他の

裁判に行くためのApplebeeのヒントクレジットケース

裁判に行くためのApplebeeのヒントクレジットケース



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

サーバーとバーテンダーに対するアップルビーのチップクレジットポリシーに異議を唱える訴訟は、火曜日の米国最高裁判所が事件を阻止する試みを聞くことを拒否した後、今年後半に裁判にかけられるでしょう。

最高裁判所の動きは、アップルビーのチップクレジット訴訟が9月に裁判に進むことを可能にする下級裁判所の判決をそのまま残します。

賃金と時間の訴訟はもともと2006年に提起され、Applebeeは、従業員が清掃、在庫の取得、テーブルの設置などのチップ作成作業を行わなかった時間でもチップクレジットを適用することで、サーバーとバーテンダーに過小支払を行っていたと主張しました。

声明の中で、アップルビーズは次のように述べています。係争中の訴訟についてはコメントしませんが、下級裁判所でさらに弁護します。」

原告は、チップを生産しない職務に費やされた時間に対して、従業員に最低賃金の全額を支払わなければならないと主張した。彼らは、米国公正労働基準法の労働省の解釈を引用しました。これは、時間の20%以上をチップのない仕事に費やす従業員はチップクレジットを受ける資格がないと主張しています。

ミズーリ州の連邦裁判所は、事件の裁判への進行を許可しましたが、アップルビーは、非チップ生産義務はサービス業務の必要な部分であり、チップクレジットは合計賃金が連邦最低賃金に達する限り、特定の州。

アップルビーの訴訟とは関係のないロサンゼルスのヴァン・ヴレック・ターナー&ザラーの労働弁護士アンソニー・ザラー氏は、この訴訟を審理しないという最高裁判所の判決は、いずれにしても議論のメリットを必ずしも反映していないと述べた。

「彼らが忙しすぎたのかもしれない」と彼は言った。

Applebeeの訴訟の結果は、カリフォルニアを含むチップクレジットが許可されていない州の雇用主にも影響を与えません。

ミズーリ州カンザスシティを拠点とするApplebee’sは、世界中で2,000を超えるレストランを運営またはフランチャイズしています。カジュアルダイニングチェーンは、カリフォルニア州グレンデールを拠点とするDineEquityIncの子会社です。

[email protected]でリサジェニングスに連絡してください。
Twitterで彼女をフォローしてください:@livetodineout


殺害されたブルックリンの少女の元同級生が彼女の死から10年後に起訴される

2006年の父の日、シャネルペトロニクソンというブルックリンの高校生が、ベッドフォードスタイベサント地区のアパートからわずか数ブロックのところにあるアップルビーのレストランで就職の面接に行きました。 16歳のシャネルは熱心な読者であり、まっすぐな学生でした。彼女は二度と戻ってこなかった。

約1日以内に、母親のLucitaPetro-Nixonが彼女の行方不明を報告しました。その3日後、ゴミを取り出した女性が、クラウンハイツ地区のキングストンアベニューにある彼女の建物の外の通りにあるゴミ袋の中に、シャネルの体が絞首刑にされ、部分的に服を着ているのを見つけました。数週間が経つにつれ、情報に対する報酬を提供するポスターがシャネルの近所に点在しましたが、誰も前に出ませんでした。そのため、毎年、ペトロニクソンさんと夫のガービンニクソンは、記念行進でシャネルを称えるために友人や親戚と一緒になりました。

しかし、シャネルが失踪した日からほぼ10年後の水曜日に、当局は大ブレイクを発表しました。男性が彼女の殺人で起訴されました。

検察は、シャネルが失踪した日のインタビューで、シャネルが男ヴェロン・プリムスに会いに行ったと述べ、2人は同じ教会に行った元同級生だったと述べた。警察は長い間プリムス氏(29歳)を「関心のある人物」と見なしていたが、彼らが訴訟を起こすことができたのはここ数ヶ月のことだった。

アップルビーズの外、フルトンアベニューで開催された記者会見で、ブルックリン地区の弁護士ケン・トンプソンは、かつてクラウンハイツに住んでいたプリムス氏が、関係のない誘拐罪でカリブ海のセントビンセント島に拘留されていたと述べた。一人の女性と別の女性を殺害します。彼は、別の女性を暴行し、彼女が彼に対して持っていた保護命令に違反したために刑期を務めた後、昨年ニューヨークから島に強制送還されました。プリムス氏もその事件でレイプで告発されたが、罪を犯していないことが判明した。

ニューヨーク市警の刑事長であるロバート・K・ボイスは記者会見で、第77地区の捜査官が何年もの間プリムス氏に対する証拠を見つけようとしたと述べた。最後に、昨年8月、調査は部門のコールドケースチームに引き渡されました。

その後、4月、ボイス長官は、事件に取り組んでいる刑事は、セントビンセント島の当局から、プリムス氏とシャネルの死を結びつける新たな手がかりと思われる電話を受けたと述べた。チーフボイスもトンプソン氏もその証拠について話し合うことはありませんでした。

画像

しかし先月、ニューヨークのテレビ局WPIXは、プリムス氏がメワナハダウェイのセントビンセント島で誘拐されたとして告発された女性にインタビューしました。ハダウェイ氏は記者団に、プリムス氏が今年3か月間彼女を木造の小屋に閉じ込める前に、シャネルの殺害に関するニュースの切り抜きを見せたと語った。

トンプソン氏の事務所は、州および司法省と協力して、セントビンセント島からプリムス氏を引き渡しています。彼は、それは数週間から数ヶ月かかる複雑なプロセスだと言った。

「今日は家族にとってほろ苦い日です」とペトロニクソンさんはアップルビーズの外で言い、娘のタトゥーがドレスの袖の下に部分的に現れました。 「最後に、トンネルの終わりに小さな光が見えます。」

ペトロニクソン氏が話した後、市の公の擁護者であるレティシアジェームズと、市の会計監査人であるスコットM.ストリンガーがカメラの前に立ち、事件に関する情報を持っている人に前に進むように頼みました。ニューライフタバナクル教会の牧師であるW.タハルカロビンソン牧師もそうしました。

「それはTシャツが言うようです」とロビンソン氏は彼のブレザーの襟を引き戻して提案しました。彼のシャツには、シャネルの写真、警察署のチップラインの番号、「誰かが何かを知っている」というロゴがありました。


殺害されたブルックリンの少女の元同級生が彼女の死から10年後に起訴される

2006年の父の日、シャネルペトロニクソンというブルックリンの高校生が、ベッドフォードスタイベサント地区のアパートからわずか数ブロックのところにあるアップルビーのレストランで就職の面接に行きました。 16歳のシャネルは熱心な読者であり、まっすぐな学生でした。彼女は二度と戻ってこなかった。

約1日以内に、母親のLucitaPetro-Nixonが彼女の行方不明を報告しました。その3日後、ゴミを取り出した女性が、クラウンハイツ地区のキングストンアベニューにある彼女の建物の外の通りにあるゴミ袋の中に、シャネルの体が絞首刑にされ、部分的に服を着ているのを見つけました。数週間が経つにつれ、情報に対する報酬を提供するポスターがシャネルの近所に点在しましたが、誰も前に出ませんでした。そのため、毎年、ペトロニクソンさんと夫のガービンニクソンは、記念行進でシャネルを称えるために友人や親戚と一緒になりました。

しかし、シャネルが失踪した日からほぼ10年後の水曜日に、当局は大ブレイクを発表しました。男性が彼女の殺人で起訴されました。

検察は、シャネルが失踪した日のインタビューで、シャネルが男ヴェロン・プリムスに会いに行ったと述べ、2人は同じ教会に行った元同級生だったと述べた。警察は長い間プリムス氏(29歳)を「関心のある人物」と見なしていたが、彼らが訴訟を起こすことができたのはここ数ヶ月のことだった。

アップルビーズの外、フルトンアベニューで開催された記者会見で、ブルックリン地区の弁護士ケン・トンプソンは、かつてクラウンハイツに住んでいたプリムス氏が、関係のない誘拐罪でカリブ海のセントビンセント島に拘留されていたと述べた。一人の女性と別の女性を殺害します。彼は、別の女性を暴行し、彼女が彼に対して持っていた保護命令に違反したために刑期を務めた後、昨年ニューヨークから島に強制送還されました。プリムス氏もその事件でレイプで告発されたが、その容疑で無罪とされた。

ニューヨーク市警の刑事長であるロバート・K・ボイスは記者会見で、第77地区の捜査官が何年もの間プリムス氏に対する証拠を見つけようとしたと述べた。最後に、昨年8月、調査は部門のコールドケースチームに引き渡されました。

その後、4月、ボイス長官は、事件に取り組んでいる刑事は、セントビンセント島の当局から、プリムス氏とシャネルの死を結びつける新たな手がかりと思われる電話を受けたと述べた。チーフボイスもトンプソン氏もその証拠について話し合うことはありませんでした。

画像

しかし先月、ニューヨークのテレビ局WPIXは、プリムス氏がメワナハダウェイのセントビンセント島で誘拐されたとして告発された女性にインタビューしました。ハダウェイ氏は記者団に、プリムス氏が今年3か月間彼女を木造の小屋に閉じ込める前に、シャネルの殺害に関するニュースの切り抜きを見せたと語った。

トンプソン氏の事務所は、州および司法省と協力して、セントビンセント島からプリムス氏を引き渡しています。彼は、それは数週間から数ヶ月かかる複雑なプロセスだと言った。

「今日は家族にとってほろ苦い日です」とペトロニクソンさんはアップルビーズの外で言い、娘のタトゥーがドレスの袖の下に部分的に現れました。 「最後に、トンネルの終わりに小さな光が見えます。」

ペトロニクソン氏が話した後、市の公の擁護者であるレティシアジェームズと、市の会計監査人であるスコットM.ストリンガーがカメラの前に立ち、事件に関する情報を持っている人に前に進むように頼みました。ニューライフタバナクル教会の牧師であるW.タハルカロビンソン牧師もそうしました。

「それはTシャツが言うようです」とロビンソン氏は彼のブレザーの襟を引き戻して提案しました。彼のシャツには、シャネルの写真、警察署のチップラインの番号、「誰かが何かを知っている」というロゴがありました。


殺害されたブルックリンの少女の元同級生が彼女の死から10年後に起訴される

2006年の父の日、シャネルペトロニクソンというブルックリンの高校生が、ベッドフォードスタイベサント地区のアパートからわずか数ブロックのところにあるアップルビーのレストランで就職の面接に行きました。 16歳のシャネルは熱心な読者であり、まっすぐな学生でした。彼女は二度と戻ってこなかった。

約1日以内に、母親のLucitaPetro-Nixonが彼女の行方不明を報告しました。その3日後、ゴミを取り出した女性が、クラウンハイツ地区のキングストンアベニューにある彼女の建物の外の通りにあるゴミ袋の中に、シャネルの体が絞首刑にされ、部分的に服を着ているのを見つけました。数週間が経つにつれ、情報に対する報酬を提供するポスターがシャネルの近所に点在しましたが、誰も前に出ませんでした。そのため、毎年、ペトロニクソンさんと夫のガービンニクソンは、記念行進でシャネルを称えるために友人や親戚と一緒になりました。

しかし、シャネルが失踪した日からほぼ10年後の水曜日に、当局は大ブレイクを発表しました。男性が彼女の殺人で起訴されました。

検察は、シャネルが失踪した日のインタビューで、シャネルが男ヴェロン・プリムスに会いに行ったと述べ、2人は同じ教会に行った元同級生だったと述べた。警察は長い間プリムス氏(29歳)を「関心のある人物」と見なしていたが、彼らが訴訟を起こすことができたのはここ数ヶ月のことだった。

アップルビーズの外、フルトンアベニューで開催された記者会見で、ブルックリン地区の弁護士ケン・トンプソンは、かつてクラウンハイツに住んでいたプリムス氏が、関係のない誘拐罪でカリブ海のセントビンセント島に拘留されていたと述べた。一人の女性と別の女性を殺害します。彼は、別の女性を暴行し、彼女が彼に対して持っていた保護命令に違反したために刑期を務めた後、昨年ニューヨークから島に強制送還されました。プリムス氏もその事件でレイプで告発されたが、その容疑で無罪とされた。

ニューヨーク市警の刑事長であるロバート・K・ボイスは記者会見で、第77地区の捜査官が何年もの間プリムス氏に対する証拠を見つけようとしたと述べた。最後に、昨年8月、調査は部門のコールドケースチームに引き渡されました。

その後、4月、ボイス長官は、事件に取り組んでいる刑事は、セントビンセント島の当局から、プリムス氏とシャネルの死を結びつける新たな手がかりと思われる電話を受けたと述べた。チーフボイスもトンプソン氏もその証拠について話し合うことはありませんでした。

画像

しかし先月、ニューヨークのテレビ局WPIXは、プリムス氏がメワナハダウェイのセントビンセント島で誘拐されたとして告発された女性にインタビューしました。ハダウェイ氏は記者団に、プリムス氏が今年3か月間彼女を木造の小屋に閉じ込める前に、シャネルの殺害に関するニュースの切り抜きを見せたと語った。

トンプソン氏の事務所は、州および司法省と協力して、セントビンセント島からプリムス氏を引き渡しています。彼は、それは数週間から数ヶ月かかる複雑なプロセスだと言った。

「今日は家族にとってほろ苦い日です」とペトロニクソンさんはアップルビーズの外で言い、娘のタトゥーがドレスの袖の下に部分的に現れました。 「最後に、トンネルの終わりに小さな光が見えます。」

ペトロニクソン氏が話した後、市の公の擁護者であるレティシアジェームズと、市の会計監査人であるスコットM.ストリンガーがカメラの前に立ち、事件に関する情報を持っている人に前に進むように頼みました。ニューライフタバナクル教会の牧師であるW.タハルカロビンソン牧師もそうしました。

「それはTシャツが言うようです」とロビンソン氏は彼のブレザーの襟を引き戻して提案しました。彼のシャツには、シャネルの写真、警察署のチップラインの番号、「誰かが何かを知っている」というロゴがありました。


殺害されたブルックリンの少女の元同級生が彼女の死から10年後に起訴される

2006年の父の日、シャネルペトロニクソンというブルックリンの高校生が、ベッドフォードスタイベサント地区のアパートからわずか数ブロックのところにあるアップルビーのレストランで就職の面接に行きました。 16歳のシャネルは熱心な読者であり、まっすぐな学生でした。彼女は二度と戻ってこなかった。

約1日以内に、母親のLucitaPetro-Nixonが彼女の行方不明を報告しました。その3日後、ゴミを取り出した女性が、クラウンハイツ地区のキングストンアベニューにある彼女の建物の外の通りにあるゴミ袋の中に、シャネルの体が絞首刑にされ、部分的に服を着ているのを見つけました。数週間が経つにつれ、情報に対する報酬を提供するポスターがシャネルの近所に点在しましたが、誰も前に出ませんでした。そのため、毎年、ペトロニクソンさんと夫のガービンニクソンは、記念行進でシャネルを称えるために友人や親戚と一緒になりました。

しかし、シャネルが失踪した日からほぼ10年後の水曜日に、当局は大ブレイクを発表しました。男性が彼女の殺人で起訴されました。

検察は、シャネルが失踪した日のインタビューで、シャネルが男ヴェロン・プリムスに会いに行ったと述べ、2人は同じ教会に行った元同級生だったと述べた。警察は長い間プリムス氏(29歳)を「関心のある人物」と見なしていたが、彼らが訴訟を起こすことができたのはここ数ヶ月のことだった。

アップルビーズの外、フルトンアベニューで開催された記者会見で、ブルックリン地区の弁護士ケン・トンプソンは、かつてクラウンハイツに住んでいたプリムス氏が、関係のない誘拐罪でカリブ海のセントビンセント島に拘留されていたと述べた。一人の女性と別の女性を殺害します。彼は、別の女性を暴行し、彼女が彼に対して持っていた保護命令に違反したために刑期を務めた後、昨年ニューヨークから島に強制送還されました。プリムス氏もその事件でレイプで告発されたが、その容疑で無罪とされた。

ニューヨーク市警の刑事長であるロバート・K・ボイスは記者会見で、第77地区の捜査官が何年もの間プリムス氏に対する証拠を見つけようとしたと述べた。最後に、昨年8月、調査は部門のコールドケースチームに引き渡されました。

その後、4月、ボイス長官は、事件に取り組んでいる刑事は、セントビンセント島の当局から、プリムス氏とシャネルの死を結びつける新たな手がかりと思われる電話を受けたと述べた。チーフボイスもトンプソン氏もその証拠について話し合うことはありませんでした。

画像

しかし先月、ニューヨークのテレビ局WPIXは、プリムス氏がメワナハダウェイのセントビンセント島で誘拐されたとして告発された女性にインタビューしました。ハダウェイ氏は記者団に、プリムス氏が今年3か月間彼女を木造の小屋に閉じ込める前に、シャネルの殺害に関するニュースの切り抜きを見せたと語った。

トンプソン氏の事務所は、州および司法省と協力して、セントビンセント島からプリムス氏を引き渡しています。彼は、それは数週間から数ヶ月かかる複雑なプロセスだと言った。

「今日は家族にとってほろ苦い日です」とペトロニクソンさんはアップルビーズの外で言い、娘のタトゥーがドレスの袖の下に部分的に現れました。 「最後に、トンネルの終わりに小さな光が見えます。」

ペトロニクソン氏が話した後、市の公の擁護者であるレティシアジェームズと、市の会計監査人であるスコットM.ストリンガーがカメラの前に立ち、事件に関する情報を持っている人に前に進むように頼みました。ニューライフタバナクル教会の牧師であるW.タハルカロビンソン牧師もそうしました。

「それはTシャツが言うようです」とロビンソン氏は彼のブレザーの襟を引き戻して提案しました。彼のシャツには、シャネルの写真、警察署のチップラインの番号、「誰かが何かを知っている」というロゴがありました。


殺害されたブルックリンの少女の元同級生が彼女の死から10年後に起訴される

2006年の父の日、シャネルペトロニクソンというブルックリンの高校生が、ベッドフォードスタイベサント地区のアパートからわずか数ブロックのところにあるアップルビーのレストランで就職の面接に行きました。 16歳のシャネルは熱心な読者であり、まっすぐな学生でした。彼女は二度と戻ってこなかった。

約1日以内に、母親のLucitaPetro-Nixonが彼女の行方不明を報告しました。その3日後、ゴミを取り出した女性が、クラウンハイツ地区のキングストンアベニューにある彼女の建物の外の通りにあるゴミ袋の中に、シャネルの体が絞首刑にされ、部分的に服を着ているのを見つけました。数週間が経つにつれ、情報に対する報酬を提供するポスターがシャネルの近所に点在しましたが、誰も前に出ませんでした。そのため、毎年、ペトロニクソンさんと夫のガービンニクソンは、記念行進でシャネルを称えるために友人や親戚と一緒になりました。

しかし、シャネルが失踪した日からほぼ10年後の水曜日に、当局は大ブレイクを発表しました。男性が彼女の殺人で起訴されました。

検察は、シャネルが失踪した日のインタビューで、シャネルが男ヴェロン・プリムスに会いに行ったと述べ、2人は同じ教会に行った元同級生だったと述べた。警察は長い間プリムス氏(29歳)を「関心のある人物」と見なしていたが、彼らが訴訟を起こすことができたのはここ数ヶ月のことだった。

アップルビーズの外、フルトンアベニューで開催された記者会見で、ブルックリン地区の弁護士ケン・トンプソンは、かつてクラウンハイツに住んでいたプリムス氏が、関係のない誘拐罪でカリブ海のセントビンセント島に拘留されていたと述べた。一人の女性と別の女性を殺害します。彼は、別の女性を暴行し、彼女が彼に対して持っていた保護命令に違反したために刑期を務めた後、昨年ニューヨークから島に強制送還されました。プリムス氏もその事件でレイプで告発されたが、罪を犯していないことが判明した。

ニューヨーク市警の刑事長であるロバート・K・ボイスは記者会見で、第77地区の捜査官が何年もの間プリムス氏に対する証拠を見つけようとしたと述べた。最後に、昨年8月、調査は部門のコールドケースチームに引き渡されました。

その後、4月、ボイス長官は、事件に取り組んでいる刑事は、セントビンセント島の当局から、プリムス氏とシャネルの死を結びつける新たな手がかりと思われる電話を受けたと述べた。チーフボイスもトンプソン氏もその証拠について話し合うことはありませんでした。

画像

しかし先月、ニューヨークのテレビ局WPIXは、プリムス氏がメワナハダウェイのセントビンセント島で誘拐されたとして告発された女性にインタビューしました。ハダウェイ氏は記者団に、プリムス氏が今年3か月間彼女を木造の小屋に閉じ込める前に、シャネルの殺害に関するニュースの切り抜きを見せたと語った。

トンプソン氏の事務所は、州および司法省と協力して、セントビンセント島からプリムス氏を引き渡しています。彼は、それは数週間から数ヶ月かかる複雑なプロセスだと言った。

「今日は家族にとってほろ苦い日です」とペトロニクソンさんはアップルビーズの外で言い、娘のタトゥーがドレスの袖の下に部分的に現れました。 「最後に、トンネルの終わりに小さな光が見えます。」

ペトロニクソン氏が話した後、市の公の擁護者であるレティシアジェームズと、市の会計監査人であるスコットM.ストリンガーがカメラの前に立ち、事件に関する情報を持っている人に前に進むように頼みました。ニューライフタバナクル教会の牧師であるW.タハルカロビンソン牧師もそうしました。

「それはTシャツが言うようです」とロビンソン氏は彼のブレザーの襟を引き戻して提案しました。彼のシャツには、シャネルの写真、警察署のチップラインの番号、「誰かが何かを知っている」というロゴがありました。


殺害されたブルックリンの少女の元同級生が彼女の死から10年後に起訴される

2006年の父の日、シャネルペトロニクソンというブルックリンの高校生が、ベッドフォードスタイベサント地区のアパートからわずか数ブロックのところにあるアップルビーのレストランで就職の面接に行きました。 16歳のシャネルは熱心な読者であり、まっすぐな学生でした。彼女は二度と戻ってこなかった。

約1日以内に、母親のLucitaPetro-Nixonが彼女の行方不明を報告しました。その3日後、ゴミを取り出した女性が、クラウンハイツ地区のキングストンアベニューにある彼女の建物の外の通りにあるゴミ袋の中に、シャネルの体が絞首刑にされ、部分的に服を着ているのを見つけました。数週間が経つにつれ、情報に対する報酬を提供するポスターがシャネルの近所に点在しましたが、誰も前に出ませんでした。そのため、毎年、ペトロニクソンさんと夫のガービンニクソンは、記念行進でシャネルを称えるために友人や親戚と一緒になりました。

しかし、シャネルが失踪した日からほぼ10年後の水曜日に、当局は大ブレイクを発表しました。男性が彼女の殺人で起訴されました。

検察は、シャネルが失踪した日のインタビューで、シャネルが男ヴェロン・プリムスに会いに行ったと述べ、2人は同じ教会に行った元同級生だったと述べた。警察は長い間プリムス氏(29歳)を「関心のある人物」と見なしていたが、彼らが訴訟を起こすことができたのはここ数ヶ月のことだった。

アップルビーズの外、フルトンアベニューで開催された記者会見で、ブルックリン地区の弁護士ケン・トンプソンは、かつてクラウンハイツに住んでいたプリムス氏が、関係のない誘拐罪でカリブ海のセントビンセント島に拘留されていたと述べた。一人の女性と別の女性を殺害します。彼は、別の女性を暴行し、彼女が彼に対して持っていた保護命令に違反したために刑期を務めた後、昨年ニューヨークから島に強制送還されました。プリムス氏もその事件でレイプで告発されたが、罪を犯していないことが判明した。

ニューヨーク市警の刑事長であるロバート・K・ボイスは記者会見で、第77地区の捜査官が何年もの間プリムス氏に対する証拠を見つけようとしたと述べた。最後に、昨年8月、調査は部門のコールドケースチームに引き渡されました。

その後、4月、ボイス長官は、事件に取り組んでいる刑事は、セントビンセント島の当局から、プリムス氏とシャネルの死を結びつける新たな手がかりと思われる電話を受けたと述べた。チーフボイスもトンプソン氏もその証拠について話し合うことはありませんでした。

画像

しかし先月、ニューヨークのテレビ局WPIXは、プリムス氏がメワナハダウェイのセントビンセント島で誘拐されたとして告発された女性にインタビューしました。ハダウェイ氏は記者団に、プリムス氏が今年3か月間彼女を木造の小屋に閉じ込める前に、シャネルの殺害に関するニュースの切り抜きを見せたと語った。

トンプソン氏の事務所は、州および司法省と協力して、セントビンセント島からプリムス氏を引き渡しています。彼は、それは数週間から数ヶ月かかる複雑なプロセスだと言った。

「今日は家族にとってほろ苦い日です」とペトロニクソンさんはアップルビーズの外で言い、娘のタトゥーがドレスの袖の下に部分的に現れました。 「最後に、トンネルの終わりに小さな光が見えます。」

ペトロニクソン氏が話した後、市の公の擁護者であるレティシアジェームズと、市の会計監査人であるスコットM.ストリンガーがカメラの前に立ち、事件に関する情報を持っている人に前に進むように頼みました。ニューライフタバナクル教会の牧師であるW.タハルカロビンソン牧師もそうしました。

「それはTシャツが言うようです」とロビンソン氏は彼のブレザーの襟を引き戻して提案しました。彼のシャツには、シャネルの写真、警察署のチップラインの番号、「誰かが何かを知っている」というロゴがありました。


殺害されたブルックリンの少女の元同級生が彼女の死から10年後に起訴される

2006年の父の日、シャネルペトロニクソンというブルックリンの高校生が、ベッドフォードスタイベサント地区のアパートからわずか数ブロックのところにあるアップルビーのレストランで就職の面接に行きました。 16歳のシャネルは熱心な読者であり、まっすぐな学生でした。彼女は二度と戻ってこなかった。

約1日以内に、母親のLucitaPetro-Nixonが彼女の行方不明を報告しました。その3日後、ゴミを取り出した女性が、クラウンハイツ地区のキングストンアベニューにある彼女の建物の外の通りにあるゴミ袋の中に、シャネルの体が絞首刑にされ、部分的に服を着ているのを見つけました。数週間が経つにつれ、情報に対する報酬を提供するポスターがシャネルの近所に点在しましたが、誰も前に出ませんでした。そのため、毎年、ペトロニクソンさんと夫のガービンニクソンは、記念行進でシャネルを称えるために友人や親戚と一緒になりました。

しかし、シャネルが失踪した日からほぼ10年後の水曜日に、当局は大ブレイクを発表しました。男性が彼女の殺人で起訴されました。

検察は、シャネルが失踪した日のインタビューで、シャネルが男ヴェロン・プリムスに会いに行ったと述べ、2人は同じ教会に行った元同級生だったと述べた。警察は長い間プリムス氏(29歳)を「関心のある人物」と見なしていたが、彼らが訴訟を起こすことができたのはここ数ヶ月のことだった。

アップルビーズの外、フルトンアベニューで開催された記者会見で、ブルックリン地区の弁護士ケン・トンプソンは、かつてクラウンハイツに住んでいたプリムス氏が、関係のない誘拐罪でカリブ海のセントビンセント島に拘留されていたと述べた。一人の女性と別の女性を殺害します。彼は、別の女性を暴行し、彼女が彼に対して持っていた保護命令に違反したために刑期を務めた後、昨年ニューヨークから島に強制送還されました。プリムス氏もその事件でレイプで告発されたが、罪を犯していないことが判明した。

ニューヨーク市警の刑事長であるロバート・K・ボイスは記者会見で、第77地区の捜査官が何年もの間プリムス氏に対する証拠を見つけようとしたと述べた。最後に、昨年8月、調査は部門のコールドケースチームに引き渡されました。

その後、4月、ボイス長官は、事件に取り組んでいる刑事は、セントビンセント島の当局から、プリムス氏とシャネルの死を結びつける新たな手がかりと思われる電話を受けたと述べた。チーフボイスもトンプソン氏もその証拠について話し合うことはありませんでした。

画像

しかし先月、ニューヨークのテレビ局WPIXは、プリムス氏がメワナハダウェイのセントビンセント島で誘拐されたとして告発された女性にインタビューしました。ハダウェイ氏は記者団に、プリムス氏が今年3か月間彼女を木造の小屋に閉じ込める前に、シャネルの殺害に関するニュースの切り抜きを見せたと語った。

トンプソン氏の事務所は、州および司法省と協力して、セントビンセント島からプリムス氏を引き渡しています。彼は、それは数週間から数ヶ月かかる複雑なプロセスだと言った。

「今日は家族にとってほろ苦い日です」とペトロニクソンさんはアップルビーズの外で言い、娘のタトゥーがドレスの袖の下に部分的に現れました。 「最後に、トンネルの終わりに小さな光が見えます。」

ペトロニクソン氏が話した後、市の公の擁護者であるレティシアジェームズと、市の会計監査人であるスコットM.ストリンガーがカメラの前に立ち、事件に関する情報を持っている人に前に進むように頼みました。ニューライフタバナクル教会の牧師であるW.タハルカロビンソン牧師もそうしました。

「それはTシャツが言うようです」とロビンソン氏は彼のブレザーの襟を引き戻して提案しました。彼のシャツには、シャネルの写真、警察署のチップラインの番号、「誰かが何かを知っている」というロゴがありました。


殺害されたブルックリンの少女の元同級生が彼女の死から10年後に起訴される

2006年の父の日、シャネルペトロニクソンというブルックリンの高校生が、ベッドフォードスタイベサント地区のアパートからわずか数ブロックのところにあるアップルビーのレストランで就職の面接に行きました。 16歳のシャネルは熱心な読者であり、まっすぐな学生でした。彼女は二度と戻ってこなかった。

約1日以内に、母親のLucitaPetro-Nixonが彼女の行方不明を報告しました。その3日後、ゴミを取り出した女性が、クラウンハイツ地区のキングストンアベニューにある彼女の建物の外の通りにあるゴミ袋の中に、シャネルの体が絞首刑にされ、部分的に服を着ているのを見つけました。数週間が経つにつれ、情報に対する報酬を提供するポスターがシャネルの近所に点在しましたが、誰も前に出ませんでした。そのため、毎年、ペトロニクソンさんと夫のガービンニクソンは、記念行進でシャネルを称えるために友人や親戚と一緒になりました。

しかし、シャネルが失踪した日からほぼ10年後の水曜日に、当局は大ブレイクを発表しました。男性が彼女の殺人で起訴されました。

検察は、シャネルが失踪した日のインタビューで、シャネルが男ヴェロン・プリムスに会いに行ったと述べ、2人は同じ教会に行った元同級生だったと述べた。警察は長い間プリムス氏(29歳)を「関心のある人物」と見なしていたが、彼らが訴訟を起こすことができたのはここ数ヶ月のことだった。

アップルビーズの外、フルトンアベニューで開催された記者会見で、ブルックリン地区の弁護士ケン・トンプソンは、かつてクラウンハイツに住んでいたプリムス氏が、関係のない誘拐罪でカリブ海のセントビンセント島に拘留されていたと述べた。一人の女性と別の女性を殺害します。彼は、別の女性を暴行し、彼女が彼に対して持っていた保護命令に違反したために刑期を務めた後、昨年ニューヨークから島に強制送還されました。プリムス氏もその事件でレイプで告発されたが、その容疑で無罪とされた。

ニューヨーク市警の刑事長であるロバート・K・ボイスは記者会見で、第77地区の捜査官が何年もの間プリムス氏に対する証拠を見つけようとしたと述べた。最後に、昨年8月、調査は部門のコールドケースチームに引き渡されました。

Then, in April, Chief Boyce said, detectives working on the case received a call from the authorities in St. Vincent with what seemed to be a fresh lead connecting Mr. Primus to Chanel’s death. Neither Chief Boyce nor Mr. Thompson would discuss that evidence.

画像

But last month, the New York television station WPIX interviewed the woman Mr. Primus is accused of kidnapping in St. Vincent, Mewanah Hadaway. Ms. Hadaway told a reporter that before Mr. Primus locked her in a wooden shed for three months this year, he showed her a news clipping on Chanel’s murder.

Mr. Thompson’s office is working with the State and Justice Departments to extradite Mr. Primus from St. Vincent. He said it was a complicated process that could take weeks or months.

“It is a bittersweet day today for the family,” Ms. Petro-Nixon said outside the Applebee’s, with a tattoo of her daughter partially revealed under a sleeve of her dress. “Finally, we can see a little light at the end of the tunnel.”

After Ms. Petro-Nixon spoke, Letitia James, the city’s public advocate, and Scott M. Stringer, the city comptroller, stood in front of the cameras, asking anyone with information on the case to come forward. So did the Rev. W. Taharka Robinson, the pastor of the New Life Tabernacle Church.

“It’s like the T-shirt says,” Mr. Robinson suggested, pulling back the lapels of his blazer. On his shirt was a photo of Chanel, a number for the Police Department’s tip line and a logo reading: “Somebody knows something.”


Ex-Classmate of Murdered Brooklyn Girl Is Indicted 10 Years After Her Death

On Father’s Day in 2006, a Brooklyn high school student named Chanel Petro-Nixon went for a job interview at an Applebee’s restaurant just blocks from her apartment in the Bedford-Stuyvesant neighborhood. Chanel, 16, was an avid reader and a straight-A student. She never came back.

Within about a day, her mother, Lucita Petro-Nixon, reported her missing. Three days after that, a woman taking out the trash found Chanel’s body, strangled and partly clothed, in a garbage bag on the street outside her building on Kingston Avenue in the Crown Heights neighborhood. As the weeks went by, posters offering a reward for information dotted Chanel’s neighborhood, but nobody came forward. So every year after, Ms. Petro-Nixon and her husband, Garvin Nixon, have joined with friends and relatives to honor Chanel at a memorial march.

But on Wednesday, nearly 10 years to the day that Chanel disappeared, the authorities announced a major break: A man had been indicted in her murder.

Prosecutors said that Chanel had gone to meet the man, Veron Primus, at her interview on the day she vanished and that the two were former classmates who went to the same church. While the police had long considered Mr. Primus, 29, “a person of interest,” it was only in the last few months that they were able to make a case.

At a news conference held outside the Applebee’s, on Fulton Avenue, Ken Thompson, the Brooklyn district attorney, said that Mr. Primus, who once lived in Crown Heights, was in custody on the Caribbean island of St. Vincent on unrelated charges of kidnapping one woman and murdering another. He was deported to the island from New York last year after serving a prison term for assaulting a different woman and violating a protective order she had against him. Mr. Primus was also accused of rape in that case but was found not guilty of the charge.

Robert K. Boyce, the chief of detectives for the New York Police Department, said at the news conference that investigators from the 77th Precinct tried to find evidence against Mr. Primus for years. Finally, last August, the investigation was handed over to the department’s Cold Case Squad.

Then, in April, Chief Boyce said, detectives working on the case received a call from the authorities in St. Vincent with what seemed to be a fresh lead connecting Mr. Primus to Chanel’s death. Neither Chief Boyce nor Mr. Thompson would discuss that evidence.

画像

But last month, the New York television station WPIX interviewed the woman Mr. Primus is accused of kidnapping in St. Vincent, Mewanah Hadaway. Ms. Hadaway told a reporter that before Mr. Primus locked her in a wooden shed for three months this year, he showed her a news clipping on Chanel’s murder.

Mr. Thompson’s office is working with the State and Justice Departments to extradite Mr. Primus from St. Vincent. He said it was a complicated process that could take weeks or months.

“It is a bittersweet day today for the family,” Ms. Petro-Nixon said outside the Applebee’s, with a tattoo of her daughter partially revealed under a sleeve of her dress. “Finally, we can see a little light at the end of the tunnel.”

After Ms. Petro-Nixon spoke, Letitia James, the city’s public advocate, and Scott M. Stringer, the city comptroller, stood in front of the cameras, asking anyone with information on the case to come forward. So did the Rev. W. Taharka Robinson, the pastor of the New Life Tabernacle Church.

“It’s like the T-shirt says,” Mr. Robinson suggested, pulling back the lapels of his blazer. On his shirt was a photo of Chanel, a number for the Police Department’s tip line and a logo reading: “Somebody knows something.”


Ex-Classmate of Murdered Brooklyn Girl Is Indicted 10 Years After Her Death

On Father’s Day in 2006, a Brooklyn high school student named Chanel Petro-Nixon went for a job interview at an Applebee’s restaurant just blocks from her apartment in the Bedford-Stuyvesant neighborhood. Chanel, 16, was an avid reader and a straight-A student. She never came back.

Within about a day, her mother, Lucita Petro-Nixon, reported her missing. Three days after that, a woman taking out the trash found Chanel’s body, strangled and partly clothed, in a garbage bag on the street outside her building on Kingston Avenue in the Crown Heights neighborhood. As the weeks went by, posters offering a reward for information dotted Chanel’s neighborhood, but nobody came forward. So every year after, Ms. Petro-Nixon and her husband, Garvin Nixon, have joined with friends and relatives to honor Chanel at a memorial march.

But on Wednesday, nearly 10 years to the day that Chanel disappeared, the authorities announced a major break: A man had been indicted in her murder.

Prosecutors said that Chanel had gone to meet the man, Veron Primus, at her interview on the day she vanished and that the two were former classmates who went to the same church. While the police had long considered Mr. Primus, 29, “a person of interest,” it was only in the last few months that they were able to make a case.

At a news conference held outside the Applebee’s, on Fulton Avenue, Ken Thompson, the Brooklyn district attorney, said that Mr. Primus, who once lived in Crown Heights, was in custody on the Caribbean island of St. Vincent on unrelated charges of kidnapping one woman and murdering another. He was deported to the island from New York last year after serving a prison term for assaulting a different woman and violating a protective order she had against him. Mr. Primus was also accused of rape in that case but was found not guilty of the charge.

Robert K. Boyce, the chief of detectives for the New York Police Department, said at the news conference that investigators from the 77th Precinct tried to find evidence against Mr. Primus for years. Finally, last August, the investigation was handed over to the department’s Cold Case Squad.

Then, in April, Chief Boyce said, detectives working on the case received a call from the authorities in St. Vincent with what seemed to be a fresh lead connecting Mr. Primus to Chanel’s death. Neither Chief Boyce nor Mr. Thompson would discuss that evidence.

画像

But last month, the New York television station WPIX interviewed the woman Mr. Primus is accused of kidnapping in St. Vincent, Mewanah Hadaway. Ms. Hadaway told a reporter that before Mr. Primus locked her in a wooden shed for three months this year, he showed her a news clipping on Chanel’s murder.

Mr. Thompson’s office is working with the State and Justice Departments to extradite Mr. Primus from St. Vincent. He said it was a complicated process that could take weeks or months.

“It is a bittersweet day today for the family,” Ms. Petro-Nixon said outside the Applebee’s, with a tattoo of her daughter partially revealed under a sleeve of her dress. “Finally, we can see a little light at the end of the tunnel.”

After Ms. Petro-Nixon spoke, Letitia James, the city’s public advocate, and Scott M. Stringer, the city comptroller, stood in front of the cameras, asking anyone with information on the case to come forward. So did the Rev. W. Taharka Robinson, the pastor of the New Life Tabernacle Church.

“It’s like the T-shirt says,” Mr. Robinson suggested, pulling back the lapels of his blazer. On his shirt was a photo of Chanel, a number for the Police Department’s tip line and a logo reading: “Somebody knows something.”