他の

ハロウィーンの御馳走:ウォルマートはその不気味なラインナップを明らかにします

ハロウィーンの御馳走:ウォルマートはその不気味なラインナップを明らかにします


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

グールとギャル、御馳走の準備をする

ウォルマートの礼儀

コロナウイルスは、私たちの生活を、料理の習慣に至るまで、指数関数的に変えました。自家製のパンを焼くのが一般的な趣味になり、誰もがずっと望んでいた焼き菓子の愛好家になるために手を尽くしてきました。パンデミックはまた、休日のように物事を上昇させています。ハロウィーンが間近に迫ったウォルマートは、2020年のGreat Value Fall Bake Centerの早期リリースとともに、パン作りと休日への愛情をもたらしています。

誰もが知っておくべき簡単な調理とベーキングの材料の交換と代替

9月から、ウォルマートの2020 Great Value Fall Bake Centerは、完璧な季節のデザートを探している家族向けに販売されます。提供されるスイーツは新しく、ハロウィーンキットで作ることができる不気味なお菓子から、アップルサイダーや居心地の良いセーターと組み合わせることができる秋のミックスまでさまざまです。ウォルマートの買い物客は、お得なキットを利用して、不気味な渦巻きシュガークッキー、墓地のブラウニー、アップルシナモンの速成パンなどのオプションを使って、ベーキングを楽しい家族向けのイベントに変えることができます。

秋のミックスの価格は、パンプキンスパイスのパンケーキやワッフルミックスなどのオプションで1.67ドル、アップルシナモンの速成パンとマフィンミックスで1.98ドルの範囲です。ハロウィーンキットは、ウーピーパイやモンスターアイのデザインなどで4.97ドルでクリエイティブになります。

ウォルマートのスポークスマンによると、ウォルマートが休暇の数か月前に秋の作品をバイヤーと共有するのはこれが初めてなので、お気に入りを選んでおいしい秋の準備をしてください。それまでの間、ベーキングスキルを向上させたい場合は、存在を忘れていたこれらの子供時代のデザートを試してみてください。


ハロウィーンの不気味な都市伝説の背後にある真実

ハロウィーンの恐ろしい話や恐ろしい話は、暗い田園地帯や放棄された畑に限定されていません。これらの素晴らしい都市伝説の背後には、不気味で恐ろしい話がいくつかあります。

ファンハウスホラー

都市伝説: カーニバルのファンハウスに男の体がぶら下がっていた

実話:

1976年12月、ユニバーサルスタジオのカメラクルーがカリフォルニア州ロングビーチのニューパイク遊園地に到着し、テレビのアクション番組「600万ドルの男」のエピソードを撮影しました。ファンハウスの一角でセットを準備する際、作業員が「ぶら下がっている男」を動かし、小道具の片方の腕を外しました。その中には人間の骨がありました。これは単なる小道具ではなく、本物の死んだ男でした!

IrishCentralのニュースレターにサインアップして、アイルランドのすべての最新情報を入手してください。

遺体は、1911年にオクラホマで46ドルの列車と2つのウイスキーの水差しを奪った若い男性のエルマーマカーディの遺体でした。彼は彼を追跡している所有者に、彼は生き返らないだろうと発表し、所有者は銃撃戦で彼を殺すことによって義務付けられました。

マッカーディの体は、防腐処理の直後に余興の魅力になりました。地元の葬儀屋は、彼がマッカーディを復元するのにそのような素晴らしい仕事をしたと思ったと主張されています、彼は町民にニッケル片のために彼を見させました。ニッケルは死体の開いた口に落とされ、後にアンダーテイカーによって集められました。

マッカーディの遺体を主張するために誰も現れなかったので、伝説によれば、防腐処理後の数年間、アンダーテイカーは彼を連れてニッケルを集めていました。カーニバルのプロモーターは硬いものを買いたがっていましたが、アンダーテイカーはそれらを断りました。彼は最も安定した収入源を失いたくなかった。

1915年に2人の男性が現れ、マッカーディは彼らの長く亡くなった兄弟であると主張しました。彼らはマッカーディを連れ去り、おそらく家族の陰謀で彼にまともな埋葬を与えたのだろう。実際には、長く失われたマッカーディの「兄弟」はカーニバルのプロモーターでした。彼らが何年も欲しかった体を手に入れるのは詐欺でした。彼らは、アンダーテイカーが彼に与えたのと同じタイトルでテキサス中のマッカーディを展示しました:「あきらめない盗賊」。

その後、ラシュモア山近くの遊園地、ロサンゼルスの蝋人形館の棺桶、低予算の映画など、マッカーディの遺体がいたるところに現れたようです。 「600万ドルの男」の乗組員がこの小道具が死体であることを発見する前に、マッカーディはロングビーチのファンハウスに4年間ぶら下がっていました。

1977年4月、オクラホマ州ガスリーのサミットビュー墓地で、旅の多いエルマーマカーディがついに休息しました。死体が娯楽の世界に戻らないようにするために、州の検死官は、墓が閉じられる前に棺の上に2立方ヤードのセメントを注ぐように命じました。それ以来、マッカーディは遊園地の周りにぶら下がっているのを見ていません。

ホテルの部屋の奇妙で不気味な匂い

都市伝説: カップルが離れたホテルにチェックインすると、ベッドから出る奇妙な腐った臭いがします。事務員に文句を言った後、彼らは死体が箱のバネに隠されていることを発見した。残念ながら、この物語には本当のルーツがあります。

実話:

これらの物語のほとんどは、ラスベガスのホテルで、市内または遠隔地の砂漠で行われます。彼らは1990年代初頭から存在しています。伝説に似た状況の実際の例がありました。ベッドの下には、邪魔にならないように隠しておく必要のある死体をすばやく隠すのに最適な場所があります。

いずれの場合も、体に注意を向けさせたのは匂いであり、その発見につながりました。

いくつかの例:

1999年6月10日、ニュージャージー州アトランティックシティのブルゴーニュモーターインの112号室のベッドの中で、64歳の男性の急速に分解している遺体が発見されました。休暇中のドイツ人夫婦は、男の遺骨の上で一晩中寝ていて、一晩中臭いに我慢していた。死体の発見につながったのは、匂いについてのマネージャーへの彼らの不満でした。

1996年7月、カリフォルニア州パサデナのコロラドブールバードトラベロッジでマットレスの下で女性の体が発見されました。モーテルのスタッフは、彼女の死から10日後に彼女を発見しましたが、ゲストは数日間部屋から悪臭がすることを訴えていました。

バージニア州では、1989年に男性が2人の殺人犠牲者の遺体をこのように処分しました。 1人目は27歳の女性で、その年の5月に国道1号線のモーテルの部屋の床の下で発見されました。2人目は29歳の女性で、6月にベッドの下に現れました。アレクサンドリアのエコノロッジ。

最初のケースでは、殺人者は最初に彼女の体をベッドの下に部分的に2日間隠し、その後カーペット敷きの床の下の這うスペースに置きました。彼は3、4週間後までその部屋から出なかったので、彼女の存在は彼を悩ませなかったようです。他のゲストが匂いについて不平を言った後、両方の女の子の体が最終的に発見されました。

1988年、ニューヨークのミネオラのモーテルで、箱のバネに体が現れました。オーシャンサイドモーテルで29歳の女性の遺骨が発見されました。繰り返しになりますが、体は数日後、他の常連客が匂いについて不平を言った後にのみ発見されました。他の少なくとも2人のゲストは、発見される前に無意識のうちに体と同棲し、少なくとも1人のゲストは匂いのためにその部屋に滞在することを拒否しました。

この伝説は、1995年のクエンティンタランティーノの映画「フォールームス」で使用されました。

続きを読む

* 2010年10月に最初に公開されました。

不気味な都市伝説を知っていますか?コメントで共有してください!


ハロウィーンの不気味な都市伝説の背後にある真実

ハロウィーンの恐ろしい話や恐ろしい話は、暗い田園地帯や放棄された畑に限定されていません。これらの素晴らしい都市伝説の背後には、不気味で恐ろしい話がいくつかあります。

ファンハウスホラー

都市伝説: カーニバルのファンハウスに男の体がぶら下がっていた

実話:

1976年12月、ユニバーサルスタジオのカメラクルーがカリフォルニア州ロングビーチのニューパイク遊園地に到着し、テレビのアクション番組「600万ドルの男」のエピソードを撮影しました。ファンハウスの一角でセットを準備する際、作業員が「ぶら下がっている男」を動かし、小道具の片方の腕を外しました。その中には人間の骨がありました。これは単なる小道具ではなく、本物の死んだ男でした!

IrishCentralのニュースレターにサインアップして、アイルランドのすべての最新情報を入手してください。

遺体は、1911年にオクラホマで46ドルの列車と2つのウイスキーの水差しを奪った若い男性のエルマーマカーディの遺体でした。彼は彼を追跡している所有者に、彼は生き返らないだろうと発表し、所有者は銃撃戦で彼を殺すことによって義務付けられました。

マッカーディの体は、防腐処理の直後に余興の魅力になりました。地元の葬儀屋は、彼がマッカーディを復元するのにそのような素晴らしい仕事をしたと思ったと主張されています、彼は町民にニッケル片のために彼を見させました。ニッケルは死体の開いた口に落とされ、後にアンダーテイカーによって集められました。

マッカーディの遺体を主張するために誰も現れなかったので、伝説によれば、防腐処理後の数年間、アンダーテイカーは彼を連れてニッケルを集めていました。カーニバルのプロモーターは硬いものを買いたがっていましたが、アンダーテイカーはそれらを断りました。彼は最も安定した収入源を失いたくなかった。

1915年に2人の男性が現れ、マッカーディは彼らの長く亡くなった兄弟であると主張しました。彼らはマッカーディを連れ去り、おそらく家族の陰謀で彼にまともな埋葬を与えたのだろう。実際には、長く失われたマッカーディの「兄弟」はカーニバルのプロモーターでした。彼らが何年も欲しかった体を手に入れるのは詐欺でした。彼らは、アンダーテイカーが彼に与えたのと同じタイトルでテキサス中のマッカーディを展示しました:「あきらめない盗賊」。

その後、ラシュモア山近くの遊園地、ロサンゼルスの蝋人形館の棺桶、低予算の映画など、マッカーディの遺体がいたるところに現れたようです。 「600万ドルの男」の乗組員がこの小道具が死体であることを発見する前に、マッカーディはロングビーチのファンハウスに4年間ぶら下がっていました。

1977年4月、オクラホマ州ガスリーのサミットビュー墓地で、旅の多いエルマーマカーディがついに休息しました。死体が娯楽の世界に戻らないようにするために、州の検死官は、墓が閉じられる前に棺の上に2立方ヤードのセメントを注ぐように命じました。それ以来、マッカーディは遊園地の周りにぶら下がっているのを見ていません。

ホテルの部屋の奇妙で不気味な匂い

都市伝説: カップルが離れたホテルにチェックインすると、ベッドから出る奇妙な腐った臭いがします。事務員に文句を言った後、彼らは死体が箱のバネに隠されていることを発見した。残念ながら、この物語には本当のルーツがあります。

実話:

これらの物語のほとんどは、ラスベガスのホテルで、市内または遠隔地の砂漠で行われます。彼らは1990年代初頭から存在しています。伝説に似た状況の実際の例がありました。ベッドの下には、邪魔にならないように隠しておく必要のある死体をすばやく隠すのに最適な場所があります。

いずれの場合も、体に注意を向けさせたのは匂いであり、その発見につながりました。

いくつかの例:

1999年6月10日、ニュージャージー州アトランティックシティのブルゴーニュモーターインの112号室のベッドの中で、64歳の男性の急速に分解している遺体が発見されました。休暇中のドイツ人夫婦は、男の遺骨の上で一晩中寝ていて、一晩中臭いに我慢していた。死体の発見につながったのは、匂いについてのマネージャーへの彼らの不満でした。

1996年7月、カリフォルニア州パサデナのコロラドブールバードトラベロッジでマットレスの下で女性の体が発見されました。モーテルのスタッフは、彼女の死から10日後に彼女を発見しましたが、ゲストは数日間部屋から悪臭がすることを訴えていました。

バージニア州では、1989年に男性が2人の殺人犠牲者の遺体をこのように処分しました。 1人目は27歳の女性で、その年の5月に国道1号線のモーテルの部屋の床の下で発見されました。2人目は29歳の女性で、6月にベッドの下に現れました。アレクサンドリアのエコノロッジ。

最初のケースでは、殺人者は最初に彼女の体をベッドの下に部分的に2日間隠し、その後カーペット敷きの床の下の這うスペースに置きました。彼は3、4週間後までその部屋から出なかったので、彼女の存在は彼を悩ませなかったようです。他のゲストが匂いについて不平を言った後、両方の女の子の体が最終的に発見されました。

1988年、ニューヨークのミネオラのモーテルで、箱のバネに体が現れました。オーシャンサイドモーテルで29歳の女性の遺骨が発見されました。繰り返しになりますが、体は数日後、他の常連客が匂いについて不平を言った後にのみ発見されました。他の少なくとも2人のゲストは、発見される前に無意識のうちに体と同棲し、少なくとも1人のゲストは匂いのためにその部屋に滞在することを拒否しました。

この伝説は、1995年のクエンティンタランティーノの映画「フォールームス」で使用されました。

続きを読む

* 2010年10月に最初に公開されました。

不気味な都市伝説を知っていますか?コメントで共有してください!


ハロウィーンの不気味な都市伝説の背後にある真実

ハロウィーンの恐ろしい話や恐ろしい話は、暗い田園地帯や放棄された畑に限定されていません。これらの素晴らしい都市伝説の背後には、不気味で恐ろしい話がいくつかあります。

ファンハウスホラー

都市伝説: カーニバルのファンハウスに男の体がぶら下がっていた

実話:

1976年12月、ユニバーサルスタジオのカメラクルーがカリフォルニア州ロングビーチのニューパイク遊園地に到着し、テレビのアクション番組「600万ドルの男」のエピソードを撮影しました。ファンハウスの一角でセットを準備する際、作業員が「ぶら下がっている男」を動かし、小道具の片方の腕を外しました。その中には人間の骨がありました。これは単なる小道具ではなく、本物の死んだ男でした!

IrishCentralのニュースレターにサインアップして、アイルランドのすべての最新情報を入手してください。

遺体は、1911年にオクラホマで46ドルの列車と2つのウイスキーの水差しを奪った若い男性のエルマーマカーディの遺体でした。彼は彼を追跡している所有者に、彼は生き返らないだろうと発表し、所有者は銃撃戦で彼を殺すことによって義務付けられました。

マッカーディの体は、防腐処理の直後に余興の魅力になりました。地元の葬儀屋は、彼がマッカーディを復元するのにそのような素晴らしい仕事をしたと思ったと主張されています、彼は町民にニッケル片のために彼を見させました。ニッケルは死体の開いた口に落とされ、後にアンダーテイカーによって集められました。

マッカーディの遺体を主張するために誰も現れなかったので、伝説によれば、防腐処理後の数年間、アンダーテイカーは彼を連れてニッケルを集めていました。カーニバルのプロモーターは硬いものを買いたがっていましたが、アンダーテイカーはそれらを断りました。彼は最も安定した収入源を失いたくなかった。

1915年に2人の男性が現れ、マッカーディは彼らの長く亡くなった兄弟であると主張しました。彼らはマッカーディを連れ去り、おそらく家族の陰謀で彼にまともな埋葬を与えたのだろう。実際には、長く失われたマッカーディの「兄弟」はカーニバルのプロモーターでした。彼らが何年も欲しかった体を手に入れるのは詐欺でした。彼らは、アンダーテイカーが彼に与えたのと同じタイトルでテキサス中のマッカーディを展示しました:「あきらめない盗賊」。

その後、ラシュモア山近くの遊園地、ロサンゼルスの蝋人形館の棺桶、低予算の映画など、マッカーディの遺体がいたるところに現れたようです。 「600万ドルの男」の乗組員がこの小道具が死体であることを発見する前に、マッカーディはロングビーチのファンハウスに4年間ぶら下がっていました。

1977年4月、オクラホマ州ガスリーのサミットビュー墓地で、旅の多いエルマーマカーディがついに休息しました。死体が娯楽の世界に戻らないようにするために、州の検死官は、墓が閉じられる前に棺の上に2立方ヤードのセメントを注ぐように命じました。それ以来、マッカーディは遊園地の周りにぶら下がっているのを見ていません。

ホテルの部屋の奇妙で不気味な匂い

都市伝説: カップルが離れたホテルにチェックインすると、ベッドから出る奇妙な腐った臭いがします。事務員に文句を言った後、彼らは死体が箱のバネに隠されていることを発見した。残念ながら、この物語には本当のルーツがあります。

実話:

これらの物語のほとんどは、ラスベガスのホテルで、市内または遠隔地の砂漠で行われます。彼らは1990年代初頭から存在しています。伝説に似た状況の実際の例がありました。ベッドの下には、邪魔にならないように隠しておく必要のある死体をすばやく隠すのに最適な場所があります。

いずれの場合も、体に注意を向けさせたのは匂いであり、その発見につながりました。

いくつかの例:

1999年6月10日、ニュージャージー州アトランティックシティのブルゴーニュモーターインの112号室のベッドの中で、64歳の男性の急速に分解している遺体が発見されました。休暇中のドイツ人夫婦は、男の遺骨の上で一晩中寝ていて、一晩中臭いに我慢していた。死体の発見につながったのは、匂いについてのマネージャーへの彼らの不満でした。

1996年7月、カリフォルニア州パサデナのコロラドブールバードトラベロッジでマットレスの下で女性の体が発見されました。モーテルのスタッフは、彼女の死から10日後に彼女を発見しましたが、ゲストは数日間部屋から悪臭がすることを訴えていました。

バージニア州では、1989年に男性が2人の殺人犠牲者の遺体をこのように処分しました。 1人目は27歳の女性で、その年の5月に国道1号線のモーテルの部屋の床の下で発見されました。2人目は29歳の女性で、6月にベッドの下に現れました。アレクサンドリアのエコノロッジ。

最初のケースでは、殺人者は最初に彼女の体をベッドの下に部分的に2日間隠し、その後カーペット敷きの床の下の這うスペースに置きました。彼は3、4週間後までその部屋から出なかったので、彼女の存在は彼を悩ませなかったようです。他のゲストが匂いについて不平を言った後、両方の女の子の体が最終的に発見されました。

1988年、ニューヨークのミネオラのモーテルで、箱のバネに体が現れました。オーシャンサイドモーテルで29歳の女性の遺骨が発見されました。繰り返しになりますが、体は数日後、他の常連客が匂いについて不平を言った後にのみ発見されました。他の少なくとも2人のゲストは、発見される前に無意識のうちに体と同棲し、少なくとも1人のゲストは匂いのためにその部屋に滞在することを拒否しました。

この伝説は、1995年のクエンティンタランティーノの映画「フォールームス」で使用されました。

続きを読む

* 2010年10月に最初に公開されました。

不気味な都市伝説を知っていますか?コメントで共有してください!


ハロウィーンの不気味な都市伝説の背後にある真実

ハロウィーンの恐ろしい話や恐ろしい話は、暗い田園地帯や放棄された畑に限定されていません。これらの素晴らしい都市伝説の背後には、不気味で恐ろしい話がいくつかあります。

ファンハウスホラー

都市伝説: カーニバルのファンハウスに男の体がぶら下がっていた

実話:

1976年12月、ユニバーサルスタジオのカメラクルーがカリフォルニア州ロングビーチのニューパイク遊園地に到着し、テレビのアクション番組「600万ドルの男」のエピソードを撮影しました。ファンハウスの一角でセットを準備する際、作業員が「ぶら下がっている男」を動かし、小道具の片方の腕を外しました。その中には人間の骨がありました。これは単なる小道具ではなく、本物の死んだ男でした!

IrishCentralのニュースレターにサインアップして、アイルランドのすべての最新情報を入手してください。

遺体は、1911年にオクラホマで46ドルの列車と2つのウイスキーの水差しを奪った若い男性のエルマーマカーディの遺体でした。彼は彼を追跡している所有者に、彼は生き返らないだろうと発表し、所有者は銃撃戦で彼を殺すことによって義務付けられました。

マッカーディの体は、防腐処理の直後に余興の魅力になりました。地元の葬儀屋は、彼がマッカーディを復元するのにそのような素晴らしい仕事をしたと思ったと主張されています、彼は町民にニッケル片のために彼を見させました。ニッケルは死体の開いた口に落とされ、後にアンダーテイカーによって集められました。

マッカーディの遺体を主張するために誰も現れなかったので、伝説によれば、防腐処理後の数年間、アンダーテイカーは彼を連れてニッケルを集めていました。カーニバルのプロモーターは硬いものを買いたがっていましたが、アンダーテイカーはそれらを断りました。彼は最も安定した収入源を失いたくなかった。

1915年に2人の男性が現れ、マッカーディは彼らの長く亡くなった兄弟であると主張しました。彼らはマッカーディを連れ去り、おそらく家族の陰謀で彼にまともな埋葬を与えたのだろう。実際には、長く失われたマッカーディの「兄弟」はカーニバルのプロモーターでした。彼らが何年も欲しかった体を手に入れるのは詐欺でした。彼らは、アンダーテイカーが彼に与えたのと同じタイトルでテキサス中のマッカーディを展示しました:「あきらめない盗賊」。

その後、ラシュモア山近くの遊園地、ロサンゼルスの蝋人形館の棺桶、低予算の映画など、マッカーディの遺体がいたるところに現れたようです。 「600万ドルの男」の乗組員がこの小道具が死体であることを発見する前に、マッカーディはロングビーチのファンハウスに4年間ぶら下がっていました。

1977年4月、オクラホマ州ガスリーのサミットビュー墓地で、旅の多いエルマーマカーディがついに休息しました。死体が娯楽の世界に戻らないようにするために、州の検死官は、墓が閉じられる前に棺の上に2立方ヤードのセメントを注ぐように命じました。それ以来、マッカーディは遊園地の周りにぶら下がっているのを見ていません。

ホテルの部屋の奇妙で不気味な匂い

都市伝説: カップルが離れたホテルにチェックインすると、ベッドから出る奇妙な腐った臭いがします。事務員に文句を言った後、彼らは死体が箱のバネに隠されていることを発見した。残念ながら、この物語には本当のルーツがあります。

実話:

これらの物語のほとんどは、ラスベガスのホテルで、市内または遠隔地の砂漠で行われます。彼らは1990年代初頭から存在しています。伝説に似た状況の実際の例がありました。ベッドの下には、邪魔にならないように隠しておく必要のある死体をすばやく隠すのに最適な場所があります。

いずれの場合も、体に注意を向けさせたのは匂いであり、その発見につながりました。

いくつかの例:

1999年6月10日、ニュージャージー州アトランティックシティのブルゴーニュモーターインの112号室のベッドの中で、64歳の男性の急速に分解している遺体が発見されました。休暇中のドイツ人夫婦は、男の遺骨の上で一晩中寝ていて、一晩中臭いに我慢していた。死体の発見につながったのは、匂いについてのマネージャーへの彼らの不満でした。

1996年7月、カリフォルニア州パサデナのコロラドブールバードトラベロッジでマットレスの下に女性の体が発見されました。モーテルのスタッフは、彼女の死から10日後に彼女を発見しましたが、ゲストは数日間部屋から悪臭がすることを訴えていました。

バージニア州では、1989年に男性が2人の殺人犠牲者の遺体をこのように処分しました。 1人目は27歳の女性で、その年の5月に国道1号線のモーテルの部屋の床の下で発見されました。2人目は29歳の女性で、6月にベッドの下に現れました。アレクサンドリアのエコノロッジ。

最初のケースでは、殺人者は最初に彼女の体をベッドの下に部分的に2日間隠し、その後カーペット敷きの床の下の這うスペースに置きました。彼は3、4週間後までその部屋から出なかったので、彼女の存在は彼を悩ませなかったようです。他のゲストが匂いについて不平を言った後、両方の女の子の体が最終的に発見されました。

1988年、ニューヨークのミネオラのモーテルで、箱のバネに体が現れました。オーシャンサイドモーテルで29歳の女性の遺骨が発見されました。繰り返しになりますが、体は数日後、他の常連客が匂いについて不平を言った後にのみ発見されました。他の少なくとも2人のゲストは、発見される前に無意識のうちに体と同棲し、少なくとも1人のゲストは匂いのためにその部屋に滞在することを拒否しました。

この伝説は、1995年のクエンティンタランティーノの映画「フォールームス」で使用されました。

続きを読む

* 2010年10月に最初に公開されました。

不気味な都市伝説を知っていますか?コメントで共有してください!


ハロウィーンの不気味な都市伝説の背後にある真実

ハロウィーンの恐ろしい話や恐ろしい話は、暗い田園地帯や放棄された畑に限定されていません。これらの素晴らしい都市伝説の背後には、不気味で恐ろしい話がいくつかあります。

ファンハウスホラー

都市伝説: カーニバルのファンハウスに男の体がぶら下がっていた

実話:

1976年12月、ユニバーサルスタジオのカメラクルーがカリフォルニア州ロングビーチのニューパイク遊園地に到着し、テレビのアクション番組「600万ドルの男」のエピソードを撮影しました。ファンハウスの一角でセットを準備する際、作業員が「ぶら下がっている男」を動かし、小道具の片方の腕を外しました。その中には人間の骨がありました。これは単なる小道具ではなく、本物の死んだ男でした!

IrishCentralのニュースレターにサインアップして、アイルランドのすべての最新情報を入手してください。

遺体は、1911年にオクラホマで46ドルの列車と2つのウイスキーの水差しを奪った若い男性のエルマーマカーディの遺体でした。彼は彼を追跡している所有者に、彼は生き返らないだろうと発表し、所有者は銃撃戦で彼を殺すことによって義務付けられました。

マッカーディの体は、防腐処理の直後に余興の魅力になりました。地元の葬儀屋は、彼がマッカーディを復元するのにそのような素晴らしい仕事をしたと思ったと主張されています、彼は町民にニッケル片のために彼を見させました。ニッケルは死体の開いた口に落とされ、後にアンダーテイカーによって集められました。

マッカーディの遺体を主張するために誰も現れなかったので、伝説によれば、防腐処理後の数年間、アンダーテイカーは彼を連れてニッケルを集めていました。カーニバルのプロモーターは硬いものを買いたがっていましたが、アンダーテイカーはそれらを断りました。彼は最も安定した収入源を失いたくなかった。

1915年に2人の男性が現れ、マッカーディは彼らの長く亡くなった兄弟であると主張しました。彼らはマッカーディを連れ去り、おそらく家族の陰謀で彼にまともな埋葬を与えたのだろう。実際には、長く失われたマッカーディの「兄弟」はカーニバルのプロモーターでした。彼らが何年も欲しかった体を手に入れるのは詐欺でした。彼らは、アンダーテイカーが彼に与えたのと同じタイトルでテキサス中のマッカーディを展示しました:「あきらめない盗賊」。

その後、ラシュモア山近くの遊園地、ロサンゼルスの蝋人形館の棺桶、低予算の映画など、マッカーディの遺体がいたるところに現れたようです。 「600万ドルの男」の乗組員がこの小道具が死体であることを発見する前に、マッカーディはロングビーチのファンハウスに4年間ぶら下がっていました。

1977年4月、オクラホマ州ガスリーのサミットビュー墓地で、旅の多いエルマーマカーディがついに休息しました。死体が娯楽の世界に戻らないようにするために、州の検死官は、墓が閉じられる前に棺の上に2立方ヤードのセメントを注ぐように命じました。それ以来、マッカーディは遊園地の周りにぶら下がっているのを見ていません。

ホテルの部屋の奇妙で不気味な匂い

都市伝説: カップルが離れたホテルにチェックインすると、ベッドから出る奇妙な腐った臭いがします。事務員に文句を言った後、彼らは死体が箱のバネに隠されていることを発見した。残念ながら、この物語には本当のルーツがあります。

実話:

これらの物語のほとんどは、ラスベガスのホテルで、市内または遠隔地の砂漠で行われます。彼らは1990年代初頭から存在しています。伝説に似た状況の実際の例がありました。ベッドの下には、邪魔にならないように隠しておく必要のある死体をすばやく隠すのに最適な場所があります。

いずれの場合も、体に注意を向けさせたのは匂いであり、その発見につながりました。

いくつかの例:

1999年6月10日、ニュージャージー州アトランティックシティのブルゴーニュモーターインの112号室のベッドの中で、64歳の男性の急速に分解している遺体が発見されました。休暇中のドイツ人夫婦は、男の遺骨の上で一晩中寝ていて、一晩中臭いに我慢していた。死体の発見につながったのは、匂いについてのマネージャーへの彼らの不満でした。

1996年7月、カリフォルニア州パサデナのコロラドブールバードトラベロッジでマットレスの下で女性の体が発見されました。モーテルのスタッフは、彼女の死から10日後に彼女を発見しましたが、ゲストは数日間部屋から悪臭がすることを訴えていました。

バージニア州では、1989年に男性が2人の殺人犠牲者の遺体をこのように処分しました。 1人目は27歳の女性で、その年の5月に国道1号線のモーテルの部屋の床の下で発見されました。2人目は29歳の女性で、6月にベッドの下に現れました。アレクサンドリアのエコノロッジ。

最初のケースでは、殺人者は最初に彼女の体をベッドの下に部分的に2日間隠し、その後カーペット敷きの床の下の這うスペースに置きました。彼は3、4週間後までその部屋から出なかったので、彼女の存在は彼を悩ませなかったようです。他のゲストが匂いについて不平を言った後、両方の女の子の体が最終的に発見されました。

1988年、ニューヨークのミネオラのモーテルで、箱のバネに体が現れました。オーシャンサイドモーテルで29歳の女性の遺骨が発見されました。繰り返しになりますが、体は数日後、他の常連客が匂いについて不平を言った後にのみ発見されました。他の少なくとも2人のゲストは、発見される前に無意識のうちに体と同棲し、少なくとも1人のゲストは匂いのためにその部屋に滞在することを拒否しました。

この伝説は、1995年のクエンティンタランティーノの映画「フォールームス」で使用されました。

続きを読む

* 2010年10月に最初に公開されました。

不気味な都市伝説を知っていますか?コメントで共有してください!


ハロウィーンの不気味な都市伝説の背後にある真実

ハロウィーンの恐ろしい話や恐ろしい話は、暗い田園地帯や放棄された畑に限定されていません。これらの素晴らしい都市伝説の背後には、不気味で恐ろしい話がいくつかあります。

ファンハウスホラー

都市伝説: カーニバルのファンハウスに男の体がぶら下がっていた

実話:

1976年12月、ユニバーサルスタジオのカメラクルーがカリフォルニア州ロングビーチのニューパイク遊園地に到着し、テレビのアクション番組「600万ドルの男」のエピソードを撮影しました。ファンハウスの一角でセットを準備する際、作業員が「ぶら下がっている男」を動かし、小道具の片方の腕を外しました。その中には人間の骨がありました。これは単なる小道具ではなく、本物の死んだ男でした!

IrishCentralのニュースレターにサインアップして、アイルランドのすべての最新情報を入手してください。

遺体は、1911年にオクラホマで46ドルの列車と2つのウイスキーの水差しを奪った若い男性のエルマーマカーディの遺体でした。彼は彼を追跡している所有者に、彼は生き返らないだろうと発表し、所有者は銃撃戦で彼を殺すことによって義務付けられました。

マッカーディの体は、防腐処理の直後に余興の魅力になりました。地元の葬儀屋は、彼がマッカーディを復元するのにそのような素晴らしい仕事をしたと思ったと主張されています、彼は町民にニッケル片のために彼を見させました。ニッケルは死体の開いた口に落とされ、後にアンダーテイカーによって集められました。

マッカーディの遺体を主張するために誰も現れなかったので、伝説によれば、防腐処理後の数年間、アンダーテイカーは彼を連れてニッケルを集めていました。カーニバルのプロモーターは硬いものを買いたがっていましたが、アンダーテイカーはそれらを断りました。 He didn't want to lose his steadiest source of income.

In 1915 two men showed up claiming that McCurdy was their long-lost brother. They took McCurdy away, supposedly to give him a decent burial in the family plot. In actuality, the long-lost McCurdy "brothers" were carnival promoters. It was a scam to get the body they had wanted for years. They exhibited McCurdy throughout Texas under the same title that the undertaker had given him: "The Bandit Who Wouldn't Give Up."

It seems that McCurdy's body popped up everywhere after that, in places such as an amusement park near Mount Rushmore, an open casket in a Los Angeles wax museum, and in a few low-budget films. Before the "Six Million Dollar Man" crew discovered this prop to be a corpse, McCurdy had been hanging in a Long Beach funhouse for four years.

In April 1977, the much-traveled Elmer McCurdy was finally laid rest in Summit View Cemetery in Guthrie, OK. To make sure the corpse would not make its way back to the entertainment world, the state medical examiner ordered two cubic yards of cement poured over the coffin before the grave was closed. McCurdy hasn't been seen hanging around amusement parks since.

Strange and spooky smells in a hotel room

Urban legend: A couple checks into a remote hotel and smells a strange, rotting odor coming from the bed. After complaining to the desk clerk, they discover that a dead body has been stashed in the box springs. Unfortunately, this tale has true roots.

The real story:

Most of these stories take place at a Las Vegas hotel, either in the city or in the desert at a remote location. They have been around since the early 1990s. There have been actual instances of situations similar to the legend. Beneath the bed makes a great, quick hiding place for a dead body that needs to be stashed out of the way.

In each case, it was the smell that brought attention to the body, leading to its discovery.

Some examples:

On June 10, 1999, the rapidly decomposing body of a 64-year-old man was discovered inside the bed in Room 112 at the Burgundy Motor Inn in Atlantic City, NJ. A German couple on vacation had spent the night sleeping over the man's remains and had put up with a rank smell all night. It was their complaint to the manager about the smell which led to the discovery of the corpse.

In July 1996 a woman's body was found under a mattress in the Colorado Boulevard Travelodge in Pasadena, CA. The motel's staff discovered her ten days after her dea th , although a guest had been complaining of a foul odor coming from the room for several days .

In Virginia, in 1989 a man disposed of the remains of his two murder victims this way. The first was a 27-year-old woman, who was discovered in May of that year under the floor of a motel room on Route 1. The second was a 29-year-old woman, who turned up in June under a bed in the Econo Lodge in Alexandria.

In the first case, the killer first kept her body partially hidden under his bed for two days, then subsequently placed it in the crawl space under the carpeted floor. Her presence seemingly didn't bother him, because he didn't move out of that room until three or four weeks later. Bo th girls' bodies were eventually found after other guests complained about the smell.

In 1988 in a Minneola , NY motel, a body turned up in a box spring. The remains of a 29-year-old woman were found at the Oceanside Motel. Again, the body was discovered days later and only after other patrons complained about the smell. At least two other guests unknowingly cohabited wi th the body before it was found, and at least one guest refused to stay in that room because of the smell.

This legend was used in the 1995 Quentin Tarantino film "Four Rooms."

続きを読む

* Originally published in October 2010.

Do you know any spooky urban legends? Share them in the comments!


The truths behind some spooky urban legends for Halloween

The scary stories and terrifying tales of Halloween are not confined to the dark countryside and the abandoned fields. There are some spooky and frightening stories behind these fantastic urban legends.

The funhouse horror

Urban legend: A man's body was hanging in the funhouse at a carnival

The real story:

In December of 1976, a Universal Studios camera crew arrived at the Nu-Pike Amusement Park in Long Beach, CA to film an episode of the television action show "The Six Million Dollar Man." When preparing the set in a corner of the funhouse , a worker moved the " hanging man," causing one of the prop's arms to come off. Inside it was human bone. This was no mere prop this was a genuine dead man!

Sign up to IrishCentral's newsletter to stay up-to-date with everything Irish!

The body was that of Elmer McCurdy , a young man who in Oklahoma in 1911 had robbed a train of $46 and two jugs of whiskey. He announced to the posse in pursuit of him that he would not be taken alive and the posse obliged by killing him in a shoot-out.

McCurdy's body became a sideshow attraction right after his embalming. It is claimed that the local undertaker thought he had done such a wonderful job at restoring McCurdy , he let the townsfolk see him for a nickel a piece. The nickels were dropped into the corpse's open mou th , later collected by the undertaker.

No one ever showed up to claim McCurdy's body so, legend has it that undertaker kept him around to collect nickels for a few years after the embalming. Carnival promoters wanted to buy the stiff, but the undertaker turned them down. He didn't want to lose his steadiest source of income.

In 1915 two men showed up claiming that McCurdy was their long-lost brother. They took McCurdy away, supposedly to give him a decent burial in the family plot. In actuality, the long-lost McCurdy "brothers" were carnival promoters. It was a scam to get the body they had wanted for years. They exhibited McCurdy throughout Texas under the same title that the undertaker had given him: "The Bandit Who Wouldn't Give Up."

It seems that McCurdy's body popped up everywhere after that, in places such as an amusement park near Mount Rushmore, an open casket in a Los Angeles wax museum, and in a few low-budget films. Before the "Six Million Dollar Man" crew discovered this prop to be a corpse, McCurdy had been hanging in a Long Beach funhouse for four years.

In April 1977, the much-traveled Elmer McCurdy was finally laid rest in Summit View Cemetery in Guthrie, OK. To make sure the corpse would not make its way back to the entertainment world, the state medical examiner ordered two cubic yards of cement poured over the coffin before the grave was closed. McCurdy hasn't been seen hanging around amusement parks since.

Strange and spooky smells in a hotel room

Urban legend: A couple checks into a remote hotel and smells a strange, rotting odor coming from the bed. After complaining to the desk clerk, they discover that a dead body has been stashed in the box springs. Unfortunately, this tale has true roots.

The real story:

Most of these stories take place at a Las Vegas hotel, either in the city or in the desert at a remote location. They have been around since the early 1990s. There have been actual instances of situations similar to the legend. Beneath the bed makes a great, quick hiding place for a dead body that needs to be stashed out of the way.

In each case, it was the smell that brought attention to the body, leading to its discovery.

Some examples:

On June 10, 1999, the rapidly decomposing body of a 64-year-old man was discovered inside the bed in Room 112 at the Burgundy Motor Inn in Atlantic City, NJ. A German couple on vacation had spent the night sleeping over the man's remains and had put up with a rank smell all night. It was their complaint to the manager about the smell which led to the discovery of the corpse.

In July 1996 a woman's body was found under a mattress in the Colorado Boulevard Travelodge in Pasadena, CA. The motel's staff discovered her ten days after her dea th , although a guest had been complaining of a foul odor coming from the room for several days .

In Virginia, in 1989 a man disposed of the remains of his two murder victims this way. The first was a 27-year-old woman, who was discovered in May of that year under the floor of a motel room on Route 1. The second was a 29-year-old woman, who turned up in June under a bed in the Econo Lodge in Alexandria.

In the first case, the killer first kept her body partially hidden under his bed for two days, then subsequently placed it in the crawl space under the carpeted floor. Her presence seemingly didn't bother him, because he didn't move out of that room until three or four weeks later. Bo th girls' bodies were eventually found after other guests complained about the smell.

In 1988 in a Minneola , NY motel, a body turned up in a box spring. The remains of a 29-year-old woman were found at the Oceanside Motel. Again, the body was discovered days later and only after other patrons complained about the smell. At least two other guests unknowingly cohabited wi th the body before it was found, and at least one guest refused to stay in that room because of the smell.

This legend was used in the 1995 Quentin Tarantino film "Four Rooms."

続きを読む

* Originally published in October 2010.

Do you know any spooky urban legends? Share them in the comments!


The truths behind some spooky urban legends for Halloween

The scary stories and terrifying tales of Halloween are not confined to the dark countryside and the abandoned fields. There are some spooky and frightening stories behind these fantastic urban legends.

The funhouse horror

Urban legend: A man's body was hanging in the funhouse at a carnival

The real story:

In December of 1976, a Universal Studios camera crew arrived at the Nu-Pike Amusement Park in Long Beach, CA to film an episode of the television action show "The Six Million Dollar Man." When preparing the set in a corner of the funhouse , a worker moved the " hanging man," causing one of the prop's arms to come off. Inside it was human bone. This was no mere prop this was a genuine dead man!

Sign up to IrishCentral's newsletter to stay up-to-date with everything Irish!

The body was that of Elmer McCurdy , a young man who in Oklahoma in 1911 had robbed a train of $46 and two jugs of whiskey. He announced to the posse in pursuit of him that he would not be taken alive and the posse obliged by killing him in a shoot-out.

McCurdy's body became a sideshow attraction right after his embalming. It is claimed that the local undertaker thought he had done such a wonderful job at restoring McCurdy , he let the townsfolk see him for a nickel a piece. The nickels were dropped into the corpse's open mou th , later collected by the undertaker.

No one ever showed up to claim McCurdy's body so, legend has it that undertaker kept him around to collect nickels for a few years after the embalming. Carnival promoters wanted to buy the stiff, but the undertaker turned them down. He didn't want to lose his steadiest source of income.

In 1915 two men showed up claiming that McCurdy was their long-lost brother. They took McCurdy away, supposedly to give him a decent burial in the family plot. In actuality, the long-lost McCurdy "brothers" were carnival promoters. It was a scam to get the body they had wanted for years. They exhibited McCurdy throughout Texas under the same title that the undertaker had given him: "The Bandit Who Wouldn't Give Up."

It seems that McCurdy's body popped up everywhere after that, in places such as an amusement park near Mount Rushmore, an open casket in a Los Angeles wax museum, and in a few low-budget films. Before the "Six Million Dollar Man" crew discovered this prop to be a corpse, McCurdy had been hanging in a Long Beach funhouse for four years.

In April 1977, the much-traveled Elmer McCurdy was finally laid rest in Summit View Cemetery in Guthrie, OK. To make sure the corpse would not make its way back to the entertainment world, the state medical examiner ordered two cubic yards of cement poured over the coffin before the grave was closed. McCurdy hasn't been seen hanging around amusement parks since.

Strange and spooky smells in a hotel room

Urban legend: A couple checks into a remote hotel and smells a strange, rotting odor coming from the bed. After complaining to the desk clerk, they discover that a dead body has been stashed in the box springs. Unfortunately, this tale has true roots.

The real story:

Most of these stories take place at a Las Vegas hotel, either in the city or in the desert at a remote location. They have been around since the early 1990s. There have been actual instances of situations similar to the legend. Beneath the bed makes a great, quick hiding place for a dead body that needs to be stashed out of the way.

In each case, it was the smell that brought attention to the body, leading to its discovery.

Some examples:

On June 10, 1999, the rapidly decomposing body of a 64-year-old man was discovered inside the bed in Room 112 at the Burgundy Motor Inn in Atlantic City, NJ. A German couple on vacation had spent the night sleeping over the man's remains and had put up with a rank smell all night. It was their complaint to the manager about the smell which led to the discovery of the corpse.

In July 1996 a woman's body was found under a mattress in the Colorado Boulevard Travelodge in Pasadena, CA. The motel's staff discovered her ten days after her dea th , although a guest had been complaining of a foul odor coming from the room for several days .

In Virginia, in 1989 a man disposed of the remains of his two murder victims this way. The first was a 27-year-old woman, who was discovered in May of that year under the floor of a motel room on Route 1. The second was a 29-year-old woman, who turned up in June under a bed in the Econo Lodge in Alexandria.

In the first case, the killer first kept her body partially hidden under his bed for two days, then subsequently placed it in the crawl space under the carpeted floor. Her presence seemingly didn't bother him, because he didn't move out of that room until three or four weeks later. Bo th girls' bodies were eventually found after other guests complained about the smell.

In 1988 in a Minneola , NY motel, a body turned up in a box spring. The remains of a 29-year-old woman were found at the Oceanside Motel. Again, the body was discovered days later and only after other patrons complained about the smell. At least two other guests unknowingly cohabited wi th the body before it was found, and at least one guest refused to stay in that room because of the smell.

This legend was used in the 1995 Quentin Tarantino film "Four Rooms."

続きを読む

* Originally published in October 2010.

Do you know any spooky urban legends? Share them in the comments!


The truths behind some spooky urban legends for Halloween

The scary stories and terrifying tales of Halloween are not confined to the dark countryside and the abandoned fields. There are some spooky and frightening stories behind these fantastic urban legends.

The funhouse horror

Urban legend: A man's body was hanging in the funhouse at a carnival

The real story:

In December of 1976, a Universal Studios camera crew arrived at the Nu-Pike Amusement Park in Long Beach, CA to film an episode of the television action show "The Six Million Dollar Man." When preparing the set in a corner of the funhouse , a worker moved the " hanging man," causing one of the prop's arms to come off. Inside it was human bone. This was no mere prop this was a genuine dead man!

Sign up to IrishCentral's newsletter to stay up-to-date with everything Irish!

The body was that of Elmer McCurdy , a young man who in Oklahoma in 1911 had robbed a train of $46 and two jugs of whiskey. He announced to the posse in pursuit of him that he would not be taken alive and the posse obliged by killing him in a shoot-out.

McCurdy's body became a sideshow attraction right after his embalming. It is claimed that the local undertaker thought he had done such a wonderful job at restoring McCurdy , he let the townsfolk see him for a nickel a piece. The nickels were dropped into the corpse's open mou th , later collected by the undertaker.

No one ever showed up to claim McCurdy's body so, legend has it that undertaker kept him around to collect nickels for a few years after the embalming. Carnival promoters wanted to buy the stiff, but the undertaker turned them down. He didn't want to lose his steadiest source of income.

In 1915 two men showed up claiming that McCurdy was their long-lost brother. They took McCurdy away, supposedly to give him a decent burial in the family plot. In actuality, the long-lost McCurdy "brothers" were carnival promoters. It was a scam to get the body they had wanted for years. They exhibited McCurdy throughout Texas under the same title that the undertaker had given him: "The Bandit Who Wouldn't Give Up."

It seems that McCurdy's body popped up everywhere after that, in places such as an amusement park near Mount Rushmore, an open casket in a Los Angeles wax museum, and in a few low-budget films. Before the "Six Million Dollar Man" crew discovered this prop to be a corpse, McCurdy had been hanging in a Long Beach funhouse for four years.

In April 1977, the much-traveled Elmer McCurdy was finally laid rest in Summit View Cemetery in Guthrie, OK. To make sure the corpse would not make its way back to the entertainment world, the state medical examiner ordered two cubic yards of cement poured over the coffin before the grave was closed. McCurdy hasn't been seen hanging around amusement parks since.

Strange and spooky smells in a hotel room

Urban legend: A couple checks into a remote hotel and smells a strange, rotting odor coming from the bed. After complaining to the desk clerk, they discover that a dead body has been stashed in the box springs. Unfortunately, this tale has true roots.

The real story:

Most of these stories take place at a Las Vegas hotel, either in the city or in the desert at a remote location. They have been around since the early 1990s. There have been actual instances of situations similar to the legend. Beneath the bed makes a great, quick hiding place for a dead body that needs to be stashed out of the way.

In each case, it was the smell that brought attention to the body, leading to its discovery.

Some examples:

On June 10, 1999, the rapidly decomposing body of a 64-year-old man was discovered inside the bed in Room 112 at the Burgundy Motor Inn in Atlantic City, NJ. A German couple on vacation had spent the night sleeping over the man's remains and had put up with a rank smell all night. It was their complaint to the manager about the smell which led to the discovery of the corpse.

In July 1996 a woman's body was found under a mattress in the Colorado Boulevard Travelodge in Pasadena, CA. The motel's staff discovered her ten days after her dea th , although a guest had been complaining of a foul odor coming from the room for several days .

In Virginia, in 1989 a man disposed of the remains of his two murder victims this way. The first was a 27-year-old woman, who was discovered in May of that year under the floor of a motel room on Route 1. The second was a 29-year-old woman, who turned up in June under a bed in the Econo Lodge in Alexandria.

In the first case, the killer first kept her body partially hidden under his bed for two days, then subsequently placed it in the crawl space under the carpeted floor. Her presence seemingly didn't bother him, because he didn't move out of that room until three or four weeks later. Bo th girls' bodies were eventually found after other guests complained about the smell.

In 1988 in a Minneola , NY motel, a body turned up in a box spring. The remains of a 29-year-old woman were found at the Oceanside Motel. Again, the body was discovered days later and only after other patrons complained about the smell. At least two other guests unknowingly cohabited wi th the body before it was found, and at least one guest refused to stay in that room because of the smell.

This legend was used in the 1995 Quentin Tarantino film "Four Rooms."

続きを読む

* Originally published in October 2010.

Do you know any spooky urban legends? Share them in the comments!


The truths behind some spooky urban legends for Halloween

The scary stories and terrifying tales of Halloween are not confined to the dark countryside and the abandoned fields. There are some spooky and frightening stories behind these fantastic urban legends.

The funhouse horror

Urban legend: A man's body was hanging in the funhouse at a carnival

The real story:

In December of 1976, a Universal Studios camera crew arrived at the Nu-Pike Amusement Park in Long Beach, CA to film an episode of the television action show "The Six Million Dollar Man." When preparing the set in a corner of the funhouse , a worker moved the " hanging man," causing one of the prop's arms to come off. Inside it was human bone. This was no mere prop this was a genuine dead man!

Sign up to IrishCentral's newsletter to stay up-to-date with everything Irish!

The body was that of Elmer McCurdy , a young man who in Oklahoma in 1911 had robbed a train of $46 and two jugs of whiskey. He announced to the posse in pursuit of him that he would not be taken alive and the posse obliged by killing him in a shoot-out.

McCurdy's body became a sideshow attraction right after his embalming. It is claimed that the local undertaker thought he had done such a wonderful job at restoring McCurdy , he let the townsfolk see him for a nickel a piece. The nickels were dropped into the corpse's open mou th , later collected by the undertaker.

No one ever showed up to claim McCurdy's body so, legend has it that undertaker kept him around to collect nickels for a few years after the embalming. Carnival promoters wanted to buy the stiff, but the undertaker turned them down. He didn't want to lose his steadiest source of income.

In 1915 two men showed up claiming that McCurdy was their long-lost brother. They took McCurdy away, supposedly to give him a decent burial in the family plot. In actuality, the long-lost McCurdy "brothers" were carnival promoters. It was a scam to get the body they had wanted for years. They exhibited McCurdy throughout Texas under the same title that the undertaker had given him: "The Bandit Who Wouldn't Give Up."

It seems that McCurdy's body popped up everywhere after that, in places such as an amusement park near Mount Rushmore, an open casket in a Los Angeles wax museum, and in a few low-budget films. Before the "Six Million Dollar Man" crew discovered this prop to be a corpse, McCurdy had been hanging in a Long Beach funhouse for four years.

In April 1977, the much-traveled Elmer McCurdy was finally laid rest in Summit View Cemetery in Guthrie, OK. To make sure the corpse would not make its way back to the entertainment world, the state medical examiner ordered two cubic yards of cement poured over the coffin before the grave was closed. McCurdy hasn't been seen hanging around amusement parks since.

Strange and spooky smells in a hotel room

Urban legend: A couple checks into a remote hotel and smells a strange, rotting odor coming from the bed. After complaining to the desk clerk, they discover that a dead body has been stashed in the box springs. Unfortunately, this tale has true roots.

The real story:

Most of these stories take place at a Las Vegas hotel, either in the city or in the desert at a remote location. They have been around since the early 1990s. There have been actual instances of situations similar to the legend. Beneath the bed makes a great, quick hiding place for a dead body that needs to be stashed out of the way.

In each case, it was the smell that brought attention to the body, leading to its discovery.

Some examples:

On June 10, 1999, the rapidly decomposing body of a 64-year-old man was discovered inside the bed in Room 112 at the Burgundy Motor Inn in Atlantic City, NJ. A German couple on vacation had spent the night sleeping over the man's remains and had put up with a rank smell all night. It was their complaint to the manager about the smell which led to the discovery of the corpse.

In July 1996 a woman's body was found under a mattress in the Colorado Boulevard Travelodge in Pasadena, CA. The motel's staff discovered her ten days after her dea th , although a guest had been complaining of a foul odor coming from the room for several days .

In Virginia, in 1989 a man disposed of the remains of his two murder victims this way. The first was a 27-year-old woman, who was discovered in May of that year under the floor of a motel room on Route 1. The second was a 29-year-old woman, who turned up in June under a bed in the Econo Lodge in Alexandria.

In the first case, the killer first kept her body partially hidden under his bed for two days, then subsequently placed it in the crawl space under the carpeted floor. Her presence seemingly didn't bother him, because he didn't move out of that room until three or four weeks later. Bo th girls' bodies were eventually found after other guests complained about the smell.

In 1988 in a Minneola , NY motel, a body turned up in a box spring. The remains of a 29-year-old woman were found at the Oceanside Motel. Again, the body was discovered days later and only after other patrons complained about the smell. At least two other guests unknowingly cohabited wi th the body before it was found, and at least one guest refused to stay in that room because of the smell.

This legend was used in the 1995 Quentin Tarantino film "Four Rooms."

続きを読む

* Originally published in October 2010.

Do you know any spooky urban legends? Share them in the comments!


ビデオを見る: Disney Halloween Tokyo Disneyland Spooky Boo! Parade 2019超完全編集版 4KスプーキーBOOパレード 2019 ハロウィン (七月 2022).


コメント:

  1. Dariell

    どうもありがとう!私は長い間良質でそれを探していました。

  2. Ojo

    また、紛争でのみ真実を達成できるため、この問題についても可能です。 :)

  3. Harkahome

    なんて感動的なフレーズ:)

  4. Millen

    同意します、この素晴らしいアイデアはちょうどあります

  5. Dogal

    その中で何かがあります。この質問の助けをありがとう、簡単に、より良い...

  6. Ted

    I congratulate, the excellent thought

  7. Akello

    素晴らしく、非常に貴重な作品



メッセージを書く