他の

ガールスカウトのクッキーからGMOを入手するための請願書が口コミで広まる

ガールスカウトのクッキーからGMOを入手するための請願書が口コミで広まる


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

Change.orgの請願書には、ガールスカウトに公式の変更を求める人がたくさんいますが、それは可能ですか?

先週、早熟なガールスカウトはガールスカウトに制作を依頼する請願を開始しました GMOフリーのクッキー、そして請願書が勢いを増すのにしばらく時間がかかりましたが、今では5,500以上の署名があります。

しかし、ガールスカウトのクッキーのパーム油に対する運動と同じように、請願が実際に効果的であるかどうかは不明です。

すでにガールスカウトのウェブサイトで、GMOに関する組織の方針が明確に設定されています。「私たちのパン屋は、市場に関連するさまざまな要因に基づいて、ガールスカウトのクッキーに遺伝子組み換え農作物(GMO)を使用するかどうかを決定します」と声明は述べています。 「砂糖など、米国でGMOとして最も目立つように入手できる従来の成分がいくつかあります。」

声明によると、ガールスカウトは「GMO成分を含むガールスカウトクッキーのすべての成分の安全性に自信を持っています。現在市販されている成分には安全性の懸念がないという世界的な科学的支持があることに注意することが重要です。市場に出回っている遺伝子組み換え農作物(GMO)。」

ガールスカウトの代表者は、GMOのクッキーを取り除くための公式の変更についての公の議論はなかったと言っています。 2007年に、2人のガールスカウトが、熱帯雨林とオランウータンの個体数に対する成分の悪影響に注目した後、パーム油のガールスカウトクッキーを取り除くために働きましたが、ガールスカウトが パーム油を持続可能なパーム油に交換します。


これはガールスカウトのクッキーマネーが実際に行くところです

2016年のオスカーでは、ホストのクリスロックが娘のガールスカウト部隊に賞の期間中にクッキーを販売するよう招待したときに大ヒットしました。その結果、65,000ドル以上のクッキーが販売されました(ABC経由)。同じ年、彼らはジミー・キンメルとのゲストセグメントの間に有名シェフのゴードンラムゼイによって有名に解散されました(経由 USAトゥデイ)—そして、その後人々が外に出て、それに逆らうためにさらにクッキーを購入したとしても、私たちは驚かないでしょう。 ヘルズ・キッチン 結果として上司。

ガールスカウトのクッキーはアメリカの食の伝承の機関であり、誇大宣伝、有名人の支持、そして季節のおやつを手に入れるための私たち自身の運転の必要性の間で、ガールスカウトが何を意味するのかをわざわざ調べないことは許されるかもしれません彼らは彼らのクッキーが正当な理由で売られていることを私たちに思い出させます。


ガールスカウトが*本当に*これらすべてのクッキーの売り上げを稼いでいるのは次のとおりです

あなたのことはわかりませんが、ガールスカウトのクッキーの存在が私の人生の風景に点在しています。私自身はガールスカウトではありませんでしたが、それでも、凍ったシンミントの栄光への30年間の激しい取り組みを止められませんでした。そして、私は一人ではないことを知っています。ガールスカウトのクッキーシーズンは、ほとんどの赤血のアメリカ人にとって歓迎すべき光景です。しかし、ほとんどのアメリカ人のように、私は実際には組織についてほとんど知りません、そして突然 質問があります。なぜこれが主要な募金活動なのですか?ガールスカウトはクッキーからいくら稼ぎますか?そして、彼らはそのお金で何をしますか?私はそれを見つけるために少し調査をしました。

ガールスカウトのクッキーの販売は、組織自体の設立からわずか5年後の1917年に始まったと公式ウェブサイトは述べています。当時、クッキーは女の子とその母親が自分の家庭の台所で手作りし、高校の食堂で販売していたので、募金活動は過去100年で独自の生活を送ってきたのは明らかです。しかし、努力が少し個人的でなくなったとしても、結果は指数関数的により儲かる。ある年に、ガールスカウトのクッキーの売り上げは全国で7億ドル以上に上ります。

しかし、その合計のいくらがそれを獲得した地元の軍隊に行きますか?驚くべき答えはです。まあ、それのすべて。公式ウェブサイトによると、ガールスカウトのクッキーの売り上げからの純収入の100%は、女の子のための素晴らしい体験と影響力のある女の子主導のコミュニティプロジェクトを推進するために、元の評議会と軍隊によって保持されています。各評議会は、クッキーのコスト、現地の小売価格、および参加している軍隊と共有される金額に応じて、独自の収益構造を決定します。」

個々のガールスカウトはクッキーの販売でお金を稼いでいますか?はい、いいえ、ベテランのガールスカウトの母親でリーダーのカムボウマンは言います。 「女の子は通常、販売したい箱の数の目標を設定します」と彼女はロンパースに、「販売のために提供された「報酬」に基づいて」と言います。たとえば、私の娘は自分でコンバースのテニスシューズを作る機会が欲しいと思っています。このチャンスを得るために、彼女は525箱のクッキーを販売する必要があります。」

ガールスカウトは、個々の金銭以外の報酬に加えて、軍隊としての労働の成果も享受しています。元ガールスカウトでキャンプカウンセラーのアシュリー-ビクトリアスミス、デスカルゾショーの創設者は、次のように説明しています。彼女はロンパースに、「私の軍隊はワシントンDCのスミソニアン博物館に1年間行きたいと思っていました。クッキーを売ることで、博物館のツアー、バス、ホテルの旅全体に資金を提供することができました。」少しの小麦粉と砂糖で悪くありません。

もちろん、すべてのガールスカウト部隊がスミソニアンへの遠足をしているわけではありません。 「人生のあらゆるものと同じように」とボーマンは言います。「これは、軍隊がどのように管理され、各女の子が販売にどれだけ貢献するかであり、ガールスカウトがクッキーシーズン中に獲得する金額によって異なります。」また、軍隊の地理的地域が持つ可能性があると安全に推測することもできます。稼いだ収入と関係があります—国の低所得または人口の少ない地域の人々は収入が少ないのですが—オンラインのガールスカウトクッキー販売の出現はそれを変える可能性があります。

したがって、次にタガロンの箱を購入するときは、あなたが払い出したお金があなた自身の地域社会の未来に戻って注ぎ込まれていることを確認してください。すべてのフェミニスト(そしてガールスカウト)が知っているように、未来は女性であり、チョコレートとミントの味がします。

ロンパースの新しいビデオシリーズをチェックしてください。 ロンパースのドゥーラ日記:

の全エピソードを見る ロンパースのドゥーラ日記 Facebookウォッチで。


2人のスカウトが有名なクッキーからパーム油を欲しがっている

多くの成人環境保護主義者は、東南アジアの熱帯雨林に注目するために何年も努力してきましたが、全国紙のトップページとネットワークニュースでこの問題を取り上げるのに2人のティーンエイジャーが必要でした。

4年前、RhiannonTomtishenとMadisonVorvaは、ガールスカウトプロジェクトのためにオランウータンの研究を始めました。彼らが学んだことは、ヤシのプランテーションが類人猿を引き起こしているという被害の認識を高めるためのキャンペーンを開始するように彼らを刺激しました。

「彼らはとてもかわいい動物なので、最初は彼らが好きでした。しかし、彼らも無力です。彼らの故郷である熱帯雨林は、これらのパーム油農園のために伐採されており、彼らはそれについて何も言いません。 「」

20年の間に、企業は数百万エーカーの熱帯雨林を伐採してヤシの木を植え、石油とバイオ燃料の急増する需要に応えてきました。これにより、大量の温室効果ガスが放出され、トラ、ゾウ、サイ、オランウータンなどの希少動物の生息地が縮小します。

少女たちは、パーム油が入った食べ物を食べるのをやめることにしました。それは彼らが成分リストを見始めて、ガールスカウトのクッキーが問題の一部であることを知ったときです。

「ガールスカウトのクッキーの季節でした。それで、成分を確認しました。パーム油はガールスカウトのクッキーの成分でした。とてもショックを受けて動揺したことを覚えています。」

米国のガールスカウト連盟は、今年のガールスカウトクッキーのバッチでパーム油の使用を避けるには遅すぎると述べていますが、組織は将来、他の種類の油の使用を検討する予定です。 マギースターバード/ NPR キャプションを隠す

米国のガールスカウト連盟は、今年のガールスカウトクッキーのバッチでパーム油の使用を避けるには遅すぎると述べていますが、組織は将来、他の種類の油の使用を検討する予定です。

ガールスカウトのクッキーにはたくさんの仲間がいます。パーム油は、焼き菓子、マーガリンキャンディー、およびあらゆる種類のパッケージ食品に含まれています。数年前、企業がトランス脂肪を含む硬化油の代替品を探していたときに、米国のスーパーマーケットで広く普及しました。パーム油が健康食品であるとは限りません。心臓病の危険因子である飽和脂肪が豊富に含まれています。しかし、それは安いです。多くの国で、それは主要な食用油になっています。

オイルを交換するための販売

RhiannonとMadisonは彼らのために彼らの仕事を切り取っています。何年もの間、彼らは学校で説明会を開催し、他のスカウトを彼らの目的のために募集し、環境団体と協力し、多くのメディアと話をしてきました。ガールスカウトのクッキーからパーム油を取り出すという彼らのオンライン請願書には、67,000の署名があります。

最後に、数週間前、彼らはアメリカ合衆国のガールスカウトの指導者たちと座談会を開きました。少女たちは研究を共有し、ガールスカウトのクッキーからパーム油を取り除くよう指導者たちに促しました。

「私はこれをとても気にかけているので、会議中にちょっと涙を流しました。パーム油産業のために殺されたオランウータンの写真を彼らに見せました」とマディソンは言います。 「それらの写真は、幼い頃だけでなく、今日も私に本当に共感を呼んだと思います。」

パーム油がクッキーに残ると聞いて、女の子たちはイライラしました。

組織のクッキー販売を管理しているアマンダ・ハメーカーは、来年のクッキーのレシピを変更するには遅すぎると彼らに言いました。

「つまり、クッキーボックスは印刷されています」とHamakerは言います。

彼女は、パン屋がクッキーの味を良くし、崩れや腐敗に抵抗するためにパーム油が必要だと言っていると言います。そしてこれまでのところ、持続可能なパーム油の手頃な供給源はありません。 Hamakerは、スカウトがキャンプ、旅行、チャリティープロジェクトにお金を必要としているため、クッキーの販売を危険にさらすようなことは何もしないと言います。

しかし、リアノンとマディソンの献身のために、彼女は将来のバッチの変更を調査します。

「私たちは間違いなくパーム油を研究しており、女の子たちと連絡を取り続けるつもりです」とHamakerは言います。

パーム産業からの反発

女の子たちはあきらめていません、そして彼らのキャンペーンが共鳴したことは間違いありません。実際、彼らは東南アジアの世界中で注目を集めています。


ガールスカウトのクッキーと結びついたパーム油産業の児童労働

彼らは2つの非常に異なる世界から来た2人の若い女の子であり、子供たちの軍隊を利用する世界的な産業によってリンクされています。

テネシー州の田舎に住むガールスカウトのオリビア・チャフィンは、拡大し続けるパーム油のプランテーションに道を譲るために熱帯雨林が破壊されていると最初に聞いたとき、彼女の軍隊でトップのクッキー売り手でした。大陸から離れたこれらのプランテーションの1つで、10歳のImaは果物の収穫を手伝い、西洋の主要な食品や化粧品のブランドが販売する目もくらむほどの一連の製品になりました。

Imaは、世界で最も消費されている植物油の85%を供給しているインドネシアとマレーシアで、両親と一緒に働くことが多いと推定される数万人の子供たちの1人です。 AP通信の調査によると、ほとんどの人はほとんどまたはまったく報酬を受け取っておらず、有毒な化学物質やその他の危険な状態に日常的にさらされています。学校に行ったり、読み書きを学んだりしない人もいます。他の人々は国境を越えて密輸され、人身売買や性的虐待に対して脆弱なままになっています。

APは、米国税関の記録と、生産者、トレーダー、バイヤーからの最近公開されたデータを使用して、パーム核が粉砕された加工工場から、販売された多くの人気のある子供用シリアル、キャンディー、アイスクリームのサプライチェーンまでの労働の成果を追跡しました。ネスレ、ユニリーバ、ケロッグ、ペプシコ、およびガールスカウトのクッキーの2つのメーカーの1つであるフェレロを含む他の多くの大手食品会社による。

600箱以上のクッキーを販売したことでバッジを獲得したオリビアは、パッケージの裏側にパーム油を材料として見つけましたが、「持続可能な認証」という言葉の横に緑色の木のロゴが表示されて安心しました。彼女は、シンミントとタガロンが熱帯雨林、オランウータン、またはオレンジレッドのヤシの実を収穫している人々に害を与えていないことを意味すると考えました。

しかしその後、ホイップスマートな11歳の子供は、ラベルに「混合」という言葉を見て、それがまさに彼女が恐れていることを意味していることをすぐに知りました。持続可能なパーム油は持続不可能な供給源からの油とブレンドされていました。彼女にとって、それは彼女が漕いでいたクッキーが汚染されたことを意味しました。

何千マイルも離れたインドネシアで、イマは数学のクラスを率いて、医者になることを夢見ていました。それから彼女の父は彼女が生まれたパーム油農園で彼の高い会社の目標を達成するのを手伝うために彼女を学校をやめさせました。彼女は4年生に通う代わりに、容赦ない暑さにしゃがみ込み、地面に散らばっているゆるい穀粒をひったくりました。

彼女は時々、ビーチサンダルだけを着用し、手袋を着用せずに1日12時間働き、果物のかみそりのような鋭いスパイクが彼女の手に血を流したり、サソリが彼女の指を刺したりしたときに泣きました。彼女が運んだ荷物は、オリビアのクッキーのサプライチェーンに供給している工場の1つに行きました。

「いつか学校に戻ることができることを夢見ています」と彼女はAPに語った。

児童労働は、権利団体、国連、および米国政府によって問題として特定された、650億ドルの世界的なパーム油産業の暗い汚れでした。

デイケアへのアクセスがほとんどまたはまったくないため、両国の一部の幼児は両親を追いかけて畑に行きます。場合によっては、家族全員が1日で5ドルのガールスカウトドシドよりも収入が少ないことがあります。

「100年間、家族は貧困の悪循環に陥っており、パーム油農園で働く以外に何も知りません」と、インドネシアの農園の労働問題を詳述した報告書を発表した研究者のカルティカ・マヌルンは言いました。

児童労働に関するAPの調査は、レイプ、強制労働の人身売買、奴隷制も暴露した業界のより広範な詳細な調査の一部です。記者はマレーシアとインドネシアを縦横無尽に横断し、約25社の130人以上の現職および元労働者(そのうち約20人は児童労働者)と話をしました。

インドネシア政府当局者は、インドネシアの大規模なパーム油産業で何人の子供が働いているかわからないと述べた。しかし、国連の国際労働機関は、農業部門で10歳から17歳までの150万人の子供を推定しています。パーム油は最大の作物の1つであり、約1,600万人が雇用されています。

近隣のはるかに小さなマレーシアでは、新たに発表された政府の報告書は、33,000人以上の子供たちがそこで働いていると推定しました。その半数近くが5歳から11歳の間です。 」国境を接する国から来た両親と一緒に田舎に住んでいる男の子と女の子。

マレーシアのプランテーション産業商品省の関係者は、コメントの繰り返しの要求に応じなかったが、マレーシアのパーム油協会の会長であるNageeb Wahabは、児童労働の申し立てを非常に深刻であると呼び、苦情を当局に報告するよう求めた。

インドネシアの人事省の職員であるSoesHindharno氏は、自国で発生している児童労働についての苦情は受けていないと述べたが、女性と児童の問題を監督する同省の職員は、インドネシアを懸念が高まっている分野であると述べた。

多くの生産者、欧米のバイヤー、銀行は、倫理的に調達されたと認定されたパーム油の取り扱いに取り組む人々に承認のグリーンスタンプを提供する世界的な協会である持続可能なパーム油のための4,000人のメンバーの円卓会議に所属しています。 RSPOには、労働虐待の申し立てを含む苦情に対処するためのシステムがあります。しかし、東南アジアの2か国で過去10年間にケーストラッカーにリストされた100近くの苦情のうち、子供について言及したのはほんの一握りです。

RSPOのグローバルアウトリーチおよびエンゲージメントディレクターであるダンストレチャイ氏は、協会はユニセフなどと協力して、児童労働の構成要素について会員を教育し始めたと述べました。

パーム油は、スーパーマーケットの棚にある製品の約半分と、化粧品ブランドの4分の3に含まれており、多くの子供たちが生まれた日に紹介されます。これは、乳児用調製粉乳の主要な脂肪です。成長するにつれて、ポップタルトやキャプンクランチのシリアル、オレオクッキー、キットカットのキャンディーバー、マグナムアイスクリーム、ドーナツ、さらにはバブルガムなど、多くのお気に入りの食品に含まれています。

オリビアは、パーム油がクッキーに入る方法について質問をした最初のガールスカウトではありません。 10年以上前、ミシガン軍の2人の少女がその使用に反対するキャンペーンを行い、米国のガールスカウトがRSPOに参加し、持続可能なパーム油の使用を開始することに同意し、約2億箱のクッキーに緑の木のロゴを追加しました。 、年間約8億ドルをもたらします。

ガールスカウトはAPからの質問に答えず、クッキーを作る2人のパン屋(ケンタッキー州のリトルブラウニーベイカーズとバージニア州のABCベイカーズ)に記者を案内しました。これらの企業とその親会社であるFerreroとWestonFoodsも、調査結果についてコメントしていません。しかし、両者は、認証された持続可能なパーム油のみを調達することを約束していると述べた。

APから連絡を受けたとき、他の企業はすべての労働者に対する人権の支持を確認し、業界基準を満たし、現地の法律を遵守するためにサプライヤーに依存していると指摘する企業もありました。不正行為の証拠が見つかった場合、生産者との関係を直ちに断ち切るとの意見もありました。

キットカットのキャンディーバーのメーカーであるネスレは、次のように述べています。また、ポップタルトの親会社であるケロッグは、サプライヤーと協力して「完全に追跡可能なパーム油」を調達することを約束していると述べました。オレオクッキーを所有するモンデリーズ、またはキャプンクランチの親会社であるペプシコからの返答はありませんでした。

現在14歳で、テネシー州ジョーンズボローに住むオリビアは、ガールスカウトのクッキーからパーム油を取り除くよう請願を開始しました。そして彼女はそれらの販売をやめました。

「ガールスカウトは世界をより良い場所にすることだと思っていました」と彼女は言いました。 「しかし、これは世界をより良くするものではありません。」


バージニア州のガールスカウトはドローンでクッキーを届けます

この2021年4月14日、ウィングLLCから提供された画像、ガールスカウトアリス、右、グレイシーはバージニア州クリスチャンズバーグでウィング配達ドローンを持ってポーズをとっています。同社はこの地域でガールスカウトクッキーのドローン配達をテストしています。 (AP経由のSam Dean / Wing LLC)

バージニア州クリスチャンズバーグ&#8211Googleの関連会社は、バージニア州の人々がガールスカウトのクッキーを修正するのを支援するためにドローンを使用しています。ドローンは人々の玄関口に正しく届けています。

ウィングが運営する商用配達ドローンは、クリスチャンズバーグの町でテストされています。ウィングは最近、ガールスカウトのクッキーを配達商品のラインナップに追加しました。また、ドラッグストアアイテム、FedExパッケージ、地元のお菓子も提供しており、2019年から販売されています。

クリスチャンズバーグのガールスカウト部隊は、パンデミックの最中に外出する人が少なくなると売りに苦労し、ウィングとのパートナーシップにつながりました。

バージニアスカイライン部隊224のガールスカウト連盟の11歳のグレイシーウォーカーは、次のように述べています。

「人々は、「ねえ、これは環境に良いので、パジャマを着て外に出てクッキーを手に入れることができる」と気づき、そうなるでしょう。&#8221

この2021年4月14日、Wing LLC。から提供された画像で、左から、ガールスカウト、アリス、グレイシーがバージニア州クリスチャンズバーグでウィング配達ドローンコンテナを持ってポーズをとっています。同社はこの地域でガールスカウトクッキーのドローン配達をテストしています。 (AP経由のSam Dean / Wing LLC。)

Wingは、Amazon、UPS、Walmartと競合して、荷物を近所にうまく飛ばすための技術を開発しています。

APの報告によると、ウィングが使用しているドローンは、人間のパイロットがリモートで制御しなくてもナビゲートできます。テザーがパッケージを解放すると、ドローンは前庭の芝生の上にホバリングし、目的地に到着します。

「それはとてもスムーズで、揺れませんでした」と、以前にマスクをしたままホームセンターの外にクッキーブースを設置したウォーカーは言いました。


アトランタの倉庫に約300万ドルのガールスカウトのクッキーが売れ残っている理由

ガールスカウトの最新のクッキーをチェックしてください

ガールスカウトのレモンアップは、感動的なメッセージで焼かれています。

スカウト関係者によると、パンデミックにより地元軍の伝統的な販売機会が崩壊したため、アトランタ地域の倉庫には300万ドル相当のガールスカウトのクッキーが保管されています。

シンミントとサモアの恵みはクッキーモンスターの夢のように聞こえるかもしれませんが、それは若いメンバーのプログラミングに資金を提供するために収入に依存しているグレーターアトランタのガールスカウトにとって頭痛の種となったとWSB-TVは報告しています。現在までに、アルファレッタの倉庫には72万箱以上の切望されたクッキーが売れ残っていると、ガールスカウト連盟のCEO、エイミー・ドシク氏はアウトレットに語った。

サモアとカーメルはガールスカウトのクッキーを軽視します。 (Mariah Tauger / Los Angeles Times via Getty Images)

「これらすべてのクッキーの箱を積み上げた場合、実際にはここアトランタにはI-285を一周するのに十分なクッキーの箱があります」とDosikはCBS46に語った。販売されたクッキーの数が多いということは、困っている家族のための奨学金が少なくなり、コミュニティ内のすべての女の子の女の子のスカウトをサポートするためのリソースが少なくなることを意味します。」

今年のオンラインクッキーの売り上げは150%増加していますが、パンデミックにより、ガールスカウトの対面マーケティング戦術が食い止められました。たとえば、訪問販売や地元のスーパーマーケットでのポップアップブースの開催、親にクッキーの注文を回してもらうなどです。職場でのフォーム。

2019年1月の写真では、カリフォルニア州アナハイムのアナハイムビジネスコンプレックスでのガールスカウトクッキーメガドロップ中に、ヴィラパークのクッキーコーディネーターであるデビーレイノルズ(39歳)が、薄いミントの山の隣に立っています。 (ケビンサリバン/メディアニュースグループ/ゲッティイメージズ経由のオレンジカウンティレジスター)

現在、取引を甘くするために、グレーターアトランタのガールスカウトは、ビジネスを後押しするために、4月末まで直接クッキーの販売を拡大しました。協力的な買い物客は、オンラインでおやつを注文したり、最前線でパンデミックと戦っているファーストレスポンダーに箱を寄付したりすることもできます。

WSB-TVの報告によると、Cookieの有効期限は9月までですが、夏の間は倉庫内が蒸し暑くなる可能性があるため、スマートCookieは急ぐのが賢明です。


ガールスカウトの科学に基づくGMOスタンス価値のあるクッキーのドル値上げ

最近のヘッドラインは、ガールスカウトのクッキーの価格が大幅に上昇したことを発表しました。 CNBC インフレの証拠としてハイキングを引用し、 USマガジン 最愛の御馳走の箱が特定の州では4ドルではなく5ドルで販売されるというニュースに対するソーシャルメディアの反発を強調しています。私は、価格の上昇を気にせず、ガールスカウトを私たちの最前線に迎えるために、私たちが試した真の「勧誘禁止」のサインを取り下げるという私の毎年の伝統を続けます。

来たる2月、水浸しの地面がウィスコンシンのツンドラから出現し、緑色の女の子が全国のドアからドアへと移動するとき、シーズンはまた、反GMO活動家、つまり、調達された成分に抗議するガールスカウトママを呼び寄せます全国的に愛されている一年生植物の遺伝子組み換え植物から。農業バイオテクノロジーを取り巻く科学や社会問題を理解するには若すぎるポスターの子供たちを使用する「ガールスカウトのクッキーからGMOを取り除く」グループからの継続的な圧力にもかかわらず、彼の最愛の青年組織は、反抗者からの継続的な批判に直面して静かに証拠に立ってきました-GMO活動家。

最愛の組織をいじめて、現代の分子技術で設計された植物から供給された成分を落とすキャンペーンは、かなり非科学的な用語「GMO」でよく知られていますが、南カリフォルニアの母親がスカウトの両親にアドバイスするFacebookページを開始した2013年の夏に騒ぎを引き起こしました毎年の販売活動をボイコットして、GMOを使わないように組織を説得し、くぼんだ当時6歳の娘の顔の画像をソーシャルメディアに貼り付けました。リトルアリシアが運動を主導したとされており、反バイオテクノロジーサイトのGMOInsideとNaturalNewsからの支援により、40,000を超える署名があり、Change.orgの請願を頼りに運動が勢いを増しました。

「[T]今日のガールスカウトのクッキーには、遺伝子組み換え(GM)テンサイ糖、高果糖コーンシロップ(HFCS)、トランスジェニック大豆誘導体などの健康を破壊する成分が含まれており、カリフォルニアの若いガールスカウト1人で十分です。」 、2013年に宣言されたNatural Newsのスタッフライター。実際、GMおよび非GM源に由来する砂糖とコーンシロップはどちらも本質的に同一であり、処理中に微量の改変された形質を含むタンパク質が除去されています。

「アリシアが読めない言葉がたくさんあり、彼女は多くの材料が何であるかを知りませんでした」と嘆願書は、ガールスカウトのクッキーのパッケージの現在7歳の解釈について嘆きました。ほとんどの親は、2年生の食事の材料の読解に基づいて食事をすると、私たちが飢えているかもしれないことに同意するでしょう。

反GMO活動家の要求にもかかわらず、ガールスカウトはGMOの安全性に関する科学的コンセンサスにしっかりと立ち続け、証拠に基づいた立場を堅持しています。女の子向けのSTEM教育をサポートし、「Science and Technology」と「Innovation」でメリットバッジを提供しているこの組織は、ウェブサイトのFAQセクションに資金を投入しています。

「現在、ガールスカウトのクッキーには遺伝子組み換え農作物(GMO)が含まれています」とウェブサイトは説明しています。 「遺伝子組み換え農作物に由来する現在商業化されている成分の安全性について世界的な科学的支持があることに注意することが重要です」とガールスカウトクッキーのGM成分に関するFAQの回答は続けています。

科学に基づいた正確な姿勢と、過度のイデオロギー的圧力に屈しないために、ガールスカウトにミルクとシンミントを一杯あげましょう。私のお気に入りのピーナッツバターパティーとキャラメルデライトのパッケージごとに追加のドルを買うつもりはありません。これにより、女の子はアメリカのお気に入りのすべての品種で約30セントの追加のポップを稼ぐはずです。むしろ、おやつが有機的に調達された成分で作られていないことに感謝しています。それは間違いなく軽薄な値上げを意味するでしょう。


甘いショット:COVID-19ワクチンと一緒にガールスカウトのクッキーを与えるいくつかのインディアナクリニック

COVID-19ワクチンを入手すると、無料のドーナツやビールなどの景品を入手できます。 USAトゥデイ

最初はTシャツでした。今ではガールスカウトのクッキーです。

州の保健当局は月曜日に、特別に指定された場所でワクチン接種を受けた人は誰でも、ジャブと一緒にガールスカウトのクッキーの箱を受け取ると発表しました。

先週遅く、インディアナ州保健局とインディアナポリスモータースピードウェイは、今月スピードウェイでワクチン接種を受けた人々に贈られる特別な記念Tシャツを発表しました。白いTシャツは、2つのチェッカーフラッグの写真の下に「GotMyCOVID-19shot」と宣言しています。

トラックの内外で5月にIMSでCOVID-19ワクチンを入手する方法の詳細

月曜日に、州の保健当局は、スピードウェイの集団予防接種クリニックとゲイリーのクリニックを訪れる人々に、無料のガールスカウトのクッキーの箱が提供されると述べました。

パンデミックのために今年の夏に予想よりも少ない箱を販売した後、中央インディアナのガールスカウトは州のワクチン活動に約70,000個のパッケージを寄付しました。

インセンティブは、州がワクチン接種への関心の著しい低下を見たときにもたらされます。州の適格人口の40%弱がすでに完全にワクチン接種されており、毎日投与される用量の数は減少し続けています。

州のワクチンダッシュボードによると、日曜日の時点で、州は7日間の平均を超えて1日34,557回の投与を行っていました。これまでのワクチンの取り組みのピーク時には、州は7日間の平均で1日あたり約56,000回の接種を行っていました。

ワクチンの展開の初期には、人々をワクチンクリニックに連れて行くためのインセンティブは必要ありませんでした。熱心な先輩やその他の人々は、オンラインで何時間も待ってショットの予約を取りました。

現在、多くの診療所が持ち込みベースになっており、保健当局は州内の700を超える場所で予防接種を奨励する他の方法を見つけるのに苦労しています。

州保健委員のクリスティンボックス博士は、プレスリリースでガールスカウトに贈り物をしてくれたことに感謝しました。

「州内の予防接種サイトをサポートしてくれた中央インディアナのガールスカウトに感謝します。クッキーを追加することで、この命を救うワクチンをさらに甘くする体験ができることを願っています」と彼女は言いました。

ガールスカウトの箱の約束が-シンミントでさえ-大人にワクチン接種を受けるように駆り立てるかもしれないと想像するのは難しいですが、それらの箱は彼らのショットのために並んでいる次の幹部に少なくともいくらかの慰めを証明することができます。

先週、多くの報道機関が、食品医薬品局が今週中に12歳から16歳のファイザーワクチンの緊急使用許可を発行する準備ができていると報告しました。


科学リテラシーで焼いたガールスカウトのクッキー:コラム

フロリダのガールスカウトは、2015年1月8日の軍隊のクッキートレーニングセッション中に看板を持っています。ガールスカウトアメリカは、その署名クッキーにGMO成分を使用したことで非難されました。 (写真:Heather Leiphart、AP)

ガールスカウトが論争に直面して勇気のためにバッジを配った場合、クッキーと科学を対象とした中傷キャンペーンをかわしたことで、彼らは自分たちにバッジを与えることができます。

それは、バイオテクノロジーの敵がガールスカウトを選ぶことに決めたためです。青年組織が、私の個人的なお気に入りであるシンミントなどのおいしいクッキーから遺伝子組み換え(GMO)成分を取り除くよう要求しました。

これらの味のない活動家は、現在40,000以上の署名を誇るオンライン請願書を組織しました。そして、彼らの努力の公の顔をかわいらしい7歳のアリシアにするための勇気さえ持っていました。

私はカナダ人なので、ガールスカウトアメリカには参加しませんでした。代わりに、私はその姉妹グループであるカナダのガールガイドのメンバーとして育ちました。クッキーも販売しました。また、友情、責任、達成についての重要な人生の教訓を学びました。応急処置や製パンから銃器の安全性や人前で話すことまで、あらゆる面でバッジを獲得しました。

今日、私はサスカチュワン州の田舎の農家です。私が西カナダ小麦生産者協会の初の女性会長になったとき、この業績は、ガールガイドとしての私の経験に一部起因していることを知っていました。

私の家族は、小麦、ひよこ豆、そしてGMO製品であるカノーラを含む他の多くの作物を栽培しています。バイオテクノロジーを選択するのは、それが私たちのカノーラ植物が水と土壌の栄養素を奪い合う雑草を克服するのを助けるツールだからです。 Because of genetic modification, we grow more food on less land, in a sustainable-farming strategy that makes both economic and environmental sense.

Unfortunately, some people refuse to accept the science and safety of GMOs. They strive to ban these crops from our farms and these ingredients from our foods. They demand regulations whose purpose is to strangle innovation rather than ensure public health, as well as warning labels that aim to frighten consumers rather than inform them.

Their anti-Girl Scouts propaganda is just another front in the same war, as they try to bully a private group into eliminating GMOs from a popular line of cookies.

In an inspiring demonstration of "girl power," the Girl Scouts have defended their responsible way of doing business. "Our bakers determine whether to use GMOs in Girl Scout Cookies based on a range of market-related factors and depending on the specific cookie recipe," says their website. "It is important to note that there is worldwide scientific support for the safety of currently commercialized ingredients derived from genetically modified. crops."

The Girl Scouts point out the World Health Organization, the Food and Agriculture Organization of the United Nations, the U.S. Academy of Sciences and the American Medical Association support GMOs. Billions of animals in the United States alone have eaten GMO feed without any negative impact on their health.

The Girl Scouts go even further and conclude their statement with this vital observation: "In addition, in the future, GMOs may offer a way to help feed an ever-increasing world population." What a wonderful position to take when teaching our children about hunger and empathy.

It would be so easy for an organization like Girl Scouts to surrender to activists loud complaints, but the Girl Scouts know that truth is on their side, and they've chosen to stand their ground.

We shouldn't have expected anything less, of course: The Girl Scouts and the Girl Guides promote courage, confidence and character. They teach skills and urge achievement, turning today's girls into tomorrow's leaders who will succeed in every field of endeavor.

We're always hearing that more girls should study math, science and engineering. Crusades against Girl Scout Cookies based on scientific illiteracy only will discourage them. Anti-GMO protestors teach girls to fear science and technology, rather than pursue careers in it.

One of the most popular commercials during the Super Bowl questioned the phrase "like a girl," suggesting that it shouldn't be a put-down but rather a compliment.

それは正しい。 "Acting like a girl" means acting like the Girl Scouts are right now.

Cherilyn Nagel and her husband own a farm in Mossbank, Saskatchewan. Cherilyn is a member of the Truth About Trade & Technology Global Farmer Network.

In addition to its own editorials, USA TODAY publishes diverse opinions from outside writers, including our Board of Contributors. To read more columns like this, go to the Opinion front page or sign up for the daily Opinion e-mail newsletter.


Girl Scout Cookies Teach Us All a Lesson on GMOs

In the Navy, you can eat all the Girl Scout Cookies you see. Image source: U.S. Navy/flickr.

Imagine there are two organizations that fund their operations by selling highly visible food brands to customers across the country. One is worth $33 billion, owns private jets, and sells products at supermarkets in thousands of locations. It has diversified into hundreds of products in dozens of brands and relies on a complex distribution system aimed at minimizing risks and volatility. The other has members who refer to themselves as Daisies and Brownies, spends weeks every summer bunking in cabins, and sells products by going door to door and through word of mouth. It relies almost entirely on one brand that is sold for a limited time each year.

Which organization would seem more likely to succumb to pressure to change ingredients in its products? You might figure the private-jet-flying corporation would be "Too Big to Care" and choose the less diversified organization. And, of course, you would be wrong.

There might not be a merit badge for standing up for science, but assuming there were, ゼネラルミルズ (NYSE:GIS) would have a spot missing on its sash. On the other hand, the Girl Scouts of America stood its ground and leaned on global scientific consensus when asked to remove food ingredients made from genetically modified organisms, or GMOs, from its famous Girl Scout Cookies. The organization has even used activist pressure as a teaching moment for its young members -- and we could all learn from it.

Our cookies contain genetically modified ingredients.だから何?
Don't worry, you still get to inhale Samoas and Thin Mints by the sleeve. There's even a gluten-free cookie being sold in select regions this year. Just don't expect your Girl Scout Cookies to go GMO-free anytime soon.なぜだめですか? Here's what the organization has to say on the topic:

Girl Scouts of the USA listens to our customers and we work with our trusted bakers, who are industry leaders, to develop recipes using ingredients that will produce the best-tasting and highest-quality cookies while simultaneously addressing industry trends, scientific trends, and of course, consumer preference. As an organization, we continue to defer to required Federal guidelines as they relate to our products.

At the current time, there are genetically modified agricultural crops (GMOs) in Girl Scout Cookies. Our bakers determine whether to use GMOs in Girl Scout Cookies based on a range of market-related factors and depending on the specific cookie recipe.

Girl Scouts recognizes that many people have concerns regarding GMO ingredients, and we monitor member and consumer opinion on this matter. It is important to note that there is worldwide scientific support for the safety of currently commercialized ingredients derived from genetically modified agricultural crops. The World Health Organization, the Food and Agriculture Organization of the United Nations, the U.S. National Academy of Sciences, and the American Medical Association all share this assessment. In addition, in the future, GMOs may offer a way to help feed an ever-increasing world population.

Nothing new there, but it is refreshing to see an organization with a brand that has become an annual American ritual stand up against factually incorrect claims.そして、なぜですか? Girl Scouts actively participates in science, technology, engineering, and math, or STEM, programs aimed at introducing girls to knowledge-based fields that will drive the future global economy. Boys can't have all the fun.

LEGO recently helped spread the word about this Women in STEM set, which promptly sold out. Image source: LEGO Ideas.

The last line of that statement is also key it reads, "In the future, GMOs may offer a way to help feed an ever-increasing world population." At the time of this writing, Bill and Melinda Gates are in Brussels, Belgium, advocating for the adoption of GMOs by African farmers. The philanthropic duo believe widespead adoption of genetically modified crops could improve agricultural yields on the continent by 50% in the next 15 years, thus taking a big bite out of world hunger.

Given the importance of cutting-edge science in everyday life and the global economy, I've made the case for scientifically responsible investing (a play on socially responsible investing, although they are often the same thing). Some companies have yet to catch on.

Science and investors fail with kneejerk reactions
Early last year, General Mills caved to activist pressure and removed the one ingredient (corn starch) in its Original Cheerios that was made from a GMO. Considering that the 11 remaining Cheerios brands didn't change a single ingredient , the company's attempt to appeal to the anti-GMO crowd was highly criticized by customers on both sides of the debate. The move might not have directly impacted investors, but the company dedicated an entire year of time and monetary resources to make the minor change. It later admitted that sales of Cheerios were unaffected by the move .

The same activist groups that targeted General Mills and Girl Scouts are waging fear campaigns against other consumer-facing brands and companies, including スターバックス (NASDAQ:SBUX) (to use organic dairy milk) and Sabra hummus from PepsiCo (NASDAQ:PEP) .

Starbucks has invested in a technology platform that feeds coffee grinds to bacteria that convert it into nutritious animal feed or fertilizer. The milk or vegetables produced with the waste product are then sold back to Starbucks locations in Japan. Meanwhile, PepsiCo built a multimillion-dollar Biology Innovation Research Lab in New Haven, Connecticut, that will conduct cutting-edge research aimed at making the company's business better for customers and our planet.

Now ask yourself an important question: What decisions will drive future growth for the companies you own? Spending money on programs that fail to add value and only appeal to a small group of customers, or investing in next-generation technologies and products -- including those relying on biotechnology -- that cut costs and inject more sustainable practices into a business? The answer is obvious.

What does it mean for the rest of us?
There is growing resistance to consuming foods that have been genetically modified. That remains a small but vocal minority (see results from any labeling initiative placed on a ballot), but well-organized groups have pressured highly visible food brands to remove genetically modified ingredients from their products. Some campaigns have been successful, some have failed, and many more are ongoing. While these demands run counter to the opinion of regulatory and scientific institutions across the globe, consumer-facing companies large and small have succumbed to anti-GMO demands. It's refreshing to see an important and well-respected organization such as the Girl Scouts stand up for science -- even if those with shareholders and much less to lose choose not to.


ビデオを見る: スカウトの皆さんへ 日本連盟コミッショナーメッセージ (七月 2022).


コメント:

  1. Arashijinn

    能力のある答え、認知的に...

  2. Palomydes

    私の意見では、あなたは間違いを犯しています。私は自分の立場を守ることができます。午後に私にメールしてください、私たちは話します。

  3. Koltin

    あなたのフレーズ、ただ素敵

  4. Kijin

    私はあなたに絶対に同意します。アイデアは素晴らしいです、私はそれをサポートしています。

  5. Pyt

    私はフォーラムに行き、このトピックを見ました。どうなさいました?

  6. Nefin

    注目に値する、とても便利なフレーズです

  7. Gulkree

    非常に貴重なメッセージ



メッセージを書く