3-Way IPAは、フォートジョージが主催する夏の季節ごとの毎年恒例のコラボレーションです。 6月から9月までドラフトと缶で入手できます。

今年のバージョンの3-Wayの需要はオフフックであり、供給が枯渇したときは大きな失望がありました。フォートジョージの数字は、2014年の3ウェイが2013年のバージョンを大幅に上回っていることを裏付けています。 2015年には2つの新しい醸造所がミックスされます。彼らが誰であるかに関係なく、ビールが2014年と同じくらいおいしいことを願っています。

ローグオブザイヤー
私は「ローグ」テーマをから借りています ウィラメットウィーク。指で触れたら気に入る人もいるかもしれません WW ビールの筆記者マーティン・シズマーは、ディーンのシーンに関する彼の話をしてくれました。しかし、OLCCがDean's Sceneを効果的にシャットダウンする結果となった問題は、Cizmarのせいではなく、所有者のせいでした。だから彼は出ています。

2014年(または他の年)の私のローグは、良いビールを作ることを検討することを拒否した会社です。代わりに、クラフトビールを店の棚から遠ざけ、居酒屋やレストランの蛇口から遠ざけるように熱心に取り組んできました。偽のクラフトブランドを作成し、略奪的な価格設定を使用してクラフトビールをいじめています。現在、自社ブランドの需要が急減しているため、同社はクラフトブランドの購入に頼ってきました。もちろん、その会社はアンハイザーブッシュです。

オレゴン州の多くの人々は、アンハイザーブッシュがベンドの10バレル醸造所を購入したと聞いて愕然としました。愕然としても大丈夫でしたが、驚くことではありませんでした。アンハイザーブッシュは、かなり長い間、ビールではなく、ロジスティクスとマーケティングに重点を置いてきました。彼らはサプライチェーンの効率性とマーケティングキャンペーンを専門としています。良いビールは彼らのDNAに含まれていません。つまり、彼らは外に出てそれを購入しなければなりません。したがって、10バレルを購入する取引。そしてその前に、グースアイランド。他にもあります。

これらの買収は悪いことではないと言う人がいます。グースアイランドと10バレルはABウィングの下で​​うまくいくでしょう。多分そうです。しかし、最も純粋で間違いなく最高の形のクラフトビールは小さく、独立していて、地元のものです。コスト削減と略奪的マーケティングを主な専門分野とする企業と提携することは、おそらく業界にとって良い兆候ではないことを心配せずにはいられません。我々は見るであろう。

前方および上方
私はビールで来年の予測をすることを躊躇します。近年のオレゴンビールシーンの特徴である狂気の継続は間違いなく見られます。つまり、より多くの醸造所、より多くのタップルーム、より多くのビール中心のビジネス、そしてそれをすべてサポートするためのより多くのイベントを意味します。 I have no idea where this train is headed, but it's interesting and fun to watch the evolution.

Wherever your journey takes you, be sure to enjoy some good beers along the way.


BTU Brasserie Chinese Food & Brewery Coming to NE Sandy - Recipes

No sooner had the wrapping paper hit the floor on Christmas Day then the best of 2014 lists started piling up. The Oregonian's year in review insert, including John Foyston's Year in Beer column, arrived the day after Christmas. You don't want to let these lists linger. you might get scooped.

It was undoubtedly a crazy year for beer in Portland and Oregon. We saw a number of new breweries, taprooms and beer-centric businesses open their doors. Production and market share continued to grow. The shift away from traditional styles carried on, as did the non-stop blitz of so-called "special events." These are crazy times for craft beer, or whatever you prefer to call it.

Interesting Trend
We've seen a huge number of breweries and beer-centric businesses open during the past few years. The great bulk of those places had local origins. That is now changing with the coming of places like Fat Heads and Yard House, whose corporate origins lie outside Oregon.

Some have described this as a symptom of a maturing industry, and maybe that's what it is. But Oregon's craft beer industry is home grown for the most part and I have had a hard time seeing much value in carpetbaggers who roll into town from out of state and set up shop.

Then I spent some time talking to Josh Grgas at The Commons recent anniversary party. He suggested that perhaps it isn't such a bad idea to have places like Fat Heads and Yard House opening here. Why? Because places that brew or serve good beer are good for the beer culture. they increase competition and put the squeeze on places that don't do a good job with beer.

My guess is we will see more beer-centric businesses, some of them carpetbaggers, opening in Portland. We are the top craft beer market in the country and there is opportunity here for places that do it right. Those that produce or serve marginal beer will either do a better job or close. I suppose that isn't a bad thing, although I fear we will eventually reach a saturation point where it's tough for anyone to make a profit. But never mind.

Best Brewery
The question I get most often is, "What's your favorite brewery?" It isn't an unfair question. But the reality for me is I spend less time in breweries than I once did. I tend to favor taprooms where I can sample a wide range of beers. No offense to breweries, where I have many friends and frienenemies, but taprooms are a better fit for me these days..

When I think about a "best brewery" I look for quality, creativity and variety. Under Ben Edmunds' direction, Breakside Brewing has produced some really nice seasonals and specialty beers (Passionfruit Sour Ale, Salted Caramel Stout and La Tormenta) to go with their terrific standards (Pilsner, IPA, etc.) They poured it on this year, winning GABF medals with both their IPAs.

So Breakside gets my vote for top brewery this year. Opinions will differ.

Best Beer
To be considered as my beer of the year, a beer needs to have wide enough distribution that it can be found in stores and/or pubs. Beers with extremely limited production that aren't generally available to the public aren't considered here. I could cite many examples, but I won't.

My choice as beer of the year is 3-Way IPA, a collaboration between Fort George, Block 15 and Boneyard Beer. The beer combined a burst of hop aroma and flavor with a twinge of bitterness. As many who read this may know, 3-Way IPA is a summer seasonal and annual collaboration organized by Fort George. It's available on draft and in cans June through September.

The demand for this year's version of 3-Way was off-the-hook and there was great disappointment when the supply ran dry. Numbers from Fort George confirm that 2014 3-Way outsold the 2013 version by a wide margin. There will be two new breweries in the mix in 2015. Regardless of who they are, we can only hope the beer is as good as it was in 2014.

Rogue of the Year
I'm borrowing the 'Rogue" theme from Willamette Week。 Some might like it if I fingered WW beer scribe Martin Cizmar for his story on Dean's Scene, which led in a roundabout way to the place being closed for a time. But the issues that resulted in the OLCC effectively shutting down Dean's Scene were the owner's fault, not Cizmar's. So he's out.

My Rogue for 2014 (or any other year) is a company that has refused to consider making good beer. Instead, it has diligently worked to keep craft beer off store shelves and away from tavern and restaurant taps. It has created fake craft brands and used predatory pricing to bully craft beer. Now, faced with steep declines in demand for its own faltering brands, the company has resorted to buying craft brands. That company, of course, is Anheuser-Busch.

Many in Oregon were appalled when they heard Anheuser-Busch had purchased Bend's 10 Barrel Brewing. It was okay to be appalled, but not surprised. Anheuser-Busch has been less about beer and more about logistics and marketing for quite a while. They specialize in supply chain efficiencies and marketing campaigns. Good beer isn't in their DNA, which means they have to go out and buy it. Thus, the deal to purchase 10 Barrel. And before that, Goose Island. There will be others.

There are those who say these buyouts are not a bad thing, that Goose Island and 10 Barrel are going to be just fine under the AB wing. Maybe so. But craft beer in its purest and arguably best form is small, independent and local. I cannot help worry that partnering up with a company whose primary areas of expertise are cost cutting and predatory marketing is perhaps not a good omen for the industry. We shall see.

Onward and Upward
I hesitate to make predictions for the coming year in beer. We will undoubtedly see a continuation of the craziness that has characterized the Oregon beer scene in recent years. That means more breweries, more taprooms, more beer-centric businesses and many more events to support it all. I have no idea where this train is headed, but it's interesting and fun to watch the evolution.

Wherever your journey takes you, be sure to enjoy some good beers along the way.


BTU Brasserie Chinese Food & Brewery Coming to NE Sandy - Recipes

No sooner had the wrapping paper hit the floor on Christmas Day then the best of 2014 lists started piling up. The Oregonian's year in review insert, including John Foyston's Year in Beer column, arrived the day after Christmas. You don't want to let these lists linger. you might get scooped.

It was undoubtedly a crazy year for beer in Portland and Oregon. We saw a number of new breweries, taprooms and beer-centric businesses open their doors. Production and market share continued to grow. The shift away from traditional styles carried on, as did the non-stop blitz of so-called "special events." These are crazy times for craft beer, or whatever you prefer to call it.

Interesting Trend
We've seen a huge number of breweries and beer-centric businesses open during the past few years. The great bulk of those places had local origins. That is now changing with the coming of places like Fat Heads and Yard House, whose corporate origins lie outside Oregon.

Some have described this as a symptom of a maturing industry, and maybe that's what it is. But Oregon's craft beer industry is home grown for the most part and I have had a hard time seeing much value in carpetbaggers who roll into town from out of state and set up shop.

Then I spent some time talking to Josh Grgas at The Commons recent anniversary party. He suggested that perhaps it isn't such a bad idea to have places like Fat Heads and Yard House opening here. Why? Because places that brew or serve good beer are good for the beer culture. they increase competition and put the squeeze on places that don't do a good job with beer.

My guess is we will see more beer-centric businesses, some of them carpetbaggers, opening in Portland. We are the top craft beer market in the country and there is opportunity here for places that do it right. Those that produce or serve marginal beer will either do a better job or close. I suppose that isn't a bad thing, although I fear we will eventually reach a saturation point where it's tough for anyone to make a profit. But never mind.

Best Brewery
The question I get most often is, "What's your favorite brewery?" It isn't an unfair question. But the reality for me is I spend less time in breweries than I once did. I tend to favor taprooms where I can sample a wide range of beers. No offense to breweries, where I have many friends and frienenemies, but taprooms are a better fit for me these days..

When I think about a "best brewery" I look for quality, creativity and variety. Under Ben Edmunds' direction, Breakside Brewing has produced some really nice seasonals and specialty beers (Passionfruit Sour Ale, Salted Caramel Stout and La Tormenta) to go with their terrific standards (Pilsner, IPA, etc.) They poured it on this year, winning GABF medals with both their IPAs.

So Breakside gets my vote for top brewery this year. Opinions will differ.

Best Beer
To be considered as my beer of the year, a beer needs to have wide enough distribution that it can be found in stores and/or pubs. Beers with extremely limited production that aren't generally available to the public aren't considered here. I could cite many examples, but I won't.

My choice as beer of the year is 3-Way IPA, a collaboration between Fort George, Block 15 and Boneyard Beer. The beer combined a burst of hop aroma and flavor with a twinge of bitterness. As many who read this may know, 3-Way IPA is a summer seasonal and annual collaboration organized by Fort George. It's available on draft and in cans June through September.

The demand for this year's version of 3-Way was off-the-hook and there was great disappointment when the supply ran dry. Numbers from Fort George confirm that 2014 3-Way outsold the 2013 version by a wide margin. There will be two new breweries in the mix in 2015. Regardless of who they are, we can only hope the beer is as good as it was in 2014.

Rogue of the Year
I'm borrowing the 'Rogue" theme from Willamette Week。 Some might like it if I fingered WW beer scribe Martin Cizmar for his story on Dean's Scene, which led in a roundabout way to the place being closed for a time. But the issues that resulted in the OLCC effectively shutting down Dean's Scene were the owner's fault, not Cizmar's. So he's out.

My Rogue for 2014 (or any other year) is a company that has refused to consider making good beer. Instead, it has diligently worked to keep craft beer off store shelves and away from tavern and restaurant taps. It has created fake craft brands and used predatory pricing to bully craft beer. Now, faced with steep declines in demand for its own faltering brands, the company has resorted to buying craft brands. That company, of course, is Anheuser-Busch.

Many in Oregon were appalled when they heard Anheuser-Busch had purchased Bend's 10 Barrel Brewing. It was okay to be appalled, but not surprised. Anheuser-Busch has been less about beer and more about logistics and marketing for quite a while. They specialize in supply chain efficiencies and marketing campaigns. Good beer isn't in their DNA, which means they have to go out and buy it. Thus, the deal to purchase 10 Barrel. And before that, Goose Island. There will be others.

There are those who say these buyouts are not a bad thing, that Goose Island and 10 Barrel are going to be just fine under the AB wing. Maybe so. But craft beer in its purest and arguably best form is small, independent and local. I cannot help worry that partnering up with a company whose primary areas of expertise are cost cutting and predatory marketing is perhaps not a good omen for the industry. We shall see.

Onward and Upward
I hesitate to make predictions for the coming year in beer. We will undoubtedly see a continuation of the craziness that has characterized the Oregon beer scene in recent years. That means more breweries, more taprooms, more beer-centric businesses and many more events to support it all. I have no idea where this train is headed, but it's interesting and fun to watch the evolution.

Wherever your journey takes you, be sure to enjoy some good beers along the way.


BTU Brasserie Chinese Food & Brewery Coming to NE Sandy - Recipes

No sooner had the wrapping paper hit the floor on Christmas Day then the best of 2014 lists started piling up. The Oregonian's year in review insert, including John Foyston's Year in Beer column, arrived the day after Christmas. You don't want to let these lists linger. you might get scooped.

It was undoubtedly a crazy year for beer in Portland and Oregon. We saw a number of new breweries, taprooms and beer-centric businesses open their doors. Production and market share continued to grow. The shift away from traditional styles carried on, as did the non-stop blitz of so-called "special events." These are crazy times for craft beer, or whatever you prefer to call it.

Interesting Trend
We've seen a huge number of breweries and beer-centric businesses open during the past few years. The great bulk of those places had local origins. That is now changing with the coming of places like Fat Heads and Yard House, whose corporate origins lie outside Oregon.

Some have described this as a symptom of a maturing industry, and maybe that's what it is. But Oregon's craft beer industry is home grown for the most part and I have had a hard time seeing much value in carpetbaggers who roll into town from out of state and set up shop.

Then I spent some time talking to Josh Grgas at The Commons recent anniversary party. He suggested that perhaps it isn't such a bad idea to have places like Fat Heads and Yard House opening here. Why? Because places that brew or serve good beer are good for the beer culture. they increase competition and put the squeeze on places that don't do a good job with beer.

My guess is we will see more beer-centric businesses, some of them carpetbaggers, opening in Portland. We are the top craft beer market in the country and there is opportunity here for places that do it right. Those that produce or serve marginal beer will either do a better job or close. I suppose that isn't a bad thing, although I fear we will eventually reach a saturation point where it's tough for anyone to make a profit. But never mind.

Best Brewery
The question I get most often is, "What's your favorite brewery?" It isn't an unfair question. But the reality for me is I spend less time in breweries than I once did. I tend to favor taprooms where I can sample a wide range of beers. No offense to breweries, where I have many friends and frienenemies, but taprooms are a better fit for me these days..

When I think about a "best brewery" I look for quality, creativity and variety. Under Ben Edmunds' direction, Breakside Brewing has produced some really nice seasonals and specialty beers (Passionfruit Sour Ale, Salted Caramel Stout and La Tormenta) to go with their terrific standards (Pilsner, IPA, etc.) They poured it on this year, winning GABF medals with both their IPAs.

So Breakside gets my vote for top brewery this year. Opinions will differ.

Best Beer
To be considered as my beer of the year, a beer needs to have wide enough distribution that it can be found in stores and/or pubs. Beers with extremely limited production that aren't generally available to the public aren't considered here. I could cite many examples, but I won't.

My choice as beer of the year is 3-Way IPA, a collaboration between Fort George, Block 15 and Boneyard Beer. The beer combined a burst of hop aroma and flavor with a twinge of bitterness. As many who read this may know, 3-Way IPA is a summer seasonal and annual collaboration organized by Fort George. It's available on draft and in cans June through September.

The demand for this year's version of 3-Way was off-the-hook and there was great disappointment when the supply ran dry. Numbers from Fort George confirm that 2014 3-Way outsold the 2013 version by a wide margin. There will be two new breweries in the mix in 2015. Regardless of who they are, we can only hope the beer is as good as it was in 2014.

Rogue of the Year
I'm borrowing the 'Rogue" theme from Willamette Week。 Some might like it if I fingered WW beer scribe Martin Cizmar for his story on Dean's Scene, which led in a roundabout way to the place being closed for a time. But the issues that resulted in the OLCC effectively shutting down Dean's Scene were the owner's fault, not Cizmar's. So he's out.

My Rogue for 2014 (or any other year) is a company that has refused to consider making good beer. Instead, it has diligently worked to keep craft beer off store shelves and away from tavern and restaurant taps. It has created fake craft brands and used predatory pricing to bully craft beer. Now, faced with steep declines in demand for its own faltering brands, the company has resorted to buying craft brands. That company, of course, is Anheuser-Busch.

Many in Oregon were appalled when they heard Anheuser-Busch had purchased Bend's 10 Barrel Brewing. It was okay to be appalled, but not surprised. Anheuser-Busch has been less about beer and more about logistics and marketing for quite a while. They specialize in supply chain efficiencies and marketing campaigns. Good beer isn't in their DNA, which means they have to go out and buy it. Thus, the deal to purchase 10 Barrel. And before that, Goose Island. There will be others.

There are those who say these buyouts are not a bad thing, that Goose Island and 10 Barrel are going to be just fine under the AB wing. Maybe so. But craft beer in its purest and arguably best form is small, independent and local. I cannot help worry that partnering up with a company whose primary areas of expertise are cost cutting and predatory marketing is perhaps not a good omen for the industry. We shall see.

Onward and Upward
I hesitate to make predictions for the coming year in beer. We will undoubtedly see a continuation of the craziness that has characterized the Oregon beer scene in recent years. That means more breweries, more taprooms, more beer-centric businesses and many more events to support it all. I have no idea where this train is headed, but it's interesting and fun to watch the evolution.

Wherever your journey takes you, be sure to enjoy some good beers along the way.


BTU Brasserie Chinese Food & Brewery Coming to NE Sandy - Recipes

No sooner had the wrapping paper hit the floor on Christmas Day then the best of 2014 lists started piling up. The Oregonian's year in review insert, including John Foyston's Year in Beer column, arrived the day after Christmas. You don't want to let these lists linger. you might get scooped.

It was undoubtedly a crazy year for beer in Portland and Oregon. We saw a number of new breweries, taprooms and beer-centric businesses open their doors. Production and market share continued to grow. The shift away from traditional styles carried on, as did the non-stop blitz of so-called "special events." These are crazy times for craft beer, or whatever you prefer to call it.

Interesting Trend
We've seen a huge number of breweries and beer-centric businesses open during the past few years. The great bulk of those places had local origins. That is now changing with the coming of places like Fat Heads and Yard House, whose corporate origins lie outside Oregon.

Some have described this as a symptom of a maturing industry, and maybe that's what it is. But Oregon's craft beer industry is home grown for the most part and I have had a hard time seeing much value in carpetbaggers who roll into town from out of state and set up shop.

Then I spent some time talking to Josh Grgas at The Commons recent anniversary party. He suggested that perhaps it isn't such a bad idea to have places like Fat Heads and Yard House opening here. Why? Because places that brew or serve good beer are good for the beer culture. they increase competition and put the squeeze on places that don't do a good job with beer.

My guess is we will see more beer-centric businesses, some of them carpetbaggers, opening in Portland. We are the top craft beer market in the country and there is opportunity here for places that do it right. Those that produce or serve marginal beer will either do a better job or close. I suppose that isn't a bad thing, although I fear we will eventually reach a saturation point where it's tough for anyone to make a profit. But never mind.

Best Brewery
The question I get most often is, "What's your favorite brewery?" It isn't an unfair question. But the reality for me is I spend less time in breweries than I once did. I tend to favor taprooms where I can sample a wide range of beers. No offense to breweries, where I have many friends and frienenemies, but taprooms are a better fit for me these days..

When I think about a "best brewery" I look for quality, creativity and variety. Under Ben Edmunds' direction, Breakside Brewing has produced some really nice seasonals and specialty beers (Passionfruit Sour Ale, Salted Caramel Stout and La Tormenta) to go with their terrific standards (Pilsner, IPA, etc.) They poured it on this year, winning GABF medals with both their IPAs.

So Breakside gets my vote for top brewery this year. Opinions will differ.

Best Beer
To be considered as my beer of the year, a beer needs to have wide enough distribution that it can be found in stores and/or pubs. Beers with extremely limited production that aren't generally available to the public aren't considered here. I could cite many examples, but I won't.

My choice as beer of the year is 3-Way IPA, a collaboration between Fort George, Block 15 and Boneyard Beer. The beer combined a burst of hop aroma and flavor with a twinge of bitterness. As many who read this may know, 3-Way IPA is a summer seasonal and annual collaboration organized by Fort George. It's available on draft and in cans June through September.

The demand for this year's version of 3-Way was off-the-hook and there was great disappointment when the supply ran dry. Numbers from Fort George confirm that 2014 3-Way outsold the 2013 version by a wide margin. There will be two new breweries in the mix in 2015. Regardless of who they are, we can only hope the beer is as good as it was in 2014.

Rogue of the Year
I'm borrowing the 'Rogue" theme from Willamette Week。 Some might like it if I fingered WW beer scribe Martin Cizmar for his story on Dean's Scene, which led in a roundabout way to the place being closed for a time. But the issues that resulted in the OLCC effectively shutting down Dean's Scene were the owner's fault, not Cizmar's. So he's out.

My Rogue for 2014 (or any other year) is a company that has refused to consider making good beer. Instead, it has diligently worked to keep craft beer off store shelves and away from tavern and restaurant taps. It has created fake craft brands and used predatory pricing to bully craft beer. Now, faced with steep declines in demand for its own faltering brands, the company has resorted to buying craft brands. That company, of course, is Anheuser-Busch.

Many in Oregon were appalled when they heard Anheuser-Busch had purchased Bend's 10 Barrel Brewing. It was okay to be appalled, but not surprised. Anheuser-Busch has been less about beer and more about logistics and marketing for quite a while. They specialize in supply chain efficiencies and marketing campaigns. Good beer isn't in their DNA, which means they have to go out and buy it. Thus, the deal to purchase 10 Barrel. And before that, Goose Island. There will be others.

There are those who say these buyouts are not a bad thing, that Goose Island and 10 Barrel are going to be just fine under the AB wing. Maybe so. But craft beer in its purest and arguably best form is small, independent and local. I cannot help worry that partnering up with a company whose primary areas of expertise are cost cutting and predatory marketing is perhaps not a good omen for the industry. We shall see.

Onward and Upward
I hesitate to make predictions for the coming year in beer. We will undoubtedly see a continuation of the craziness that has characterized the Oregon beer scene in recent years. That means more breweries, more taprooms, more beer-centric businesses and many more events to support it all. I have no idea where this train is headed, but it's interesting and fun to watch the evolution.

Wherever your journey takes you, be sure to enjoy some good beers along the way.


BTU Brasserie Chinese Food & Brewery Coming to NE Sandy - Recipes

No sooner had the wrapping paper hit the floor on Christmas Day then the best of 2014 lists started piling up. The Oregonian's year in review insert, including John Foyston's Year in Beer column, arrived the day after Christmas. You don't want to let these lists linger. you might get scooped.

It was undoubtedly a crazy year for beer in Portland and Oregon. We saw a number of new breweries, taprooms and beer-centric businesses open their doors. Production and market share continued to grow. The shift away from traditional styles carried on, as did the non-stop blitz of so-called "special events." These are crazy times for craft beer, or whatever you prefer to call it.

Interesting Trend
We've seen a huge number of breweries and beer-centric businesses open during the past few years. The great bulk of those places had local origins. That is now changing with the coming of places like Fat Heads and Yard House, whose corporate origins lie outside Oregon.

Some have described this as a symptom of a maturing industry, and maybe that's what it is. But Oregon's craft beer industry is home grown for the most part and I have had a hard time seeing much value in carpetbaggers who roll into town from out of state and set up shop.

Then I spent some time talking to Josh Grgas at The Commons recent anniversary party. He suggested that perhaps it isn't such a bad idea to have places like Fat Heads and Yard House opening here. Why? Because places that brew or serve good beer are good for the beer culture. they increase competition and put the squeeze on places that don't do a good job with beer.

My guess is we will see more beer-centric businesses, some of them carpetbaggers, opening in Portland. We are the top craft beer market in the country and there is opportunity here for places that do it right. Those that produce or serve marginal beer will either do a better job or close. I suppose that isn't a bad thing, although I fear we will eventually reach a saturation point where it's tough for anyone to make a profit. But never mind.

Best Brewery
The question I get most often is, "What's your favorite brewery?" It isn't an unfair question. But the reality for me is I spend less time in breweries than I once did. I tend to favor taprooms where I can sample a wide range of beers. No offense to breweries, where I have many friends and frienenemies, but taprooms are a better fit for me these days..

When I think about a "best brewery" I look for quality, creativity and variety. Under Ben Edmunds' direction, Breakside Brewing has produced some really nice seasonals and specialty beers (Passionfruit Sour Ale, Salted Caramel Stout and La Tormenta) to go with their terrific standards (Pilsner, IPA, etc.) They poured it on this year, winning GABF medals with both their IPAs.

So Breakside gets my vote for top brewery this year. Opinions will differ.

Best Beer
To be considered as my beer of the year, a beer needs to have wide enough distribution that it can be found in stores and/or pubs. Beers with extremely limited production that aren't generally available to the public aren't considered here. I could cite many examples, but I won't.

My choice as beer of the year is 3-Way IPA, a collaboration between Fort George, Block 15 and Boneyard Beer. The beer combined a burst of hop aroma and flavor with a twinge of bitterness. As many who read this may know, 3-Way IPA is a summer seasonal and annual collaboration organized by Fort George. It's available on draft and in cans June through September.

The demand for this year's version of 3-Way was off-the-hook and there was great disappointment when the supply ran dry. Numbers from Fort George confirm that 2014 3-Way outsold the 2013 version by a wide margin. There will be two new breweries in the mix in 2015. Regardless of who they are, we can only hope the beer is as good as it was in 2014.

Rogue of the Year
I'm borrowing the 'Rogue" theme from Willamette Week。 Some might like it if I fingered WW beer scribe Martin Cizmar for his story on Dean's Scene, which led in a roundabout way to the place being closed for a time. But the issues that resulted in the OLCC effectively shutting down Dean's Scene were the owner's fault, not Cizmar's. So he's out.

My Rogue for 2014 (or any other year) is a company that has refused to consider making good beer. Instead, it has diligently worked to keep craft beer off store shelves and away from tavern and restaurant taps. It has created fake craft brands and used predatory pricing to bully craft beer. Now, faced with steep declines in demand for its own faltering brands, the company has resorted to buying craft brands. That company, of course, is Anheuser-Busch.

Many in Oregon were appalled when they heard Anheuser-Busch had purchased Bend's 10 Barrel Brewing. It was okay to be appalled, but not surprised. Anheuser-Busch has been less about beer and more about logistics and marketing for quite a while. They specialize in supply chain efficiencies and marketing campaigns. Good beer isn't in their DNA, which means they have to go out and buy it. Thus, the deal to purchase 10 Barrel. And before that, Goose Island. There will be others.

There are those who say these buyouts are not a bad thing, that Goose Island and 10 Barrel are going to be just fine under the AB wing. Maybe so. But craft beer in its purest and arguably best form is small, independent and local. I cannot help worry that partnering up with a company whose primary areas of expertise are cost cutting and predatory marketing is perhaps not a good omen for the industry. We shall see.

Onward and Upward
I hesitate to make predictions for the coming year in beer. We will undoubtedly see a continuation of the craziness that has characterized the Oregon beer scene in recent years. That means more breweries, more taprooms, more beer-centric businesses and many more events to support it all. I have no idea where this train is headed, but it's interesting and fun to watch the evolution.

Wherever your journey takes you, be sure to enjoy some good beers along the way.