他の

チップスではなくパンは、アメリカ最大の塩源です

チップスではなくパンは、アメリカ最大の塩源です



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

CDCは、パンとロールパンがナトリウムの最大の供給源であると報告しています

による CDC、アメリカの食事におけるナトリウムの最大の供給源は、ポテトチップスやプレッツェルではありません。むしろ、犯人はパンです。

火曜日に発表されたレポートによると、アメリカ人の90パーセントが推奨よりも多くのナトリウムを食べています。

消費されるナトリウムの44%は、パンとロールパン、コールドカットとデリミート、ピザ、鶏肉、スープ、サンドイッチ、肉料理、チップ、プレッツェル、ポップコーンなど、私たちの食事のほんの一部のアイテムから来ています。

「ポテトチップス、プレッツェル、ポップコーンは、私たちの食生活で最も塩辛い食べ物だと私たちは考えていますが、たった10位です」とCDCのディレクターであるトーマスフリーデン博士は語った。 AP。パンとロールパンは、必ずしも他のすべての食品よりも塩辛いわけではありません。アメリカ人は主食をたくさん食べます。

この研究では、ソイダムの65%が小売店で調理された食品に由来し、約25%がレストランの食品に由来することもわかりました。

Daily Byteは、全国の興味深い食品ニュースやトレンドを取り上げる定期的なコラムです。前の列については、ここをクリックしてください。


ヨーロッパを永遠に変えた7つの新しい世界の食品

クリストファーコロンブスが実際に1492年にアメリカを発見したかどうかについては、多くの議論があります。歴史家は、コロンブスの前に他の探検家がいた可能性があると考えています。彼の発見のための歴史書。彼が実際にアメリカを発見しなかったとしても、スペイン人やヨーロッパ人の探検家がその頃に新世界を発見したと言っても過言ではありません。そして、探検家によって旧世界に持ち帰られたジャガイモ、トマト、バナナ、トウモロコシ、カカオ、ヒマワリ、スカッシュなどの食べ物は、ヨーロッパ、彼らの文化、そして彼らの経済を永遠に変えました。


ヨーロッパを永遠に変えた7つの新しい世界の食品

クリストファーコロンブスが実際に1492年にアメリカを発見したかどうかについては、多くの議論があります。歴史家は、コロンブスの前に他の探検家がいた可能性があると考えています。彼の発見のための歴史書。彼が実際にアメリカを発見しなかったとしても、スペイン人やヨーロッパ人の探検家がその頃に新世界を発見したと言っても過言ではありません。そして、探検家によって旧世界に持ち帰られたジャガイモ、トマト、バナナ、トウモロコシ、カカオ、ヒマワリ、スカッシュなどの食べ物は、ヨーロッパ、彼らの文化、そして彼らの経済を永遠に変えました。


ヨーロッパを永遠に変えた7つの新しい世界の食品

クリストファーコロンブスが実際に1492年にアメリカを発見したかどうかについては、多くの議論があります。歴史家は、コロンブスの前に他の探検家がいた可能性があると考えています。彼の発見のための歴史書。彼が実際にアメリカを発見しなかったとしても、スペイン人やヨーロッパ人の探検家がその頃に新世界を発見したと言っても過言ではありません。そして、探検家によって旧世界に持ち帰られたジャガイモ、トマト、バナナ、トウモロコシ、カカオ、ヒマワリ、スカッシュなどの食べ物は、ヨーロッパ、彼らの文化、そして彼らの経済を永遠に変えました。


ヨーロッパを永遠に変えた7つの新しい世界の食品

クリストファーコロンブスが実際に1492年にアメリカを発見したかどうかについては、多くの議論があります。歴史家は、コロンブスの前に他の探検家がいた可能性があると考えています。彼の発見のための歴史書。彼が実際にアメリカを発見しなかったとしても、スペイン人やヨーロッパ人の探検家がその頃に新世界を発見したと言っても過言ではありません。そして、探検家によって旧世界に持ち帰られたジャガイモ、トマト、バナナ、トウモロコシ、カカオ、ヒマワリ、スカッシュなどの食べ物は、ヨーロッパ、彼らの文化、そして彼らの経済を永遠に変えました。


ヨーロッパを永遠に変えた7つの新しい世界の食品

クリストファーコロンブスが実際に1492年にアメリカを発見したかどうかについては、多くの議論があります。歴史家は、コロンブスの前に他の探検家がいた可能性があると考えています。彼の発見のための歴史書。彼が実際にアメリカを発見しなかったとしても、スペイン人やヨーロッパ人の探検家がその頃に新世界を発見したと言っても過言ではありません。そして、探検家によって旧世界に持ち帰られたジャガイモ、トマト、バナナ、トウモロコシ、カカオ、ヒマワリ、スカッシュなどの食べ物は、ヨーロッパ、彼らの文化、そして彼らの経済を永遠に変えました。


ヨーロッパを永遠に変えた7つの新しい世界の食品

クリストファーコロンブスが実際に1492年にアメリカを発見したかどうかについては、多くの議論があります。歴史家は、コロンブスの前に他の探検家がいた可能性があると考えています。彼の発見のための歴史書。彼が実際にアメリカを発見しなかったとしても、スペイン人やヨーロッパ人の探検家がその頃に新世界を発見したと言っても過言ではありません。そして、探検家によって旧世界に持ち帰られたジャガイモ、トマト、バナナ、トウモロコシ、カカオ、ヒマワリ、スカッシュなどの食べ物は、ヨーロッパ、彼らの文化、そして彼らの経済を永遠に変えました。


ヨーロッパを永遠に変えた7つの新しい世界の食品

クリストファーコロンブスが実際に1492年にアメリカを発見したかどうかについては、多くの議論があります。歴史家は、コロンブスの前に他の探検家がいた可能性があると考えています。彼の発見のための歴史書。彼が実際にアメリカを発見しなかったとしても、スペイン人やヨーロッパ人の探検家がその頃に新世界を発見したと言っても過言ではありません。そして、探検家によって旧世界に持ち帰られたジャガイモ、トマト、バナナ、トウモロコシ、カカオ、ヒマワリ、スカッシュなどの食べ物は、ヨーロッパ、彼らの文化、そして彼らの経済を永遠に変えました。


ヨーロッパを永遠に変えた7つの新しい世界の食品

クリストファーコロンブスが実際に1492年にアメリカを発見したかどうかについては、多くの議論があります。歴史家は、コロンブスの前に他の探検家がいた可能性があると考えています。彼の発見のための歴史書。彼が実際にアメリカを発見しなかったとしても、スペイン人やヨーロッパ人の探検家がその頃に新世界を発見したと言っても過言ではありません。そして、探検家によって旧世界に持ち帰られたジャガイモ、トマト、バナナ、トウモロコシ、カカオ、ヒマワリ、スカッシュなどの食べ物は、ヨーロッパ、彼らの文化、そして彼らの経済を永遠に変えました。


ヨーロッパを永遠に変えた7つの新しい世界の食品

クリストファーコロンブスが実際に1492年にアメリカを発見したかどうかについては、多くの議論があります。歴史家は、コロンブスの前に他の探検家がいた可能性があると考えています。彼の発見のための歴史書。彼が実際にアメリカを発見しなかったとしても、スペイン人やヨーロッパ人の探検家がその頃に新世界を発見したと言っても過言ではありません。そして、探検家によって旧世界に持ち帰られたジャガイモ、トマト、バナナ、トウモロコシ、カカオ、ヒマワリ、スカッシュなどの食べ物は、ヨーロッパ、彼らの文化、そして彼らの経済を永遠に変えました。


ヨーロッパを永遠に変えた7つの新しい世界の食品

クリストファーコロンブスが実際に1492年にアメリカを発見したかどうかについては、多くの議論があります。歴史家は、コロンブスの前に他の探検家がいた可能性があると考えています。彼の発見のための歴史書。彼が実際にアメリカを発見しなかったとしても、スペイン人やヨーロッパ人の探検家がその頃に新世界を発見したと言っても過言ではありません。そして、探検家によって旧世界に持ち帰られたジャガイモ、トマト、バナナ、トウモロコシ、カカオ、ヒマワリ、スカッシュなどの食べ物は、ヨーロッパ、彼らの文化、そして彼らの経済を永遠に変えました。